ものみの塔協会が仕掛ける時限爆弾

エホバの証人2世と親との難しい関係

信者の親やものみの塔教会の束縛から逃れ、エホバの証人的に足を踏み外す正常な感覚の2世も多く存在する。エホバの証人組織を離れた2世が、信者の親と友好な関係を保ち続けることは非常に難しい。

信者の親にしてみれば、自らが完璧に育てたエホバの証人の2世ロボットという作品が決定的に損なわれるという不甲斐なさを味わうことになる。2世の子供側にしてみれば、2度と束縛されることなく今の自由を満喫したい気持ちでいっぱいである。積年の野望がようやく叶えられるときが来たのである。





親子や家族をバラバラにする宗教

両者の和解が簡単になされる訳が無い。片方はマインドコントロール状態にあり、もう一方はその思考停止状態を忌み嫌う立場にあるのである。エホバの証人の2世たちはこの組織を去るにあたって、相当な決意をしている。長い時間をかけて考え抜いた結論である。引き裂かれるような思いで、愛する親と道を違えるという決断をしているのだ。

2世がこの決断に至ると友好な親子関係の継続は難しい。ものごとを自分で考え、ものみの塔協会の洗脳状態に疑いの目を向ける年頃になると、エホバの証人2世は覚醒する。王国会館に連行されている小さな頃に、既に彼らの家族が崩壊することが予見されてしまうのである。

この宗教は親子の関係を決定的に引き裂き破壊する猛毒を秘めているのだ。ものみの塔教会は家族を崩壊させる時限爆弾をそこら中にばら撒き続けている

 

親を捨ててでも自分の人生を切り開くべき

自分のしたいことを自分で選ぶという人権をようやく大人になって確保できたのである。親との関係性を自らの人間性よりも重視することはないだろう。

エホバの証人組織に留まる親、知人、友人そういったものを全て無くしてでも、自分でものごとを選ぶという権利だけは守り抜くべきである。あなたの人生はあなたのものなのである


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。