ただただ物事をやり過ごしていくエホバの証人2世

異性との交際が許されないエホバの証人2

私が小学校6年生のときの初恋の話である。その初恋相手の家へ私の母親がものみの塔協会の伝道のために通っていた。双方の親達で週に1度、お茶を飲むついでに聖書研究が行われている状態である。

これでは子供どうしの情報が親に筒抜けになってしまう。事実、その形跡が感じられることがあった。翌日がその女の子の誕生日だか何かで、親に隠れてプレゼントを用意したことがあった。ちょっとしたメッセージを書きたいと思って、王国会館の集会から帰ってきた夜に自分の部屋にこもったのだが、そこへすかさず母親が入ってくる。そして執拗に何をしているのか?と聞いてくるのだ。

プレゼントやメッセージカードはしかるべき場所に隠していたのだが、あまりにも不自然な状態だった。小学生の頃の私にはそんな夜更けに勉強する習慣もなく、言い逃れが難しい状態だった。明らかに先読みされている気がしたのである。

しかし女の子への何らかのプレゼントであると認めると、来年から中学生という良い歳をして、おそらくこらしめの対象となる。異性との交際はもちろん、誕生日やクリスマス、バレンタインといったイベントごとのプレゼントの交換など、何もかもをエホバの証人2世は禁止されているのだ。

私の家は父親が夜勤だったので、父親の帰宅後の翌朝にひどい目にあうことになる。到底親に発覚する訳にいかないので、ここは強く否定するしかなかった。否定というか何でもないから放っておいてくれという反抗期風の抵抗しか出来なかったのだが。





エホバの証人2世の一過性

結局、中学校を卒業するまでその女の子とは微妙な関係が続いた。中学校を卒業する時には私はエホバの証人をやめたいという願望を遂に実現させていたので、堂々と彼女と付き合うことも出来た。ただもう私の心が彼女から離れてしまっていた。お互いに違う高校へ進学することになっていたので、どうせ付き合うなら新しい環境でエホバの証人2世だった過去を知られていない人の方が良いという思いもあったような気がする。

常に私の人生にあるのはこの一過性である。ただただその場を通過していくということなのだ。いつまでもここにはいないという考えが、私のいる場所や周囲の人々に対しての丁重さ、丁寧さ、思いやりを損なわせてきた

その場にいながら、彼らはこれから通過していくものであり、一旦離れればもう触れることはないという杜撰な対応をしてしまうのである。エホバの証人の2世だった時からそうだった。いつかはエホバの証人をやめるのだからと、会衆の人々に対して乱雑な対応をしていた。恥のかき捨てという思いである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。