エホバの証人の野外集会の思い出

エホバの証人の野外集会とは

私はエホバの証人2世として尋常でなく制限のある子供時代を過ごした。半年に1回のエホバの証人の野外集会、たまにある奉仕活動のあとのレクリエーションが公式に遊ぶことが許される機会だった。

1980年代のエホバの証人は、信者だけでの遊興のことをリクリエーションだとかレクリエーションという呼び方をしていた。エホバの証人は起源がアメリカ合衆国にある新興宗教なので、端々に英単語が導入される。

学校や地域の行事とかはレクリエーションにはあたらず、使用方法としては不自然な感じ。エホバの証人は英語の出版物を意味不明に訳しているので、こんなことになる。

野外集会では、日曜日の集会がエホバの証人の王国会館という集会所ではなく、言葉のままに外で行われる。いつもは2時間延々とある集会がダイジェスト版となり、1時間弱、終われば外で食事+遊びとなる。

通常、日曜日のエホバの証人の集会は「公開講演」+「ものみの塔誌研究」。この公開講演が厄介で45分もの間、男性信者の単独講演がされる。暇で暇で仕方がない。この「公開講演」が野外集会だとなくなる。毎週野外集会だったら良かったのにと常々思ったものだ。

また、「ものみの塔誌研究」は討議形式で通常は節の朗読、質疑応答となる。しかし、野外集会では朗読部分が省かれ、質問⇒回答でどんどん進んでいく。これが終われば遊び+昼食。午後の布教活動にも出かけずそのまま遊べる。

野外集会は大きめの公園や河川敷などで行われるので、いつもと違いバケーション感もある。子供だった私ははしゃぎすぎて、親に怒られ後味の悪いものになったり、簡略版のものみの塔討議の間に遊びたくてたまらなくて怒られたりしたものだ。

エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ

エホバの証人二世の子どもの野外集会の思い出

“エホバの証人の野外集会の思い出” の続きを読む


エホバの証人の罪悪感と贖罪

エホバの証人の不毛で有害な布教活動

エホバの証人信者にとって、布教活動に費やす時間は信者の成績のようなもの。エホバの証人は、伝道者と呼ばれる布教活動をする資格を取得すると自分で布教に充てた時間を記録し、提出することが求められる。

この伝道者にはいとも簡単になることができる。私も小学生高学年の時には、この伝道者という資格をとらされた。そして、伝道者カードと呼ばれる紙に自分の布教活動時間を記載して報告していた。

布教活動にあてる時間だが、正規開拓者と呼ばれる末期の洗脳信者になると年間800~1000時間をこの布教活動に充ててている。そんな多数の時間を、採算の取れない自称ボランティア活動に充てている。

時給1,000円で計算しても、年間80万円~100万円、私の両親は、これにさらに20年という月日が乗算される。現金での寄付も毎月しているので、これだけでは収まらない。

何と非生産的なことだろうか。勝手に自己満足しているだけならまだしも、人の家庭を不幸に追い込み、他人の人生を棒に振らせるための宗教勧誘である。そんな不毛で有害な行為に多額の財産を捧げているのだ。

エホバの証人のバプテスマとは

“エホバの証人の罪悪感と贖罪” の続きを読む


エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ

エホバの証人の集会とは

エホバの証人には集会と呼ばれる集まりがある。王国会館と呼ばれるエホバの証人にとっての教会のような所に信者が集合し開かれる。

2021年現在では、コロナ禍で集会が中止されているという情報もあるのだが、神に是認を受けた集会でクラスターが発生するとは思えないのだが、何故に中止しているのだろうか?

迫害下でも集会を隠れて開き続けていたはずなのに、急に現実的な判断をしたのは、さすがのご都合主義のものみの塔協会である。

エホバの証人2世のいじめと二面性

エホバの証人の集会の日程・曜日は?

“エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ” の続きを読む


エホバの証人がマインドコントロールされる原因3つまとめ

エホバの証人のマインドコントロールとは

エホバの証人たちは、ものみの塔協会によって深く深く洗脳されている。ものみの塔協会によって洗脳される原因は以下の3つ。

  1. 恐怖
  2. 反復
  3. 情報統制

エホバの証人の恐怖心を募らせるハルマゲドンとは

1つめは恐怖心を煽ることによるマインドコントロール。ハルマゲドンという終わりの日が近づいているというのがものみの塔協会の主張。当初1914年にこの裁きの日が来ることになっていたのだが、この預言は目下延長中。まあハルマゲドンは来ないんだけどね。

ハルマゲドンではこの世の事物の体制が滅ぼされ、善良なるエホバの証人だけが生き残ることになっている。その後、地球は健全・清潔なパラダイスに改良され、エホバの証人はそこで永遠の命を享受できるというストーリー。

エホバの証人たちはこのハルマゲドンで死ぬことが怖くて、ものみの塔協会の言いなりになっている。自分の命惜しさに、自分の人生、命そのものを無駄遣いしているということ。

ものみの塔協会の出版物による反復洗脳

“エホバの証人がマインドコントロールされる原因3つまとめ” の続きを読む


脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空

エホバの証人をやめた夜

私は両親がエホバの証人という、いわゆる神権家族で育った。神権家族とはエホバの証人用語で、家族全員がエホバの証人という状態のこと。

女性、とくに母親がエホバの証人に引き込まれやすい傾向がある。夫婦の場合、妻⇒夫の順番でものみの塔協会の洗脳に陥落、子どもはその過程で強制的にエホバの証人扱いされ、神権家族構築となる。

私はエホバの証人の両親の元、一人息子でほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世だった。そんな私だったが、14歳のときにエホバの証人をやめると両親に宣言した。「もう集会にはいかない」と。

集会とはエホバの証人のミサのようなもの。王国会館というエホバの証人の教会に集まり、聖書を読んだり、賛美歌を歌ったり、信者たちの交流の場であったり。

とある夜の集会に家族で出かける直前。私は、「もうエホバの証人をやめる」と脱塔宣言をしたのだった。

このときの話はエホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

エホバの証人はいつでも安全にやめることができる

エホバの証人をやめた翌日。やめると宣言した翌日、ではなくやめた翌日だ。エホバの証人はやめるとさえ宣言すればやめられるのだ。ものみの塔協会は、危険なカルト集団に間違いないのだが、やめるときに命の危険にさらされたり、多額の金銭を要求されることはない。この点は安全な組織。

繰り返すと、エホバの証人は、やめると宣言さえすればやめられる。全世界の信者の人々に言おう。今すぐエホバの証人をやめるべきだ。そこにリスクはない。メリットしかない。

エホバの証人をやめることのメリット

  1. 人生の真実と意味は有限限りある命、時間の無駄遣いをやめられる
  2. ホンモノの家族、親族、友人との関係を築ける
  3. 経済的問題を抱えずに済む

この3点については別の機会に説明したい。

エホバの証人をやめた清々しい朝

“脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空” の続きを読む


エホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

脱塔宣言をするときの3つの注意点

私のエホバの証人の脱退宣言が成功したポイントは主に3つ。

  1. 事前にエホバの証人活動に身が入らないアピールをする
  2. 集会の前に言う
  3. その集会で両親に割り当てがある

私の過去の経験を振り返りながら、上記3つの注意点を解説。

エホバの証人2世の停滞

エホバの証人をやめたくて仕方がなかった14歳の秋。生まれながらにしてエホバの証人2世だった私は、親の期待を裏切り、両親を傷つけることが怖かった。そのため「エホバの証人をやめる」と両親に告げることがなかなかできなかった。その悶々とした日々が私の人生で一番辛い時期だった。

親を傷つけることを考え、それが出来ず、親に「エホバの証人をやめる」宣言をする瞬間を比喩的な夢にまで見た。

この夢の話は両親を裏切ることに心を痛めるエホバの証人2世

行くべき道は決まっているのに前進できない。この頃はとても苦しかった。エホバの証人の親たちは、果たして子どもたちにこんな思いをさせる必要があるのだろうか?

エホバの証人脱退宣言をした清々しい夜

“エホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)” の続きを読む


エホバの証人をやめるべき3つの理由

エホバの証人をやめるべき3つの理由

私は、熱心なエホバの証人だった両親のもと、ほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳になる頃にはエホバの証人をやめたいと私は考え始めていた。その理由は3つある。

  1. 人生の実りは、「今」この一瞬にあること
  2. ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと
  3. エホバの証人的生き方の格好悪さ

順に説明すると

1.人生の実りは、「今」この一瞬にあること

これは14歳の私が考えたこと。当時、私はサッカーに熱中していて、寝ても覚めてもサッカーをしていたかった。下らないエホバの証人の集会や伝道活動で時間を割かれるのが死ぬほど嫌だった。

今が楽しくなければ、今が輝いていなければ、生きている意味はない。やりたくないことをやらなければならないエホバの証人などまっぴらだった。

これは40才を超えた今でも同じ。若さゆえに人生が輝く訳でもなく(当然、光度は違うが)、楽しんでいるか否かで人生は華やぎ輝くのだ。嫌々にエホバの証人活動をしている「今」には全く意味がない

では、ものみの塔協会の言う果実、実りである楽園に入るまでが辛抱。その後は永遠に楽しみを享受できるという反論がある。それに対しての答えはこう。「今」は一瞬であり、絶対に返ってこない時間だからこそ意味があり、かけがえのないもの。「今」が永遠になったとしたら、ダラダラとした意味のない醜いものになる。

そもそも、永遠の命なんて得られないから。ものみの塔協会の嘘である。ハルマゲドンが来ないとか、パラダイスは虚偽というのは、証明しようがないのだけれど、それを妄信して、そんなものに一度限りの一生を捧げるギャンブルを打つのは愚かとしか言いようがない。

2.ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと

“エホバの証人をやめるべき3つの理由” の続きを読む


『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

 

エホバの証人2世の境遇を描いたコミックです。紙書籍版は中古しか販売されていませんでした。電子書籍版なら端末を覗かれない限り、読んでいるのを知られないので、現役信者の方にもおすすめ。

エホバの証人組織は組織外の本を読んではいけないと言っているが、それは自分たちの主張を守るための情報統制洗脳の手段です。自分から知ろうとしない限り真理はあなたの元にはやってきません。

この本は危険でもないし、本ブログのようにエホバの証人組織に対して攻撃的・真っ向から批判している訳ではありません。コミックなので読みやすく、絵柄もエホバの証人2世信者でも受け入れやすい優しいタッチです。

エホバの証人2世の気持ちを代弁する本

“『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』” の続きを読む


笑顔のないエホバの証人2世

笑うことの出来ないエホバの証人2世

私は生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学生の終わりにはエホバの証人をやめたいと思い始め、中学1年生のときにエホバの証人をやめることを決断する。1990年代前半のことである。この頃の私はサッカーに熱中していて、エホバの証人の活動に充てる時間を自分の好きなサッカーに充てるべきだと思い始めていた。

幼い頃からのエホバの証人の洗脳で私は本当にハルマゲドンという世界の終わりが来ると信じていた。ものみの塔協会によって禁じられているマスターベーションをやめることが出来なかった私はハルマゲドンでこの身を焼き尽くされることを覚悟していた。残り短い生であれば好きなサッカーを思いっきりやりたかった。

エホバの証人をやめるという決意をしてから実行に移すまで1年近く時間を要した。この時期が私の人生の中で一番辛い時期だった。この15年後、私は無茶苦茶な生活をしていて、借金だらけの上、飲酒運転で自動車免許取り消しになって仕事を失いかけた。頭に円形脱毛症が出来るほどのストレスだったのだが、それでもこのエホバの証人をやめるという決断を実行できずにいた14歳の頃に比べれば格段に楽しかった。何かちょっとでも面白いことがあれば、笑うことが出来た。14歳の私は一瞬たりとも笑うことが出来ない闇の中にいた

両親の限定的な愛情に縛られるエホバの証人2世

“笑顔のないエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人のやめかた(ものみの塔協会組織から離れる方法)

エホバの証人の幼い子供へのマインドコントロール

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。中学生にもなると私はエホバの証人2世であることが嫌で嫌で仕方が無かった。しかし両親は15年近くも熱心なエホバの証人で、両親の期待や両親そのものを裏切ることになるので私はエホバの証人を辞めると言い出すことはなかなか出来なかった。

そもそも私自身が深いものみの塔協会の洗脳状態にあった。物心つく前からエホバの証人として育てられたのが原因。ものみの塔協会は体罰を推奨しているので、エホバの証人は親は懲らしめと称して子どもに暴力を振るう。エホバの証人の子供は、ものみの塔の教義を体の痛みで覚えさせられる。

天にエホバというおっかないで短気な神様がいて、私が罪を犯して悔い改めないと間もなく来るハルマゲドンというこの世の終わりで焼き尽くされてしまう、そんな恐怖心に駆られていた。エホバの証人を辞めてしまうとあっけなく私の人生は幕を閉じてしまう。そう洗脳されていた。

馬鹿馬鹿しい話だと思うだろうがこれが真実。幼い頃からものみの塔協会の教義を叩き込まれていたので信じ切っていた。小さな子供に体罰付きの恐怖政治を敷いた結果。子供の教育というのがいかに大事か分かって頂けるだろうか。

つまらないエホバの証人の集会に週に3回も出席し、毎週末には恥を忍んで見知らぬ人の家の呼び鈴を鳴らす伝道奉仕活動をしなければならない。伝道中にクラスの同級生に会おうものなら恥ずかしさの極致の地獄。それを耐えることが出来たのは、私が深い洗脳状態にあったから。

ものみの塔協会の言うことは真実で、今を耐えればハルマゲドン後の将来は楽園に入って永遠の命を享受できる。そう信じていた。

エホバの証人を辞めるための思考方法

“エホバの証人のやめかた(ものみの塔協会組織から離れる方法)” の続きを読む