青春の殉教者たちへ

中卒カルトの履歴書

神戸高専剣道実技拒否事件では5人のエホバの証人2世が留年した。そのうちの3人は翌年に信仰に”つまずき”剣道授業を受講するに至る。あとの2名は翌々年も懲りずに剣道実技の授業を拒否し1名は自主退学、もう1名は再度留年となった。2年続けて同じ学年にダブった場合は学校から退学に出来るという決まりがあり、この最後の1名は退学処分となる。

自主退学だろうが退学処分だろうがどちらにせよ悲惨である。高校1年生すら修了していない中卒ということである。ものみの塔という偶像に対する信仰のためにそこまで突っ走ってしまったことを彼らは大人になってどう思うだろうか。他の高校に入り直したとしても楽しい学校生活は待っていない。

危険なカルトのせいで前の学校を退学になった奴だという視線を周囲から浴びるのである。その後の人生で履歴書を書くときに思い出すのは剣道実技を拒否したというエホバの証人としては華麗な過去である。ただその過去はエホバの証人をやめたあとでは何の栄光でもなく馬鹿馬鹿しい後悔でしかない。

剣道の授業を受けるだけで短大卒の資格まで得られたのだ。学歴は就職や収入に大きく影響が出る。こういう話をするとエホバの証人は学歴や収入などは気にも留めないという反論がある。立派で自分自身の芯がある意見だ。結構なことである。しかしエホバの証人をやめたあとに本当に困ることになるのは若々しい時代を不毛な奉仕活動で消耗した2世たちなのである。洗脳が解けたあとで自分に残っているのは中卒とカルトの肩書きだけなのである。最低だ。





最強型のエホバの証人2世ロボット

神戸高専剣道実技拒否事件の最後の1名は勇敢にも裁判で最高裁までを戦うことになる。そして彼はカルト界だけでなく法曹界にもその名を残すことになった。カルト集団に対しても信教の自由を認めるという異例の判決はその後のエホバの証人2世たちのさらなる洗脳の手助けとなっている。

この勇者は最高裁での勝訴のあと学校にも復学している。面の皮がどこまでも厚いようで既に21歳だったのだが16歳のクラスの中に自ら入っていったのである。権利ばかりを主張するエホバの証人の典型である。周囲の迷惑など一切お構いなしでものみの塔という偶像への信仰が第一なのである。彼は劇的に洗脳が濃い模範的な”エホバの証人2だったのか、20歳を超えても未だに周囲の完全なる言いなりになっているエホバの証人2世ロボットの最強型だったのだ。

しかし彼にも人生をやり直す機会はある。5歳も年下のクラスに出席する屈辱たるやいかなるものだっただろうか。その恥を思えば今からでも何でも成し遂げられるはずだ。現在の私の生きる糧の一部になっているのもこれである。エホバの証人2世だった頃の不遇を思えば、ちょっとしたことなど何てことない。そしてある程度のエネルギーがあればいつでも人生はやり直せる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。