エホバの証人二世の子供の体罰からの卒業

エホバの証人二世の初恋

私の両親は異常に熱心なエホバの証人だった。私も当然のように生まれながらのエホバの証人二世信者として育てられた。

エホバの証人はものみの塔協会の厳格な戒律に従って生活する。親がエホバの証人だった場合は、子供に対してもこの厳格な戒律が適用される。このため、私は非常に制限の多い子ども時代を送ることになる。

禁止事項の多いエホバの証人2世の学校生活は苦難の連続~エホバの証人のできないことまとめ

ものみの塔協会の戒律を破ったときに待っているのは懲らしめと呼ばれる体罰である。親にお尻を素手もしくはベルトなどで何度も叩かれる。叩かれる回数は裁判官さながらに親が宣告する。

小学校6年生のときにクラスに好きな女の子が出来たのだが、これはどうしようもなかった。エホバの証人2世である限り、異性との交際など小学生や中学生には認められない。

幼い頃から何にも与えられなかった反動なのか、私の独占欲は異常に強かった。とにかくその好きな女の子を誰にもとられたくないという強い思いに駆られた。

エホバの証人である限り、デートをしたり付き合ったりなど出来る訳もない。それでも私はその女の子に告白したのだった。これが親にばれようものなら、とんでもない目にあいかねない。

エホバの証人二世の子どもの体罰が終わるとき

よく覚えていないのだが、小学校6年にもなると懲らしめという体罰は既に無かったのかも知れない。

お尻を叩かれても我慢して泣かないのだ。反抗的な目で痛みを耐える。これが出来ればエホバの証人の体罰は終了。自称愛のムチを振るおうとする母親よりも力が強いのだ。体罰を甘んじて受ける必要もない。

とはいえ、中学生になるかならないかぐらいの年齢の私には、親から独立して生きて行く程の覚悟が無かった。1990年代のこの頃、エホバの証人信者の子供でも高校ぐらいは誰もが卒業していた。そのくらいまでは親元にとどまらざるを得ないと私も思っていたのだった。

そんな親元にいては、この初恋は成就するはずもない。相手の女の子も満更でもなく、告白の結果、私も好きという結果に。しかし、私がエホバの証人だったため、子供らしい楽しい交際など出来るはずも無かった。

私の母は、この子供の初恋を利用して、相手の親をエホバの証人に勧誘するという極悪ぶりをみせる。相手の親にしてみれば娘の初恋の相手の親、相手をせざるを得ない。

これは思春期の子供にとって最悪の事態。自分の親が、よりによって初恋相手の親をカルトに引きずり込もうとしている。エホバの証人とは子どもの初恋までも布教活動に利用する極悪集団なのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください