子供をダシにして信者を獲得しているエホバの証人

エホバの証人の子供の特徴

エホバの証人2世の子供たちは新たな信者獲得のための広告塔にも用いられている。小さな子供のいる未信者の家に同年代のエホバの証人の子供を連れて行くと、子供たちの差は歴然である。

普通の子供は1時間も2時間もおとなしくは座っていられない。その活発さが子供の長所でもあるし、そうやって新しいものを求めて吸収して子供は成長していくのだ。しかし、その突拍子もない子供の行動が親を困らせることがある。これがエホバの証人の子供になると、何処に連れて行かれてもおとなしくずっと座って大人の話を聴いていられるのだ。





小さな子供を持つ親へのエホバの証人の勧誘方法

これを見た未信者の親は何と素晴らしい教育の出来る宗教なのだろうとエホバの証人に感銘を受けてしまうのである。子供の教育という一生の問題に直面している親にとって、ここは弱みとも言える部分である。そのまま洗脳状態一直線である。

むしろ大人しく座っていることが出来ない子供の方が至って普通なのだが、小さな子供を持つ親はそんな冷静さを持ち合わせていない。エホバの証人の子供と自分の子供を比べて、劣っている、うるさくて恥ずかしい、そう思ってしまえば奈落の底へ一直線だ。

エホバの証人の親たちは自分の子供がおとなしくしているのを誇ろうともせず、当然かのように振る舞うことにも慣れている。何処へ行ってもお利口な子だねと褒められるからだ。それに慣れつつも信者たちは心中、落ち着きのないこの世の子供を見て優越感に浸っているのである。それと同時に相手の親をエホバの証人に勧誘するチャンスでもあると虎視眈々と照準を定めているのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。