エホバの証人のマインドコントロール大会の狂気に流す涙

エホバの証人の大会とは?

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』から。

エホバの証人の大会に潜入している筆者。エホバの証人の大会。壇上の講演者の煽りと盛大な拍手。否が応でも感じる一体感と温もり。多数の人と同じ方向を向いているという安心感。

それ、全部ウソですから。マインドコントロール用に作られた茶番。スポーツやライブコンサートでも見に行けば、同じ感覚を味わえるから。

「こんな人達と一緒なら・・・、ダマされてもいいや」

いや、ダメでしょ。ダマされたつもりでやって良いのは取り返しのつくことだけ。

取り返しのつかないマインドコントロール状態の人達。その人達と一緒ならなんて思ってしまう段階で、エホバの証人のマインドコントロール大会に呑まれている。

ものみの塔にダマされれば、人生まるっと搾取される。無駄な一生を送ることになる。無駄なだけでなく社会に害をもたらすカルト活動に人生を捧げることになる。親であれば、子供や配偶者をも有害カルト活動に巻き込むことになる。

エホバの証人の献身、ものみの塔に対する人身売買契約

エホバの証人の洗礼~バプテスマという献身の儀式に関する二つの誤解

カルト儀式、エホバの証人のバプテスマ

“エホバの証人のマインドコントロール大会の狂気に流す涙” の続きを読む


エホバの証人(JW)の大会、現実逃避の茶番現代劇とは?

エホバの証人の現代劇からあぶりだされる真実

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』より。川崎事件の調査のため、エホバの証人組織に潜入中の筆者。大会に参加したときのエピソード。「現代劇」を見てほのぼの、いいなあとつぶやいているのだが、全く同意できず。

エホバの証人の「現代劇」という茶番で繰り広げられる、現実逃避の「悲劇」にツッコミを入れておきたい。ほのぼのというか、お馬鹿さん過ぎるので。

現代劇の内容は4人兄弟の子供がいるエホバの証人一家の話。エホバの証人版ホームドラマ「ひとつ屋根の下」。4人がそれぞれ問題を抱えていて、父親が聖書から助言を与えると、あーら不思議、全解決という安易な展開。

  1. 長男、エホバの証人仲間としている事業で金銭トラブルでもめている。
  2. 次男、夫婦で開拓奉仕という年間1000時間ものエホバの証人活動を行っているので経済的に困窮
  3. 三男、クラスメイトの女の子に迫られている
  4. 長女、仕事に熱中し、若い上司を尊敬している

三男、長女は何の問題もないので、話を聞いておしまい、自分でどうしたいか考えさせれば良い話。

長男、次男の問題はエホバの証人に根ざしているので、エホバの証人やめようねで解決。

問題の根源は全てエホバ。

うっかり鯨やうっかり輸血は許される、エホバの証人

『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』~偶然サバイバルした者の務め

お先真っ暗、エホバの証人家族

“エホバの証人(JW)の大会、現実逃避の茶番現代劇とは?” の続きを読む


カルト宗教の2世信者が救われる方法~映画『星の子』より

エホバの証人の悪い習慣、「信じてるのか・・・」

宗教2世がテーマの映画『星の子』、昨日までの記事の続き。Amazon Prime Videoならプライム会員無料。以下、ネタバレなので、未視聴の方はご注意を。

 

以下、ネタバレ。

 

 

 

 

その他、本作の”宗教”と、エホバの証人との類似点。

・騙されている奴にどれだけ真っ向から騙されていると言っても通じない。

劇中の宗教が信者に売りつけている高額水。偉い学者の先生が効能を認めているとされている。それが虚偽、騙されていると、外部の人間なら中学生でも分かるのだが、本人は騙されていないと言い張る。

ソースを調べない習慣。エホバの証人も同じ。ものみの塔の出版物に引用されているパッと見は権威のありそうな文献。それらは全て恣意的にものみの塔に都合の良い部分だけが切り取られている。

そんなの当たり前。誰がカルトの擁護なんかするかっての。特に権威ある文献ならばなおさら。ところが、エホバの証人は、劇中の能天気で風邪を引かない中学生にも「信じてるのか・・・」と絶句させるほどにものみの塔を信じちゃってる。

カルトの集会、大会、集金システム

“カルト宗教の2世信者が救われる方法~映画『星の子』より” の続きを読む


エホバの証人のバプテスマとは

エホバの証人の洗礼・バプテスマとは

エホバの証人はお互いを兄弟姉妹と呼び合う。女性の信者だったら○○姉妹、男性なら○○兄弟というふう。ただ兄弟姉妹と認められるにはバプテスマと呼ばれる洗礼の儀式を受けなければならない。

バプテスマを受けるとものみの塔協会に献身したということになる。ものみの塔協会に何もかもを捧げる覚悟が出来たということ。この献身の覚悟が出来た者だけしか兄弟姉妹と認められない。カルトっぽい排他的なエホバの証人の組織構造

バプテスマの儀式は大会という大きな単位での集まりの際に行われる。バプテスマを受ける側とバプテストの双方が水着に着替えて、大会会場に設置された小さな小汚いプールでこの儀式を行う。

バプテスマを受ける側の信者が、一人一人バプテストによって水中に一瞬沈められる。心からものみの塔協会に献身していない人は髪の毛が水面に浮いてしまうなどというエホバの証人都市伝説があるが、これは出鱈目。

エホバの証人のバプテスマはものみの塔という組織・偶像崇拝の始まり

“エホバの証人のバプテスマとは” の続きを読む


原始的なマインドコントロール手法、エホバの証人の賛美の歌と祈り

エホバの証人の賛美の歌とは

エホバの証人信者の活動の特徴3つ。

  1. 信者が家から家に布教で歩き回る。テレビなどでコントに使われているアレ。
  2. 週に2~3回、集会と称して信者が集まる。
  3. 特殊信条を絶対厳守。輸血拒否だとか、各種他の宗教行事や選挙の拒否。

集会の開催は私が連行されていた頃は、週3だったのが週2へと減少。※2022年現在、コロナ禍のため集会活動はZoom、布教活動はLINEや手紙などでも行われるようになっている。

そのうちに、カルト臭を拭おうとして、特殊信条を取っ払って、輸血OKとか言い出しそうなのだが。終末思想で信者を煽っている限り、この教団は信者の自由を奪うカルトなので、要警戒。

私は、30年近く前になるがエホバの証人であることを親に強制されており、未だにその傷を引きずっている。エホバの証人の集会に連行されていた頃の記憶を掘り起こして、この宗教の危険さについて警鐘を鳴らしている。

今回は、エホバの証人の集会で歌われる賛美歌と祈りについて。

エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ

エホバの証人には、「エホバの証人の王国会館」という専用の集会所がある。その王国会館で集会が行われるときには、盛大に「賛美の歌」と呼ばれる賛美歌が歌われる。個人の家で集会が開催される場合は、さすがに賛美歌は歌われない。

賛美歌はたしか100曲ほどもあって、独自の賛美歌の本まで出版されている。賛美歌の伴奏のカセットテープなども製作されており、それらを含めた出版物などにまつわる寄付金はエホバの証人の収入源となっている。

現在ではCD、さらにはデータ化されているのかも知れない。集会の始まりにはそのカセットテープを流す係の人がいて、決まった賛美歌を全員で合唱する。

マインドコントロールを深める長い祈りの時間

“原始的なマインドコントロール手法、エホバの証人の賛美の歌と祈り” の続きを読む