父親に褒められたいというエホバの証人2世の叶わない願い

人生の意味とは

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。幼稚園や保育園で幼少教育を受けることなく母親にものみの塔協会の伝道活動に連れ回される日々を過ごした。小さな頃に体を動かしたり歌ったりという機会が少なかったために私は運動が全く出来ず音楽的な才能も皆無だった。

音痴でスポーツが全く出来ないということが私は嫌で仕方がなかった。思春期になればなおさらである。自分がエホバの証人2世であるということと同じくらい体育や音楽が出来ないこと、絵が尋常でなく下手なことが嫌だった

しかし熱心なエホバの証人だった両親はそんな私の悩みなど気にも留めなかった。スポーツがダメでリズム感が皆無でも良い、ものみの塔協会の活動さえしっかり行っていればハルマゲドンを通過し楽園で永遠の命を得ることが出来ると信じていたのである。心の底からただの一つも疑うことなくである。これが危険なカルト教団による洗脳の結果である。

この世の終末が近いのなら成さねばならないことはものみの塔協会の活動などではない。自分の心に沿って本当にやりたいことを行わなければならない。それが限りある命に意味を持たせる方法である。エホバの証人だらけの世界でだらだらと生き続けることに価値など全くないのである。私は14歳のときにこの考えに至りエホバの証人をやめた。

悲しいエホバの証人の親子関係

しかし小学生の頃の私はそんな考えには至っていなかった。エホバの証人2世であるが故に禁止されることが余りにも多いことや体育や音楽が出来ないことが嫌だっただけである。そんな少年時代の私がとあるエホバの証人の野外集会でホームランを打つことになる。

私が打ったホームランは運悪く昼食の準備をしていたエホバの証人たちのど真ん中に突き刺さった。信者の誰かが怪我をしてもおかしくない状況だった。そのため会衆の長老だった父親によって私はしこたま怒られることになった。この時の悲しさと違和感を私は未だ忘れることが出来ない。

私は大好きな父親に認めて欲しかっただけである。スポーツが苦手だった私がこんな大きなホームランを打てるようになったのである。ただそれを褒めて欲しかったのだ。しかしそういう普通の親子関係を望むことはエホバの証人の家庭にとって無理なことだった。熱心なエホバの証人だった両親は私の本当の願いに耳を傾けることなどなかった。私の思いよりも上にものみの塔協会の教義が置かれていたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。