エホバの証人2世に対する無理解、理解できるのは・・・

エホバの証人2世の子どもに対する不理解

ハルマゲドンという拳銃を突きつけられるエホバの証人の子ども

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第5章、学校調査。

問11、保護者による宗教の信仰等に起因する虐待かの判断が悩ましい事例。

運動会競技で、騎⾺戦の参加が難しいという事例が過去にあった。低学年のお祭りについて、「お祭り」という表現だと参加できないという事例が過去にあった

エホバの証人の定番、「騎馬戦」「お祭り」の不参加。これも宗教虐待。ハルマゲドンで脅されて不参加を強制されているのは確実だから、本人による意思決定などそこに存在しない。

拳銃を突きつけられて、「金を出せ」と言われて、自分の意思で強盗に金を渡しましたなんて、話は通用しない。

エホバの証人組織や信者の親は、子どもに対して「言うことを聞かないとハルマゲドンで滅ぼされる」と脅している。その上で子どもが学校行事不参加を決めている。そこに子どもの意思はない。

ハルマゲドンという拳銃を突きつけられているのだから、エホバの証人の子どもは死にたくなければ教団や宗教親に従うしかない。これがエホバの証人の著しく不正義な宗教虐待。

行事不参加のエホバの証人生徒に対して、教師ができること

宗教2世に対する無理解

Continue reading “エホバの証人2世に対する無理解、理解できるのは・・・”


恥と共に生きる宗教2世に、学校の教師ができる唯一の「配慮」とは?

宗教2世に対して、学校や教師ができることとは?

教師は宗教2世問題に対して何の役にも立たない

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第5章、学校調査。

小学校、中学校、それぞれ1000を超える学校からの回答。

問4、宗教虐待Q&Aの認識状況。

「内容も含めてよく理解している」と回答したのは⼩学校23.4%(324 件)、中学校が 21.9%(261 件)

「Q&A の存在は知っているが中⾝までは理解していない」の回答は、⼩学校では 66.6%(923 件)、中学校で 65.8%(785 件)

「Q&A の存在を知らない」と回答したのは⼩学校で 10.0%(138 件)、中学校で12.3%(147件)

約7~8割の学校で、宗教虐待Q&Aの理解がされていない。つまり、現状では子どもの宗教問題については、学校は役に立たない。

これは、私自身の経験からも言えることで、現在でも過去でも同じ。

学校というモノの特性上、親の宗教強制に苦しむ子どもに対して学校も教師もほとんど役に立たない。

宗教と家庭という外部からの介入が難しいところが重なりあった宗教家庭。そこに学校も教師も積極的に介入したくない。そして、介入する立場にない。介入しようがない。

私の経験からすると、学校や教師が宗教家庭の問題に対して何の責任も持たず、何の責任も取れないのなら、配慮だけしてくれればよかった。宗教2世の苦しみを理解することもできないだろうし。

「誰にでも宗教を拒否する権利はある」ということだけを教えてくれれば良い。そして、その宗教の外の世界はもっと広く多彩で、生き方次第では楽しく素晴らしいということも。

こんなことを学校の先生に求めるのは無理がある。本人がそういう生き方をしていないと教えようがないことだから。教育者というより、人間としての限界がある。

だったら、余計なことをせずに配慮だけしてくれればいいと思う。

カルト信者の親が子どもに迫る二択、いずれの行き先も悲劇

教師が宗教2世に対してできる「配慮」とは?

Continue reading “恥と共に生きる宗教2世に、学校の教師ができる唯一の「配慮」とは?”


保護者になり得ない宗教親の子どもが救われることはない

宗教家庭の子どもに救いはない

輸血拒否する親のことなど気にしなくていい

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。第2章、児童相談所調査の医療ネグレクトについて。

問10「保護者による宗教の信仰等に起因すると推察される虐待事例の相談対応における課題」

保護者の意に反する治療を実施した後、治療を受けたこどもに対する保護者の精神的拒絶などが想定され、関係性構築への働きかけなどの⼆次的障壁となる事象への対応の困難さがある

保護者の意に反する治療、エホバの証人の場合は輸血拒否。輸血して生き残った子どもを、エホバの証人の親が拒絶するかもという懸念。

それ、どうでもよくない?

死んだら拒絶もなにもないわけで。生き続けるために輸血が必要なのだとしたら、愚かな親のことなど気にせず輸血して生かすべき。

輸血しただけで子どもを拒絶するような親は、そもそも保護者と言うには無理がある。保護してないから。殺しにきてるレベル。

元エホバの証人の親の最低限、わが子の人生からエホバの証人を排除する

殺人に等しい輸血拒否教唆

Continue reading “保護者になり得ない宗教親の子どもが救われることはない”


宗教虐待の調査研究報告書、47件の宗教虐待報告は氷山の一角

救えるはずの宗教虐待

宗教虐待の調査研究報告書

こども家庭庁の研究事業、「保護者による宗教の信仰等に起因する児童虐待に関する調査研究」報告書。2024年4月リリース。

2022年12月に旧厚労省から出された「宗教の信仰等に関係する児童虐待等への対応に関するQ&A」の周知状況や、当事者(宗教2世)を含めた関係者への調査。それによって実態や課題を明らかにすることが目的。

最初は、児童相談所に対する調査。

2022/4月~2023/9月のあいだで、37ヵ所の児童相談所で47件の宗教虐待と思われる事例が報告されている。

問2「保護者による宗教の信仰等に起因すると推察される該当事例の相談対応件数及び⼀時保護件数」、つまり、前述の宗教虐待と目される47件の相談所ごとの数とそのうち一時保護した件数。

該当事例の相談対応件数は、「1 件」が 67.6%(25 か所)、「2 件」が 21.6%(8 か所)、「3 件」が 5.4%(2 か所

該当事例のうち、⼀時保護を⾏った件数は、「0 件」が 43.2%(16 か所)、「1 件」が35.1%(13 か所)、「2 件」が 8.1%(3 か所
※下線はこちらで引いた

複数対応をしているのが10ヵ所、そもそも対応しているのが全体の16.2%の37ヵ所(問1より)。複数の保護を行っているのはたったの3ヵ所。

後述するが、この47件の宗教虐待と思われる事例は、氷山の一角にすぎない。

『宗教2世』の子どもたちの学校での苦難、求められる「配慮」と「共感」

児童相談所の勉強不足、消極的理解

Continue reading “宗教虐待の調査研究報告書、47件の宗教虐待報告は氷山の一角”


「NHK NEWS おはよう日本」より、エホバの証人2世問題は前提を疑え

今この瞬間に虐待されている子どもがいる

圧倒的に児童虐待宗教、エホバの証人

昨日の記事の続き。2024年5月1日放送の「NHK NEWS おはよう日本」より。

子どもに対する虐待が指摘されていることについて、エホバの証人日本支部の回答が

「あらゆる形態の児童虐待を憎悪しています。」

だったら、自己嫌悪しな。そもそも回答になっていない。児童虐待を憎悪しているけど、児童虐待やりまくっているって、なんなの?

そもそも、エホバの証人という宗教はカルトで、児童虐待なしには成立しないんだから、回答しようがない。

「子どもに関わるのをやめて18禁宗教になります」くらいしか、逃げ切る方法はない。しかし、それはそれで後継者がいなくなり、お先真っ暗。また、子どもを持つ親に対して宗教として成立しなくなるから、無理。

なので、エホバの証人が「お宅の宗教で児童虐待が指摘されているが?」に対して、まともな回答ができるわけがない。

「事実無根です」と虚偽の回答をするしかないのだが、それにしては教理の根幹が児童虐待すぎるので、すぐにツッコまれてしまう。

  • 体罰を推奨
  • 子どもに輸血拒否をさせる
  • ハルマゲドンで滅ぼされると子どもを脅す
  • 信仰を否定する者は子どもであっても忌避する

という具合に、エホバの証人は圧倒的に児童虐待宗教なので、言いわけができない。

Continue reading “「NHK NEWS おはよう日本」より、エホバの証人2世問題は前提を疑え”


エホバの証人の信教の自由の大侵害、現役2世信者の2割が信仰を強要されたと回答

信仰を強要される子ども

現役エホバの証人2世の2割が宗教虐待を受けた自覚がある

エホバの証人の自作自演アンケート(JWJ-QS)。

日本のエホバの証人がどの程度改宗を強制されたと感じているか
ほとんどの人(86.5%)は,JWが自分をコントロールしようとしたという記述に同意せず,コントロールしようとしているのを感じた人は10%未満(8.2%)

現役エホバの証人7,193人に聞いて、8.2%の590人が改宗を強制された、エホバの証人が自分をコントロールしようとしていると感じたと回答している。

そう感じていない人の脳内はお花畑で、既にコントロールされているので、コントロールされているとか、信仰を強要されたと回答できる精神状態にない。つまり、この数値はもっと上がる。

エホバの証人の場合というか、日本での信仰の強要は、ほぼ確実に親から子へと行われる。そのため、改宗の強制有無はこの報告書で言うところの第2世代の信者に限定して聞くべき事項。第1世代はトチ狂って、勝手に暴走して人生を放棄、エホバの証人になっただけ。

エホバの証人2世の第2世代に絞って計算し直してみる。

報告書が杜撰でしっかりと数値がとれないのだが、一番多く読み取れる第2世代の人数は3,366人。少し乱暴だが(乱暴というか妥当だろう)、このうちの590人が信仰を強要された自覚があるとする。

590人/3,366人=17.5%

現役エホバの証人2世の2割近くが信仰を強要された自覚があると回答している。これは由々しき人権侵害、宗教虐待。信教の自由を侵害する事項。まあ、現実はほぼすべてのエホバの証人2世が信仰を強要されているんだけど。

「集会行くか行かないか、自分で選びなさい」なんて言う、そんなまともなエホバの証人の親はほぼいない。

エホバの証人の信教の自由の大侵害

Continue reading “エホバの証人の信教の自由の大侵害、現役2世信者の2割が信仰を強要されたと回答”


『みんなの宗教2世問題』、「宗教2世無自覚者」に「自覚」を促す

宗教2世無自覚者

宗教2世無自覚者

『みんなの宗教2世問題』3章「識者たちによる宗教2世論」。

¥1,980 (2024/01/06 09:19時点 | Amazon調べ)

「宗教2世」という自覚をもち、「宗教2世」へのよびかけに応答しようとする人々の存在

これらの人々は「宗教2世自覚者」とよべる

この「宗教2世自覚者」に対して、とある創価学会の「宗教2世」は「宗教2世当事者アンケ―ト」に次のように回答している。

「回答しながら、『被害』というには軽い自分が回答していいのか?と何度も思いました。親の宗教はカルトではないし、社会的に有意義な活動もしている伝統宗教だし、ひどい強要や人権侵害も受けなかったからです」

という無自覚な回答。現実をねじ曲げて見ている。少なくとも、創価学会は伝統宗教ではない。「被害が軽い」、「ひどい強要や人権侵害も受けなかった」というのは主観にすぎない。私には、政権にすり寄る宗教団体が社会的に有意義とは決して思えない。

念仏唱えて人生が好転すれば誰も苦労しない、宿命転換

こういった人のことを、本書では

宗教2世自覚者ではあるが、自らの困難を被害と受け止め何らかの改善を求める宗教2世当事者ではない

と書いている。しかし、こういった人は「宗教2世無自覚者」と言ったほうが良い。無自覚のまま被害を受け続けている人々。子どもの頃から宗教漬けにされ、価値観やものごとの見え方を歪められて、治っていない状態。

「宗教2世無自覚者」に「自覚」を促す

Continue reading “『みんなの宗教2世問題』、「宗教2世無自覚者」に「自覚」を促す”


「日本の区域の必要」特別プログラム:悪魔的エホバの証人、邪悪な力を祈り求める

悪魔的エホバの証人

エホバの証人、「日本の区域の必要」特別プログラム

2023年12月年末のエホバの証人の集会にて。「日本の区域の必要」特別プログラム。昨日の記事の続き。

試練を耐えた記録として、エステル記から。

民はエホバに祈って頼りました。結果としてエホバの救いを経験した

現代エホバの証人も、コソコソ動き回ってないで、黙ってエホバに祈っておけよ。存在すらしない神には、永遠に祈りは届かないけど。

続いて、ネヘミヤ記から。

反対者はエホバの民を弱気にさせて、やめさせようとした

のだが、ネヘミヤは

「私を強くしてください」

と祈って、活動に打ち込んだ。結果として成功した、と。

だから、信仰を強めて活動を続けろと。

現代の偽予言者たるエホバの証人と聖書中のできごとはリンクしないので、こんなモノは盲信者のマインドコントロールを深めるためだけの話。

そして、活動を続けていることの証として、ものみの統計が出てくる。

エホバの証人は、軽い揺れの地震を大きな地震と呼んでいる

爆笑、ものみの統計

Continue reading “「日本の区域の必要」特別プログラム:悪魔的エホバの証人、邪悪な力を祈り求める”


現役信者「全体」に調査した方が、エホバの証人の宗教虐待度数は騰がる

現役エホバの証人に調査した方が、宗教虐待度はうなぎ上り

エホバの証人の神の王国は虐待地獄

2023/11/21のNHK『ニュースウォッチ9』、エホバの証人問題支援弁護団によって、エホバの証人児童への宗教虐待の実態調査報告書が出された件。

エホバの証人が児童に対して宗教虐待を行っており、今回の調査で500人以上の被害が報告された。ここまでが昨日の記事

これに対する、エホバの証人日本支部の回答

「エホバの証人」はいかなる形の児童虐待も容認していない

これだけエホバの証人による児童虐待事案が報告されているのに、エホバの証人日本支部は、児童虐待を容認していないらしく。

エホバの証人日本支部の感覚では、子どもに

  • 輸血拒否カードを持たせること
  • 鞭打つこと
  • 学校行事に参加させないこと
  • 交際・交友に制限をかけること

などは、児童虐待ではないらしい。ということは、

エホバの証人が到来を伝えている神の王国では、体罰が横行し、輸血拒否で死ぬ子どもがいても児童虐待に該当しないらしい。エホバの証人の神の王国は地獄ですな。

500人もの被害者を切り捨てるエホバの証人日本支部

Continue reading “現役信者「全体」に調査した方が、エホバの証人の宗教虐待度数は騰がる”


“宗教2世”ドラマ『神の子はつぶやく』、宗教はリスク開示を

信じていないのに信じているふりをすると・・・

信じていない者の役目

2023/11/3放送、NHKスペシャル シリーズ“宗教2世”のドラマ『神の子はつぶやく』を録画視聴。昨日の記事の続き。

以下ネタバレします。

 

ドラマ的には面白い場面だった妹のカミングアウト。実は「神を信じていない」宣言。しかし、信じていない者が信じているふりをしちゃダメ。

妹は信じていない状態で、宗教儀式を受け正式な信者になっている。信じていない者からしたら、ギャグのような儀式だか、信じている側からすれば、とんでもない不敬なこと。

こんな悪宗教の神は存在しないので、不敬も何もないのだが、周囲や家族の人間関係をかき回すことになる。その人たちの信仰の有無に関わらず、信じていない者が信じているふりをするのは弊害しかない。

「マジすか?神の王国とかガチで言ってんすか?」くらいに笑い飛ばしてやらないと。

しかし、未成年の女の子が親に対してそれを言えるかというと、それは無茶ぶりではある。

だからこそ、周囲の大人が毅然とした態度を取るべき。

「マジすか?神の王国とかガチで言ってんすか?」「ハルマゲドンなんて不正義なことを、子どもに教えるのは児童虐待ですよ」と。

信じていない者は、信じてしまっている者に対しての態度を見直すべき。安易に「信仰を尊重する」とか言うべきではない。その信仰は、不正義な教理を含み、子どもを大きく傷つけるモノなのかも知れないのだから。

『神の子はつぶやく』、宗教・人物判別器としてのテレビドラマ

宗教にはリスク開示を義務付けよ

Continue reading ““宗教2世”ドラマ『神の子はつぶやく』、宗教はリスク開示を”