洗脳が解ける瞬間

洗脳が解けない原因

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意思でエホバの証人をやめたのだがこの段階でものみの塔協会による私の洗脳は解けていなかった。20歳を過ぎても私の洗脳は解けずいつか来るハルマゲドンで滅ぼされるという覚悟をしていた。この頃の私はいかにエホバの証人的生き方をしないかということを第一にして生きていた。不特定多数の異性と交際し、ギャンブルに明け暮れ喫煙を始めていた。過度の飲酒で内蔵ごと吐き出しそうになったこともある。

しかしその自分の行動にはいつも罪悪感がつきまとっていた。私は出来るだけ非ものみの塔的な行動をしようとしていたので故意に罪を犯していたことになる。罪と言ってもものみの塔協会の決めた教義に背いているだけなのだが、未だマインドコントロール状態にあった私には常に罪の意識があったのだった。エホバという天にいる神に監視されていて、来たる裁きの日での処分材料を揃えられている気がしていた。まさにこの瞬間にも天から裁きの業火が自分の体に降り注ぎ、この身を燃やし尽くされる恐怖に襲われていた。罪の意識とハルマゲドンへの恐怖、これが洗脳の解けない原因だった。





二面性のあるエホバの証人とものみの塔協会

この私の洗脳が解けたのはものみの塔協会が自身にとって都合の悪い全てのことを隠していると知ったときである。これはオレと一緒じゃないか、そう思ったのである。かつてエホバの証人2世として厳格に育てられていた頃のことである。親に隠れて数々の罪を重ねていた。ものみの塔協会的に禁止されていることを親に隠れてする度に嘘を重ねていた。王国会館や両親の前での振る舞いと学校や”この世”の友人の間で見せる自分に違いがあった。私には裏表のある二面性があったのである。

この二面性はものみの塔協会にもそのまま当てはまると私は気付いた。ものみの塔協会は都合の悪いことを隠すために嘘をつき続けている。そもそも神エホバの存在そのものが嘘だったのである。インターネットでものみの塔協会のちょっとした不義を知ったときに私の中で全てがつながった。洗脳の糸が一気に解けた瞬間である。

ものみの塔協会の二面性は皮肉にも信者であるエホバの証人にそのまま受け継がれている。さらに皮肉なことにその二面性をものみの塔協会は外部だけでなく組織内のエホバの証人に対してことさらに示されているのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。