エホバの証人の指示文書は「感想文」か「独白」、現役2世高校生が受ける不条理

意思表示すらできないエホバの証人2世の高校生

エホバの証人組織の指示文書は、独り言か感想文

昨日の記事の続き。2023/12/4の宗教2世問題ネットワークによる、エホバの証人の大会に関する会見より。

エホバの証人組織は、大会会場の管理者に対して以下のように回答。

  • 大会では、虐待につながる映像や資料は「全くない」 ⇒ あった
  • 子どもは、当人の自由意志で平日に学校を休んで大会に出席している
  • 大会への参加は強制していない。児童の就学や日常生活に支障をきたさない

これらの回答がいかにエホバの証人の欺瞞であるか、ネットワークの会見では以下の2点から示していた。

①大会の内容と、②大会に関する事前の指示文章から。

①大会の内容は昨日の記事にて。エホバの証人の大会で流された腐ったメロドラマみたいな動画で、虐待的な内容があった。さらに、そのドラマで恐怖を煽り、組織の指示に盲目的に従うよう誘導している。

今日はその②、教団が大会前に信者に出した文書から。

3日間すべて、じかに、各自が指定された会場で参加できるように、学校や雇い主に対して事前に調整するように」(下線は原文ママらしい)

指示する手紙が出ている。

こういったのは、エホバの証人組織的には指示ではないらしいのだが、会見でネットワーク代表者に

「ふざけるな」と一喝される。指示でないのなら「感想」なのかとも。

もしくは、「独り言」の類なのか。

いずれにせよ、到底一般常識では通用しない詭弁。

エホバの証人組織は、「学校を休み、教団に指示された期間、指示された場所で大会に参加せよ!」と、指示している。

しかも、その指示は、恐怖で脅し盲目的に従わされる悪質なモノ。強制。

そもそも、エホバの証人の大会に親が行けば、子は連れていかれるのは当然。小学校低学年なら下校時に親は大会ホールにいることになる。大会は夕方まで続くので。

この状態で、小学校低学年の子どもが断る余地はない。これは、私自身の経験でもある。選択肢などなかった。強制参加だった。

この状態で、いったいどうすれば就学や日常生活に支障がでないというのか?理解に苦しむ。

エホバの証人の大会帰りに目撃、けなげな児童の姿に涙

21世紀の日本でまかり通る、エホバの証人の不条理

“エホバの証人の指示文書は「感想文」か「独白」、現役2世高校生が受ける不条理” の続きを読む


宗教2世ネットワーク会見より、叩き潰されるエホバの証人の子どもの未来

叩き潰されるエホバの証人の子どもの未来

普通に児童虐待動画が流される、エホバの証人の大会

宗教2世問題ネットワークによる、2023/12/4のエホバの証人の大会に関する会見より。

昨日の記事の続き。エホバの証人組織が、大会会場の管理者に対して回答した以下の点。

  • 大会では、虐待につながる映像や資料は「全くない」
  • 子どもは、当人の自由意志で平日に学校を休んで大会に出席している
  • 大会への参加は強制していない。児童の就学や日常生活に支障をきたさない

これらの回答がいかに欺瞞的であるか、ネットワークの会見では大きく2点でアプローチ。

①大会の内容と、②大会に関する事前の指示文章から。

今日は、その①大会プログラム内容について。エホバの証人の大会では、腐ったメロドラマみたいのが流される。その中では

  • 「どうせセックスできないんでしょ」
  • 「滅ぼす」
  • 「生きるか死ぬかの問題」

エホバの証人の大会では、このような恥ずかしくて、恐ろしいキーワードが出てくる。エホバの証人は、こういった動画を恐らく全世界共通で子どもに見せている。

恥を知れ。恥を。

普通に、虐待につながる映像や資料が出てくるのがエホバの証人の集会や大会。

エホバの証人大会潜入レポート:児童虐待的な内容と圧倒的カルト感に遭遇

エホバの証人の大会潜入記:動画の中で「滅ぼす」「生きるか死ぬかの問題」

理解のできない指示でも教団組織に従うよう、恐怖で強制する

“宗教2世ネットワーク会見より、叩き潰されるエホバの証人の子どもの未来” の続きを読む


宗教2世問題ネットワークによる会見、エホバの証人の大会の裏事情

エホバの証人の大会の裏側で・・・

エホバの証人組織が宗教虐待Q&Aを信者に周知できない理由

2023/12/4、宗教2世問題ネットワークによる、エホバの証人の大会に関する会見。

エホバの証人の児童が平日の学校を休まされて連行された、今夏のエホバの証人の大会について。会見で以下の点が。

宗教2世問題ネットワークは、エホバの証人の大会会場の管理者(自治体や運営会社)に対し、宗教虐待Q&Aなどに鑑みて適切な対応を事前に求めていた。これに対し、半数程度の管理者が何らかの対応に動いたとのこと。

管理者側は、エホバの証人組織側に対して、宗教虐待Q&Aの大会参加信者への内容告知や、留意を要望。

宗教虐待Q&Aには、「いかなる理由があろうと体罰」や「滅ぼされると脅すこと」や「医師が必要とする輸血を受けさせないこと」は、児童虐待だと明記されている。

こんなモノを信者に周知すれば、エホバの証人組織が児童虐待を推奨する組織であることが、明らかになる。

また、信者のコントロールのため絶対的でありたいエホバの証人組織としては、世俗の基準の周知などできはしないのだろう。一般基準と隔絶していることを自ら求める、カルトそのもの。

というわけで、エホバの証人組織はどれだけ求められても、宗教虐待Q&Aを信者に向けて開示することはない。

教団側は、当然のように宗教虐待Q&Aの内容告知要望については黙殺。各会場管理者の要望に対しても、次のような場当たり的ないつも通りの回答でごまかしたとのこと。

エホバの証人の大会潜入記:過去と現在の葛藤、子どもたちの悲痛な叫び

エホバの証人の虚偽は、盲信と狂信のたまもの

“宗教2世問題ネットワークによる会見、エホバの証人の大会の裏事情” の続きを読む


エホバの証人の大会帰りに目撃、けなげな児童の姿に涙

エホバの証人の子ども、過酷な現実

エホバの証人の大会、児童相談所へ通告

エホバの証人の大会@幕張メッセへ。昨日の記事の続き。プログラムを聴き終え、ホールの外で、児童相談所へ電話で通告。

通告内容は以下。エホバの証人の大会会場で以下の事象を目撃したと。

  1. ホールロビーで号泣している乳幼児が4~5人いる。朝9時頃から開催しており、夕方なので飽きたり疲れたりしているのだろう。ひどい泣き声だったので違和感を覚えた
  2. 大会プログラム内で、「終わり」が来ると、話していた。その「終わり」を生き残るために宗教活動をしろと指導している。ちょうど、隣に中学生くらいの児童が座っており、そういう多感な時期に、終末論で脅し宗教活動をさせている

名前と連絡先をきかれたので答えたが、もちろん匿名でも通告は可能。児童相談所の返答は

「調査はするが、結果や内容はお伝えすることはできない」という、いつもの。

公共の場で、エホバの証人の大会バッチをつけさせるのは・・・

“エホバの証人の大会帰りに目撃、けなげな児童の姿に涙” の続きを読む


エホバの証人の大会潜入記:過去と現在の葛藤、子どもたちの悲痛な叫び

時は流れるも、数多の悲劇が繰り返されている

エホバの証人の30年、何も変わっていない

エホバの証人の大会潜入中@幕張メッセ。昨日の記事の続き。小一時間ほど、座席でプログラムを聴く。

その際、隣に座っていた中学生だが、自分がエホバの証人をやめた頃を見ているようだった。聴きたくもない話を日がな一日聴かされる。時間を浪費している圧倒的自覚がある。

しかし、エホバの証人をやめることは、親を捨てるにも等しい気がして、脱会という行動にうつれない。

大会・集会でしょうもない話を聞くのは嫌だし、エホバの証人活動もダサいからやりたくない。しかし、ものみの塔にこってりマインドコントロールされている親が嫌いなわけでも、憎んでいるわけでもない。

そして、神エホバが存在すると、中学生くらいの私は信じ込んでいた。明日にでも世界の終わりがくると、信じて疑わなかった。

こんな悲惨な中学生が隣に座っていた。この構図、私が中学生だった頃から30年変わっていない。私は30年間、ほぼ沈黙していたので、私を含めて、この国の大人はいったい何をしてきたのか?かつて、

輸血拒否で死んだ少年がいて、人生を弄ばれた数多の少年少女がいた。その中には、そのままエホバの証人を続けて大人になり、悲劇から抜け出せていない人々がいる。間違った教理を、正しいと信じ込んでいる無数の人々がいる。

真横の、小さな身体にのしかかる悲劇を感じながら退席。

エホバの証人の教理が不正義で間違っているのは、言わずもがな。神がこの世の体制を終わらせようとしているのなら、それは間違い。神の暴挙を止めようとするのが、正しい態度。

というか、こんなつくり話を信じ込まされている少年少女が、現代日本にいるという驚き。

乳幼児の泣き叫ぶ声、エホバの証人の大会

“エホバの証人の大会潜入記:過去と現在の葛藤、子どもたちの悲痛な叫び” の続きを読む


エホバの証人大会の潜入体験:笑いのツボ不明、宗教活動の強制

エホバの証人大会、すべる外国人講演者

エホバの証人大会の笑いのツボが、意味不明

昨日の話の続き。エホバの証人の大会に潜入中@幕張メッセ。

プログラムはろくに聴いていなかったのだが、今回もやはり気付いたのは、会場の人々の笑いのツボが不明な点。講演者が笑いを取ったあと、拍手まで起きたりして、もはや何の会なのかも意味不明。

といいつつ、外国人の講演者(支部委員と紹介されていたのだが)、この人がアメリカンジョークを言ったときに会場がシーンとして、ちょっとかわいそうだった。

通訳をはさんでいるから、というのもあるのかも知れないが、やはり信者のツボが変なのかと、首をひねる。面白くなくてもそこは笑ってやれよ。意外に笑いに対してシビアなのか?それとも、アメリカンジョークに気付かなかったのか?やはり何の集まりか不明。

10人のvirgin(通訳は乙女と訳していた)が、花婿だかキリストだかが来るのを待っている。しかし、主賓はやってこない。何で遅れているのでしょうか・・・?写真でも撮っていたのでしょうか?というギャグ。やっぱ面白くないな・・・。

終わりが来るのが、だいたいいつか分かります

とかも話していた。「だいたいいつ」って何だよ。適当すぎない?これもギャグだったのか?やっぱ何の集まりなのか意味不明。

エホバの証人児童が強要される、宗教活動

“エホバの証人大会の潜入体験:笑いのツボ不明、宗教活動の強制” の続きを読む


エホバの証人の大会に潜入@幕張メッセ、子どもたちの姿を確認

可哀そうなエホバの証人の子ども

エホバの証人の大会へ、再々潜入

アドリブを発動させて、エホバの証人の大会に潜入(2023/7/21)。今回は千葉の幕張メッセ。急遽、時間を合わせて強引に向かう。

とりあえず潜入目的を3つ立てる。

  1. プログラム中の写真を撮る
  2. 子どもの存在を確認する
  3. プログラム中に児童虐待にあたる内容が取り扱われているのを確認し、児童相談所へ通報

今日はもう夏休みなので、義務教育児童が参加していても法的には問題はないのだが・・・私は、エホバの証人の子どもの存在そのものを見逃せない。

本日の報道より、エホバの証人の子供を見かけたら児童相談所へ即通報を

夕方に到着したので、全プログラム終了1時間くらい前。会場前で看板の写真を撮って、ホール入り口に向かうと中から人が出てきて迎えてくれた。

「エホバの証人の大会ですが?」と。

「・・・えぇ、見学です」

帰る時に気付いたのだが、ホール入り口のドアのカギは、プログラム中は締め切っている様子。このときも係の男性がカギを開けてくれた様子。

「初めてですか?」

「初めて・・・でもないんですけどね」

「はい」って言っておけばいいものを・・・。

エホバの証人をやめてから、極端にウソつけなくなったんだけど、これもある種のエホバの証人の後遺症なのかも知れない。2世信者を強要されていた頃が一番嘘つきだったな・・・。

やはり、子どもの存在を確認

“エホバの証人の大会に潜入@幕張メッセ、子どもたちの姿を確認” の続きを読む


エホバの証人の大会、無価値な特権と決定的な論理破綻

偽予言者の搾取の仕組み

エホバの証人が追い求めている、無価値な特権

エホバの証人の大会に潜入した件。大会プログラムを1時間くらい聞き流していたのだが、ツッコミたいところがあったので記載。

親子で成長していく、みたいな動画が流れていた。

父親の方が、教団内の権威的立場を失って悶々としている。息子が権威的立場を得ていくのだが、息子がいつも「父さんを手本にしていた」というような、いい感じのことを言う。そして、話の結末では父親の方が権威的立場を取り戻す。

というか、

こいつらが必死になって追い求めているのは、無価値なモノ。教団内のいわゆる特権、権威的立場。

その特権で飯が喰えますか?

その特権が将来の損得に関わるのか?

まず、この時点で騙されている。とても美味しい、素晴らしいモノのように教団内の特権的立場を表現しているが、この特権には何のメリットもない。

この話は、決して親が間違った方向だけには子どもを誘導しないように、という教訓。こいつらは、間違った一銭の役にも立たないどころか有害な方向へ親子でひた走っている。

エホバの証人千葉大会ホールへ潜入:児童相談所への再通報と納骨堂探し

エホバの証人の大会、決定的な論理破綻

“エホバの証人の大会、無価値な特権と決定的な論理破綻” の続きを読む


エホバの証人の千葉大会ホールへ潜入:児童相談所への通告、寄付箱の存在

世界的カルトの業に使われるエホバの証人の寄付金

エホバの証人の大会、児童相談所へ通告

エホバの証人の千葉大会ホールにて、エホバの証人の大会に潜入。昨日までの記事の続き。

目的を達したので会場を後にし、安全そうなコンビニまで撤収。というか、最寄りのコンビニが遠い。千葉というか成田というか、場所的には相当へんぴ。

コンビニでアジシオやアイスを買って涼みながら、児童相談所に通告。ちなみにアジシオは帰宅直前に体を清めるため。エホバの証人千葉大会ホールの「納骨堂」に近づいたので、念のため。アイスは普通に暑すぎたので。

児童相談所虐待対応ダイヤル「189」へ。現在地の住所を告げると、管轄の児童相談所に転送してくれる。

少し待つと転送完了。

下記3点を通告。成田市にあるエホバの証人の千葉大会ホールにて下記を目撃したと。

  1. 平日なのに、義務教育年齢と思われる子どもがエホバの証人の大会に参加させられている
  2. 乳幼児の泣き声が聞こえ、会場内が若干暑く、プログラムも長時間に渡るので熱中症など、子どもの体調が心配
  3. プログラム内で「セックス」がどうのこうのという動画が流されていて、これを子どもに見せるのは明らかな児童虐待

児童相談所側は、特定の児童についての通告を想定しているようだったが、対応からは、諸々確認を進めるというようなニュアンスを感じた。

連絡先などを聞かれたので告げたが、もちろん匿名でも通告は可能。

「子どもたち、心配なのでよろしくお願いします」と電話を置く。これにて帰宅。

エホバの証人究極の目的とは・・・

“エホバの証人の千葉大会ホールへ潜入:児童相談所への通告、寄付箱の存在” の続きを読む


エホバの証人大会潜入記:千葉大会ホール、謎の納骨堂へ

エホバの証人千葉の大会ホール、謎の納骨堂

エホバの証人の大会、平日にも関わらず就学年齢の子どもを確認

エホバの証人の千葉大会ホールで開かれている大会に潜入中。昨日までの記事の続き。本会場でなく、サブ会場みたいなところに座らされ、賛美の歌の圧倒的カルト感にたまらず撤収。

うーん、まだ子どもの目視確認が出来ていないのだけど・・・と思っていると、そういえば、この歌はトイレタイムになっていたことを思い出す。

私もトイレに向かう体裁で歩いてみると、はい、いました子ども。中学生くらいの女の子、元気いっぱいに走っている小学生男の子。今日は平日ですが、学校は良いんですか?中学生だと期末テストとかないんですか?

本会場の扉が開け放たれていたので、本会場内のチェックをしても良かったのだが、あまり怪しまれても、この後の動きが取れないので、トイレに向かうような顔でロビーを一周してみる。

ロビーの端で、ひとり大声で歌っている女性信者が謎だったのと、赤ちゃんを抱えた女性を発見。熱中症大丈夫?

とりあえず、第一の目的、就学年齢の子どもの確認をクリア。ということで、ホールを去る。そして、次なる目的地、エホバの証人の「納骨堂」へ。

エホバの証人の千葉大会ホール、噂の「納骨堂」

“エホバの証人大会潜入記:千葉大会ホール、謎の納骨堂へ” の続きを読む