NNNドキュメント’24「人生を取り戻す~”JW”の家に生まれた私~」

現役エホバの証人よ、人生を取り戻せ。

家族を破壊する宗教、エホバの証人

NNNドキュメント’24「人生を取り戻す~”JW”の家に生まれた私~」を録画視聴。

人生を取り戻した3人のエホバの証人脱会者の話、30分枠なのでエッセンス凝縮版。

エホバの証人というのは人生そのものが破壊されてしまう
家族関係すらもまともに保てなくなる非常におそろしい宗教

3人が3人とも、エホバの証人によって家族を破壊されている。この3人は現役信者の家族側から忌避されている。

エホバの証人は家族より教団組織を優先する。優先というより教団組織に心身を支配されている。家族のことは教団のことの次。教団が家族の忌避を命じれば、それに盲従する。

そのため、エホバの証人は当然のように家族崩壊の結末を迎える。エホバの証人は「家族を不幸にする宗教」。

私の家族も同じで一家離散状態。私の場合は、男性出演者の方たちとは若干ケースが異なっていて、彼らがバブテスマ(洗礼)を受けた年齢の頃に私は脱会。親を捨てる決意をした。

エホバの証人を強要してくる親を捨てる覚悟をしたときに、私の家族から、もしくは私の中から、家族の絆の根幹のようなモノが決定的に失われてしまった。わが家の場合は、両親も無事にエホバの証人を脱会しているのだが、それでも元通りの家族には戻れない。

親を思う子供の気持ちがどんな宗教信条にも必ず勝つと信じている

と番組終盤で締められていたが、

たとえ親を取り戻したとしても、断ち切られたモノが完全に元通りに復元することはない。家族を破壊するエホバの証人という宗教組織の罪は重い。

エホバの証人のターゲットにされる人

“NNNドキュメント’24「人生を取り戻す~”JW”の家に生まれた私~」” の続きを読む


あなたが今すぐエホバの証人をやめるべき3つの理由

あなたが今すぐエホバの証人をやめるべき3つの理由

エホバの証人をやめるメリット3つ

あなたが今すぐエホバの証人をやめるべき3つの理由。

  1. あらゆる無駄遣いがやめられる
  2. ホンモノの人間関係が築ける
  3. 健康になれる

エホバの証人をやめると、あらゆる無駄遣いがやめられる

1つ目、あらゆる無駄遣いをやめられる。

エホバの証人をやめれば、人生の無駄遣いをやめられる。

人生の真実は限りある命、人生に意味があるのは人生の時間が有限だから。永遠に生きるなんてことはあり得ない。そして、永遠に生きることには意味がない。

エホバの証人をやめることで、時間の無駄遣いをやめられる。時間を要求されることがなくなる。布教活動や集会に奪われる時間を無駄にしないで済む。

ハルマゲドンは来ないが、人生は短い。貴重な時間の無駄遣いはやめるべき。

時間だけでなく、寄付金の搾取を受けないで済む。経済的な問題がいくらかは解決される。

職業を制限されずに済む。限りある人生のなかで、自分で自分の職を選べないなんていう理不尽から解放される。

エホバなんてモノは存在しない。存在しないモノのために人生を損ねる無駄遣いは早々にやめるべき。

エホバの証人をやめると、ホンモノの人間関係が築ける

“あなたが今すぐエホバの証人をやめるべき3つの理由” の続きを読む


エホバの証人問題支援弁護団の調査報告書、脱会した方が良いって知ってるはずなのに・・・

後世に残してはいけないモノ、エホバの証人

何があっても改善するわけがないエホバの証人組織

エホバの証人問題支援弁護団の調査報告書より。最後に、「良識あるエホバの証人の信者の皆様へ」と題した、弁護団から現役信者への鬼気迫るメッセージ。

良識があったら現役エホバの証人信者をやっていないと思うんだけど、まあ人それぞれ事情はあるし、良識というのも一律ではない。

私が、弁護団からの鬼気迫るメッセージと感じたのは、私自身が脱会済の元当事者だからで、囚われの現役信者には響かないのかも知れない。

同様にエホバの証人組織が、この調査報告書のように外部から理路整然と糾弾されても改善されないのは、書いているご本人も理解されているのだろう。

社会的に通常期待されるべき自浄作用による法令遵守は期待できないと思われる

と、前章で書いている。つまりは、何らかの外圧が必要で、現状の法体制におけるその究極が宗教法人の解散ということになる。

エホバの証人組織が改善されるわけがないのだが、改善されても困る。私的にはエホバの証人組織には消えて貰いたいので、安易に改善されて「正常化しましたー」では困る。

とはいえ、そう安易に改善できないのが、カルトがカルトたる所以なのだが。

エホバの証人の内部文書「会衆へのお知らせ」、カルトに自浄作用はない

エホバの証人の内部文書「S-401」、二枚舌のままブレないエホバの証人組織

「エホバの証人やめろ」と、ハッキリ書けばいいのに・・・

“エホバの証人問題支援弁護団の調査報告書、脱会した方が良いって知ってるはずなのに・・・” の続きを読む


忌避されるよりも、忌避したい。エホバの証人断絶のススメ。

忌避されるよりも、忌避したい

エホバの証人の忌避とバプテスマとは

エホバの証人問題支援弁護団がまとめたエホバの証人による児童虐待の調査報告書より。忌避と児童期のバプテスマについて。

この辺りは、一般の人には理解できないところ。カルト教団にはカルトなルールがあり、それが信者を苦しめている。

簡単に言うと、忌避は家族をも切り裂くエホバの証人の教理。家族であっても脱会者を忌避して、信者のマインドコントロールを純粋培養する仕組み。忌避対象となる脱会者は、教団の公式なルールではバプテスマという洗礼の儀式を受けた者だけ。

エホバの証人が「家族が幸せになれる宗教です」とか言い出したら、忌避のことを尋ねればいい。少なくともエホバの証人にならなければ、家族内で忌避し合う事態など発生しない。

教団は、児童にもバプテスマを受けさせることを推奨している。判断能力のない児童に後戻りのできないバプテスマを受けさせるのは、忌避対象者となる可能性を高めることになる。報告書ではこの点も問題として指摘している。

あなたの家族生活を幸福なものにしないエホバの証人

忌避されるよりも、忌避したい

“忌避されるよりも、忌避したい。エホバの証人断絶のススメ。” の続きを読む


20年後、30年後の自分を考えると、現役エホバの証人は脱会一択

20年後、30年後の自分を考える

40代のエホバの証人、果たして社会復帰できるのか?

生まれつきのエホバの証人2世や3世だったという人。子どもの頃から宗教漬け。そして、今でも現役エホバの証人で、現在40代付近というのが、私の同世代。

私は、そういうお先真っ暗な人たちに、エホバの証人をやめろと言っている。

私の場合は、14才でエホバの証人をやめて自由になった。洗脳がとけたのは20才を過ぎてからで、いろいろと後遺症もあった。しかし、とりあえず14才以降は、生活の全般においてエホバの証人に縛られることは無かった。

この30年間の差、とりあえずエホバの証人から自由だった者と、そうでない者。20代、30代をエホバの証人として過ごした者とそうでない者の差。

30年という時の重み。

今まで、その重みをあまり実感せずに、「エホバの証人をやめろ」「エホバの証人はやめられる」と言ってきた。

子どもの頃からエホバの証人社会しか知らず、20代~30代もエホバの証人として過ごして、40才付近になった。それで、果たして、社会復帰できるのか?

とりあえず、怖いだろうとは思う。無知は恐怖だ。

ならば、知ればいい。

いきなりでなくても良い。エホバの証人をやめることを想定して、世俗のポジションを固めていく。経済的・精神的拠り所を、エホバの証人以外の世界につくる。

人生において不可能なことなんて無い。40代で引きこもりなんて人に比べれば、まだ生まれつきのエホバの証人で40代という人の方が社会復帰しやすいだろう。

この世を彷徨うエホバの証人たち、人生は今からでもやり直せる

20年後、30年後の自分を考える

“20年後、30年後の自分を考えると、現役エホバの証人は脱会一択” の続きを読む


まずは1ヶ月間、エホバの証人に会わないチャレンジを

まずは、1ヶ月間。エホバの証人に会わないお試しを・・・

崇教眞光、エホバの証人との類似点

『みんなの宗教2世問題』、1章「当事者たちのさまざまな声」。崇教眞光の2世脱会者の体験。

¥1,980 (2024/01/06 09:19時点 | Amazon調べ)

眞光という宗教では

三日間の初級研修を受講することで、初めて御み霊を拝受でき、これを首に掛けることで、人類で初めて一般人が手かざしという、神様の光を手から出すことが許されるとされています

「初級研修を受けた一般人」が、手から神様の光を出すことができるらしい。

これがエホバの証人の場合だと、

神から油注がれたと感じた信者のうち、教団内でうまく立ち回った米国系統の信者たちが統治体メンバーに選ばれる。統治体メンバーだけが神の言葉を伝達することが許されるとされている。

似たり寄ったり。

眞光では「神の御名を穢す」という教えがあり、眞光の組み手なのに、自分が不幸だということを一般の人に知られてはいけないというのがあります。簡単にいうと、手かざしがあるのに、なんで幸せじゃないのか、手かざしとか眞光ってインチキじゃないかって一般の人に思われただけで、「罪を積む」という教え

信者に対して情報統制を敷くのと同時に、外部に対しても真実が出ないように制御されている。やはり、エホバの証人と似たような感じ。基本は抑えているわけだ。

エホバの証人の場合は、当然「神の御名を穢す」のは罪なのだが、勝手に神の名を「エホバ」と騙っている時点で論外。まず組織として罪を背負っていると考えた方が良い。

エホバの証人も、ことさら自分が不幸だということを一般の人に知らしめるのは「ふさわしくない」と考えられている。簡単にいうと、真実が外部に漏れて、統治体とかエホバの証人ってインチキだと一般の人に気付かれる(大概の人は気付いているというか、相手にもしていないのだが・・・)のを防ぐため。

多くの場合、エホバの証人信者は家族を失い、人生を大きく損ねている。絶賛不幸のまっただ中なのだが、本人たちはそれに気付かない。

人間らしい心を失い、「エホバがー、エホバがー」を連呼。自身の圧倒的不幸な状況から目を背けている。楽園とか永遠の命、復活といった、ニセモノの希望に惑わされている。

『みんなの宗教2世問題』、宗教2世の肌感覚とは・・・

まずは1ヶ月間、エホバの証人に会わないチャレンジを

この眞光元2世信者が教団に疑問を持ったきっかけは

小さい頃から毎日眞光の道場に行ってたのを、ちょっとずつ減らしていって。まず二日に一回にして、三日に一回にして、一週間に一回、最終的に一ヶ月に一回だけ道場に行くように

したこと。

現役エホバの証人もこれがおススメ。

集会に行く回数を減らしてみる。Zoom参加を増やしてみる。隔週参加にしてみる。一ヶ月断ってみる。

「信仰が弱まるから、毎週参加するように」と教団側は指導しているが、教団の都合の悪い部分に、目ざめられるのを嫌っているだけ。信者のマインドコントロールが解けるのを防いでいるだけ。そもそも、

確信とか専心とか献身とか、大げさな言葉で信仰を表明させておいて、ちょっとやそこら集会参加を減らしたからって、信仰が揺らぐものか。その程度の信仰だったのか?

はい、まずは1ヶ月間、エホバの証人に会わないチャレンジを試してみよう。きっと心身ともに健康になるよ。


宗教の誤った指針に疑問を持つ。『宗教2世』の体験と回復

ときには他人の経験が癒しに

宗教ごときが、結婚とか人生に口出しするな

『宗教2世』、Session3-2から。『当事者たちは何を語るか?』。宗教2世の自助グループで語り合われたこと。

¥2,200 (2024/01/05 12:19時点 | Amazon調べ)

父からは、神の子である2世が、他の信者と結婚し、3世を産み、4世を産み、そうして正統な結婚を続けていれば成功、そうでなければ失敗と言われました

この無茶苦茶論を押し付けられたのが宗教2世。こういったバカげたことを自身満々に言うからにはキッチリ根拠を示して欲しい。

神の子って何だよ?その宗教的根拠は?そして、結婚相手を決め打ちするだけで成功できるはずがない。

宗教2世、3世、4世という悲惨な血統を残すことが失敗だろうに。失敗しているから宗教2世と、その親との分断が起きている。

根拠を示せと疑うことで、誤った宗教から自由になるきっかけになる。

この無根拠宗教親の話はまだ続く。

好きな人と結婚したいと言ったら、『おまえなんかを好きになる人がどこにいるんだ』と言われました

親が何をふざけたことを言っているのだろうか。親が子どもを好きに、愛さなければならないのに。

こんなことを子どもに言ってしまう時点で、その宗教の指針は誤っている。

好きな人と結婚することはタブー中のタブー

という宗教なので。間違った宗教であることは確実。

宗教ごときが、人の結婚とか、人生に口出しすべきじゃない。他人の人生になんの責任もとれないのに、容喙しかき回すだけ。こういった宗教は間違っている。

宗教の真偽論争とカルトの罠、宗教は人生のスパイスに過ぎない

脱会者との対話で得られること

“宗教の誤った指針に疑問を持つ。『宗教2世』の体験と回復” の続きを読む


脱会した宗教を、1ミリたりとも容認すべきでない理由

一切の容認の必要はない脱会宗教

脱会が必要になる宗教は、完全悪

『宗教2世』Session3、『語り合う2世たち』より。

脱会しても、一部の教えは、数十年と長いあいだ堅持されていて、「教えの良い部分は捨てる必要がない」と考える人もいます。それがマインド・コントロールの残存の結果なのかそうでないのかは、判断が難しい

こういった状態やもっとガチガチな現役信者でも、それがマインドコントロール下にあるとみなすか意見の分かれるところ。騙されているのか、思い込まされているか、信じ込まされているのか、はたまた思考を操作されているのか、呼び方の違い。

いずれにせよ、宗教の悪影響が残っているのは間違いない。

せっかく脱会したのだから、その宗教のことは全否定しておけば間違いない。

脱会しないといけないような悪い宗教なんて、たいていが全幅の信頼、妄信仰を要求してくる。そんな横暴な宗教に対して、脱会者側が一部譲って「良い部分がある」などと認める必要はない。

怪しげな教理を掲げておいて、全幅の信仰を寄せろという根本姿勢が間違っている。そんな奴らは1ミリたりとも信用できるはずがない。

元エホバの証人(JW)2世、今日も元気に闘います

教理に良い部分があるというのは、勘違い

“脱会した宗教を、1ミリたりとも容認すべきでない理由” の続きを読む


反エホバの証人右派の主張、ハルマゲドンが間違っている理由

反エホバの証人右派の主張

反エホバの証人右派の主張

『宗教2世』、Session2-4。『旧統一教会だけではない、「性」をめぐる差別』より。

¥2,200 (2024/01/05 12:19時点 | Amazon調べ)

性的マイノリティの権利を認めると、「家族や社会が崩壊する」というのも、右派からよく出てくる言葉のひとつ

これは無茶苦茶で、最大級の差別発言なのだが、反エホバの証人右派の私からよく出てくる言葉が、エホバの証人になると「家族が崩壊する」。私も似たようなこと言っていないかと、自戒してみる。

実際、我が家はエホバの証人になって家族が崩壊したし、両親がいまだ教団のマインドコントロールに囚われたままの人もいる。エホバの証人に関わると「家族が崩壊する」のは、一部では事実であろう。

やはり、家族を崩壊させる宗教など不要なわけで。この世界に、エホバの証人は要らない。これが反エホバの証人右派の主張。

元『宗教2世』の生き様、何者にも縛られずに生きる

エホバの証人のハルマゲドン教理が間違っている理由

“反エホバの証人右派の主張、ハルマゲドンが間違っている理由” の続きを読む


カルトに囚われていた時の延長線上、カルトの後遺症

カルトの後遺症

カルトに囚われていた時の延長線上に

『宗教2世』より。Session1-6。

¥2,200 (2024/01/05 12:19時点 | Amazon調べ)

旧統一教会から、脱会した後の話。やめた後、

教会への不信感はあったけれども、学んだこと、教義は間違っていなかったということで、婚前交渉に否定的であるとかは変わらなかった

これは旧統一教会の例だが、エホバの証人でもありがち。教理のあの部分は正しいとか、中の信者は良い人ばかりだとか。エホバの証人の一部を擁護しがち。

例えば、「輸血拒否は間違っているが、終わりの日は近い」とか言っちゃっう人。他にも「信者を忌避するのは間違っているが、結婚まで純潔を保つのは正しい」とか。「中にいる人たちは純粋な信仰を抱く良い人ばかりだ」とか。

これって全く学んでいない。1世信者ならカルトに堕ちた失敗、2世信者ならカルトで体験したことを、全く活かしていない。

カルトをやめたのに、まだ自分の頭で考えていないから、そんな結論が導き出される。カルトの後遺症とも言えるのだろうか。

自分の頭で考えて、教理を取捨選択しているつもりなのだろうが、それが甘い。取捨選択している情報が、結局カルトの中だけ。外もきっちり見ないと。そこで手を抜くと、カルトに囚われになっていたときと同じ。

カルトによって制限された視界でしかモノゴトを見れないから、自分の意思を持ちえない。カルトによってねじ曲げられた情報しか取り込まないから、自分の意思で行動を決められない。

カルトの教理の一部は正しいとか、信者に良い人はいるとか、そう言っている間は、まだカルトに囚われていた時の延長線上にいる。カルトの教理や信者は全部捨てて、ホンモノの世界を見ないと未来は開けない。また行動を誤ることになる。

『宗教2世』より、宗教2世が恋愛や結婚に際して抱える問題

さらなるカルトの後遺症とは

“カルトに囚われていた時の延長線上、カルトの後遺症” の続きを読む