エホバの証人の2世にとっては1人遊びが日常

たった1人で無心に遊ぶのは子供ながらに自分を保つため

幼い頃の私は、時おり無心に遊ぶことで何とか子供なりに自分の精神状態を保っていた。ハメをはずすことは許されないが、エホバの証人として許される”ふさわしい”遊びを納得するまで無心に行う。そうして自分の子供としての欲求を発散していたのである。

友達といつまでも遊ぶということは出来ない。常に集会や伝道奉仕の時間に追われているからである。また”この世”の友達と遊べば、必ずエホバの証人として”ふさわしくない”遊びが混じってくる。ものみの塔協会の不可解な教義には禁止事項が尋常でなく多いのである。

幼いながらに私は他の家の普通の子供とは違うのだと実感していた。この世の友達と遊ぶには阻害要因がエホバの証人の2世には多過ぎた。そもそもエホバの証人信者の親が学校の友達と遊ぶことについていい顔をしないのである。こうしてたった1人で遊ぶことで、ようやく私は正気を保っていたのである。





エホバの証人の子供たちを縛る数々の教義

エホバの証人の子供は、ちょっとでも攻撃性や悪魔性のあるテレビゲームは禁止されている。結果、テトリスのような純粋なテレビゲームくらいしか出来ないのである。そもそも信者の親は子供にファミコンなど買い与えないし、パズルゲームでもステージの合間に敵を倒していくようなおまけ的なシーンがあるだけでいちゃもんを付けてくる。

エホバの証人は霊魂や幽霊の存在を否定しているので、当時流行っていたキョンシーの真似をして跳ねることも私には許されなかった。また、戦闘的なことの一切を否定しているので、モデルガンでの撃ち合いやおもちゃの刀を振り回すなんてことはもってのほかである。不思議だったのは聖書に出てくるヨシュアやソロモンのような英雄たちは武装し敵と戦っていた。それが現代人のエホバの証人信者には何故か許されないのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。