愛知県立大学へ苦情を申し入れた件②、苦情のメールを送付

エホバの証人の児童虐待擁護に関する苦情のメール

当事者の気持ちで考えると・・・

エホバの証人の自作自演アンケート(JWJ-QS)の件。

昨日の記事でJWJ-QSの内容が公益性を大きく損ねていると述べた。

このJWJ-QSに学術諮問委員会として名を連ねているのが、愛知県立大学の木幡洋子という名誉教授。

こういった不適切な報告書に自分の大学の名誉教授の名前が載るというのはいかなるものだろうか?当事者の気持ちになってみると、やるせない気持ちに。

在学生や卒業生の気持ちは?県立大学なので、愛知県民の気持ちは?

日本国民として、彼らの気持ちを代弁して、愛知県立大学宛に以下のメールを送ってみる。私自身は当初から怒髪天だけど。

愛知県立大学へ苦情のメール

Continue reading “愛知県立大学へ苦情を申し入れた件②、苦情のメールを送付”


愛知県立大学へ苦情を申し入れた件①、エホバの証人の自作自演アンケート(JWJ-QS)

JWJ-QSの問題点

スーザン・J・パーマー、いずこへ?

エホバの証人の自作自演アンケート(JWJ-QS)。4月末に「調査報告書(速報)」が出て以来、いまだ本報告書が出ない状況。この体たらくに、もはや誰も注目しておらず、今さらつついているのが私くらいという状況。

このJWJ-QSに関して動いていた件が決着したので、報告。

この調査報告書に学術諮問委員会として名を連ねているのが、次の5名。

  • アイリーン・バーカー (Eileen Barker, Ph.D)
    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス宗教社会学名誉教授
  • 木幡 洋子 (Yoko Kowata, Ph.D)
    愛知県立大学教育福祉学部名誉教授
  • スーザン・J・パーマー (Susan J. Palmer, PhD)
    マギル大学特別会員
  • ジェームズ・T・リチャードソン (James T. Richardson, Ph.D, JD)
    ネバダ大学リノ校社会学・司法学名誉教授
  • スチュアート・A・ライト (Stuart A. Wright, Ph.D)
    ラマー大学社会学部教授

謎なのが、スーザン・J・パーマーの名が調査報告書(速報)のほうには出てこないこと。だれか知らんけど、何かモメているのかしら?

今回、動いていたのは愛知県立大学の件。私、日本語しかできないのでね・・・。

JWJ-QSの問題点

Continue reading “愛知県立大学へ苦情を申し入れた件①、エホバの証人の自作自演アンケート(JWJ-QS)”


社会的相当性を著しく逸脱しているエホバの証人、ハルマゲドンと輸血拒否

エホバの証人の社会的相当性からの激しい逸脱

エホバの証人の社会的相当性の逸脱

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第4章、市区町村調査。昨日の記事の続き。

宗教活動へ参加することを体罰により強制する

1159の自治体のうち2件報告されている。体罰はエホバの証人の王道。エホバの証人の子どもが「集会に行きたくない、布教活動に参加したくない」と言えば、待っているのはこらしめという名の体罰。

社会的相当性を著しく逸脱する⾏動をとるよう唆す者がある事を認識しながら防⽌する⾏動をとらない

が2件。

エホバの証人の神は、いずれ世界中の体制を滅ぼし尽くし神の王国を樹立するというギャグ神。エホバの証人は、これを本気で支持している。

つまり、エホバの証人は史上最高のテロであるハルマゲドンという残虐的な侵略・破壊行為を支持しているということ。

ハルマゲドンなど、全部妄想なので、一般的な感覚で見るとギャグ。世間は誰も相手にしないので、大騒ぎにならないだけ。しかし、こんなギャグを本気で信じている信者が日本国内に20万人いるっていうのは怖い。

エホバの証人のハルマゲドンというのは、社会的相当性を著しく逸脱している。それを支持するよう唆すエホバの証人。エホバの証人がこんなバカげたことを、子どもや情弱な判断能力のない者へ教え込むのを、社会全体で防止していくべき。

他には輸血拒否。エホバの証人は「たとえ輸血しないと死ぬとしても輸血しません」って言って、本当に死んでいく。これも著しく社会的相当性を欠いている。

エホバの証人のようなカルト宗教は、社会的相当性を逸脱している教理を撤回しない限り、禁じるべき。

エホバの証人の子どもの罰ゲーム

Continue reading “社会的相当性を著しく逸脱しているエホバの証人、ハルマゲドンと輸血拒否”


21世紀の日本、エホバの証人の子どもが存在することが宗教虐待

エホバの証人の子どもが存在する時点で・・・

輸血拒否という甚だしい迷惑

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第3章、医療機関調査のヒアリング調査結果。

保護者がこどもへの輸⾎を伴う⼿術を拒否し、児童相談所と連携して対応を⾏ったケースがあった。保護者は、当初頑なに拒否していたが、繰り返し⼿術の必要性について説明をし、相対的無輸⾎で実施することへの同意を得ることができ、相対的無輸⾎での⼿術が可能な病院に転院となった

輸血拒否なんていう宗教の自己満足に対して説得を続けるという時間の無駄。医療資源の無駄。このご時世、人手不足だっつーの。迷惑極まりない。

この親は結局、相対的無輸血を選んでいる。「何だよ?その中途半端な立ち位置は!」とツッコミたくなる。もはや、何のために輸血拒否しているのか意味不明。ファッション輸血拒否。建前輸血拒否。

緊急性を伴う事案ではなかったため、外来で主治医が保護者の気持ちに寄り添いつつ、複数回にわたり説明を⾏った。⼿術を⾏う転院先の病院と当院とで連携して情報を整理しながら、保護者への説明を⾏った

「建前的に相対的な輸血拒否はしたい」という保護者の意味不明な気持ちに寄り添うのが、医療従事者の仕事なのか?本当に迷惑な連中。

エホバの証人のおバカな建前輸血拒否、ポーズにすぎない事例

エホバの証人の子どもの存在が既に宗教虐待

Continue reading “21世紀の日本、エホバの証人の子どもが存在することが宗教虐待”


エホバの証人の子どもの輸血拒否、親から引き離せ。

騙されるエホバの証人の子ども

騙されるエホバの証人の子ども

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第3章、医療機関調査のヒアリング調査結果。

こども本⼈も治療を拒否している場合には⼿を出せない難しさがある。保護者も、中学⽣のこどもも、宗教上の理由により輸⾎を拒否し、結果的に亡くなるというケースを医師として個⼈的に経験した

「難しさ」とか言ってる場合じゃないって。輸血を拒否するような子どもは、その時点で騙されている。ハルマゲドンが来ると脅され、従えば復活できて永遠に生きられると騙されている。

そんなギャグみたいなモノを信じて死んでいく子どもが、21世紀の日本にいて良いのだろうか?

さらに、そんなエホバの証人の子どもは、輸血の危険性だけを過剰に教えられ、輸血を拒否して死ぬリスクから目を逸らすように教育されている。

正しく現実を認知できていない。つまり、エホバの証人の子どもは、騙されて命を奪われることになる。

エホバの証人が、命がけで輸血拒否するのは目立ちたいから

宗教親から子どもを引き離せ

Continue reading “エホバの証人の子どもの輸血拒否、親から引き離せ。”


エホバの証人、文明国家の行いですか?そして特別守られていない。

エホバの証人の子ども、そこは21世紀の日本なの?

エホバの証人、文明国家の行いですか?

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第3章、医療機関調査。

問6「保護者による宗教に信仰等に起因すると推察される虐待の該当事例から」

⺟体への輸⾎、帝王切開が必要であり、⺟体に輸⾎をしないと⺟⼦ともに死亡のリスクがあった

おそらく、エホバの証人の女性が出産に際して輸血拒否をしたと思われるパターン。考えられない常軌を逸した事象。親になる前から、保護者たり得ないのがエホバの証人。

まじないのような輸血拒否信条を頑なに保つことで、母子ともに命を危険に晒す。文明国家での行いとは思えない。しかし、これはごく最近2020年以降のこの国、日本での話。

エホバの証人は、本当にどうかしている。

外部の正常な人間がエホバの証人を救うべき

Continue reading “エホバの証人、文明国家の行いですか?そして特別守られていない。”


現在でも、輸血拒否で子どもを殺しているエホバの証人

エホバの証人に殺される子ども

エホバの証人の輸血拒否

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第3章、医療機関調査。

問6「保護者による宗教に信仰等に起因すると推察される虐待の該当事例」

保護者による宗教の信仰等に起因すると推察される虐待のうち医療機関での治療等を必要とするケースとして Q&A で例⽰されるような内容に該当する事例が過去3年間(令和2年 10 ⽉〜令和5年9⽉)にあったか

「医療機関を受診させない 、医師が必要と判断した輸⾎⾏わせない」「医療機関を受診させない 、医師が必要と判断した治療⾏為(輸⾎を除く)を⾏わせない」がともに10 件(7.2%)

輸血だけ別枠にしているところが、特殊なおバカ教理輸血拒否を掲げるエホバの証人の異常さと、社会にいかに悪影響を及ぼし迷惑をかけているのかが伺える。

母数はアンケートに協力した138の救命救急センターが設置されている医療機関なので、この子どもに対する輸血拒否の10件は氷山の一角にすぎない。

現在でも子どもを殺しているエホバの証人

Continue reading “現在でも、輸血拒否で子どもを殺しているエホバの証人”


エホバの証人のおバカな建前輸血拒否、ポーズにすぎない事例

エホバの証人の建前輸血拒否

エホバの証人の建前輸血拒否

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第2章、個々の児童相談所へのヒアリング。

子どもの輸血を拒否してごねていた

保護者に、国の医療ネグレクト通知に基づき、⼀時保護をしたうえで、児童相談所⻑の同意で⼿術を⾏う旨を説明したところ、保護者は、輸⾎を伴う⼿術には同意できないが、⼀時保護や親権停⽌といった⾏政の判断には納得され、その後も⼤きな反応もなく、⼿術後もこどもへの虐待は認められなかった

文面からだと、子どもに輸血したのか、輸血していないのかは定かではないが、このエホバの証人の親にしてみれば、自分の信条を貫いた上で、勝手に輸血されたのなら、仕方ないというレベル。

建前輸血拒否。概念的輸血拒否。つまり、エホバの証人の輸血拒否は、身内の信者(一部の盲信者にとっては神)への一種のポーズにすぎない。輸血したからって、何がどうなるわけではない。

輸血しないことではなく、輸血しないというポジションをとり続けることがメイン。

であれば、子どもが死ななくて済むのなら、強制的に輸血してやったほうがいい。

輸血しておけば損する者などいないのだから、エホバの証人親が子どもの輸血拒否でごねている場合には、児童相談所はただちに緊急措置で輸血に踏み切るべき。

エホバの証人が、命がけで輸血拒否するのは目立ちたいから

Continue reading “エホバの証人のおバカな建前輸血拒否、ポーズにすぎない事例”


保護者になり得ない宗教親の子どもが救われることはない

宗教家庭の子どもに救いはない

輸血拒否する親のことなど気にしなくていい

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第2章、児童相談所調査の医療ネグレクトについて。

問10「保護者による宗教の信仰等に起因すると推察される虐待事例の相談対応における課題」

保護者の意に反する治療を実施した後、治療を受けたこどもに対する保護者の精神的拒絶などが想定され、関係性構築への働きかけなどの⼆次的障壁となる事象への対応の困難さがある

保護者の意に反する治療、エホバの証人の場合は輸血拒否。輸血して生き残った子どもを、エホバの証人の親が拒絶するかもという懸念。

それ、どうでもよくない?

死んだら拒絶もなにもないわけで。生き続けるために輸血が必要なのだとしたら、愚かな親のことなど気にせず輸血して生かすべき。

輸血しただけで子どもを拒絶するような親は、そもそも保護者と言うには無理がある。保護してないから。殺しにきてるレベル。

元エホバの証人の親の最低限、わが子の人生からエホバの証人を排除する

殺人に等しい輸血拒否教唆

Continue reading “保護者になり得ない宗教親の子どもが救われることはない”


エホバの証人の輸血拒否、運不運で死んでいく子どもがいていいはずがない

運不運で死んでいく子どもがいていいはずがない

エホバの証人の子どもには自動的に輸血できるようにすべき

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第2章、児童相談所調査。

問5「Q&A発出以降の変化」

⼀部の医療機関から、こどもの輸⾎に応じない親が現れた場合を想定し、児童相談所と連携したい旨の申し出があったが、要検討事項が多く、協議不⼗分のまま進展しなかった

はい、それ子どもを殺しているんですよ。人の命がかかっているんだから、ありとあらゆる艱難辛苦を乗り越えて、連携すべき。

子どもの輸血に応じない宗教虐待親が現れた場合、親の親権を停止しないと輸血できない。ただ、その審判には家裁経由なので時間がかかる。

最短ルートなら、児童相談所の所長による緊急措置。最短3~4時間と言われている。これを縮めるための連携だと思われるのだが、この時間を縮めておかないと緊急に輸血を必要とする子どもの命が失われることになる。

各病院に近隣の児童相談所の所長の印籠みたいのを渡しておいて、エホバの証人の子どもには自動的に緊急措置で輸血できるようにしておくべき。

輸血を必要とする緊急時には、エホバの証人の子どもの親権停止は間に合わない

運不運で死んでいく子どもがいていいはずがない

Continue reading “エホバの証人の輸血拒否、運不運で死んでいく子どもがいていいはずがない”