エホバの証人(JW)の存在しない美しい未来は、日本から

日本のエホバの証人、停滞の理由

『近現代日本とエホバの証人』。第五章「忍従の時代」末尾部分。

日本のエホバの証人の歴史を世界本部の思惑、世界本部と日本支部・日本人信者との関係から追ってきた本書。そして、5章末尾で現在に追いつく。この後の歴史は、今を生きる我々が切り開くもの。

未来をどう描くか、本書による現状の分析がその材料となる。

日本のエホバの証人は明らかな停滞期にあり、ライフサイクルの最期。日本のエホバの証人の

教勢の停滞要因は、それまで集合的に成立していた個人レベルにおける<本部志向>が成立しなくなっている点にあった

エホバの証人の米国世界本部を絶対崇拝するという図式が、信者個人の我慢や好意的解釈だけでは守り切れなくなった。本書の指摘はざくっとこういうことだろうか。

私の意見では喰い散らかすだけ喰い散らかされて、日本という漁場が獲り尽くされたと考えている。カルト予備軍の人々、端的に言うと騙されやすい人、心に隙間を抱えている人、孤独を抱えている人。こういった人々がむさぼり尽くされた。

獲り尽くされた後は、あらたにそのカルト予備軍に加わる不幸な人々が漁場となる。しかし、その新規加入群を漏れなく獲ったところで、以前のような大漁は期待できない。既に取り尽くした後であるし、そして、そんなふざけたカルトに騙されない程に日本人が賢くなったから。

賢くなった。民度が上がった。そう表現すればいいのだろうか。インターネットという神の与えた賜物のおかげで、「エホバの証人」と検索すればトップページにカルトの文字が躍る。

アダムとイブが知識の実を食べて刮目できるようになったように、現代日本人の目は見開かれ、エホバの証人がカルトであると認識できる程には賢くなった。

エホバの証人からの脱会ステップ、認知的離脱と組織的離脱

エホバの証人の存在しない未来は日本から

本書では日本の比較的好ましい現状を、エホバの証人の世界本部視点から次のように書いている。

注目すべきは、世界本部がこの日本支部の状況を布教戦略の失敗とはみなしていないと考えられる点である。本来あるべき神の王国の代理組織を自認し、ナショナルな枠組を否定する世界本部は、世界全体の教勢拡大をもって、自教団が神に選ばれた経路である(神の祝福を受けている)ことの根拠として顕示することができる

日本漁場がいかに不漁であろうと地球単位で潤っていればいいということ。もはや日本市場は喰い散らかされた後。エホバの証人の世界本部目線では、停滞で御の字、激減してないだけマシくらいなのだろう。

事実、日本のエホバの証人数は停滞しているが、世界中で見るとおぞましい程に右肩上がりにエホバの証人が増えているグラフが本書には掲載されている。

また、日本市場は世界中のエホバの証人の宗教本の印刷工場になっていたり、金集めの拠点になっている。または海外に輸出される布教人員を排出していたり。

喰い散らかされた後は骨の髄までしゃぶられ利用される。蹂躙され凌辱され、最後は金づるにされると。それが日本のエホバの証人市場。これで良いのか日本人。

この本『近現代日本とエホバの証人』。この本にこれより先の未来が書き加えられることがあるならば、

「日本の元エホバの証人被害者から起こった反ものみの塔活動が世界的規模に拡大。世界の強勢に大きな影響を与え、少なくとも日本からエホバの証人と呼べる人々・組織は完全にいなくなった。そして、恐らく世界中でエホバの証人は同じ道のりを辿るだろう」

と。そんな美しい未来が書き加えられることを望む。


“エホバの証人(JW)の存在しない美しい未来は、日本から” への2件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください