エホバの証人の解放、極限状態とエホバの証人情報の遮断

極限状態とエホバの証人情報の遮断が解放へのヒント

昨日の記事で、エホバの証人を日本に持ち込んだ「灯台社」明石順三がものみの塔を見限った理由を考察した。その理由とは、極限体験とものみの塔情報の遮断。

明石の極限体験は思想犯としての収監。しかも大戦末期の混乱期。極限も極限。この極限体験中に「こんな目に遭うくらいならエホバの証人なんざまっぴらだ」となった訳ではない。

明石は日本のエホバの証人の活動の中心人物だった。周りを騙し、自分もまさに命がけでエホバの証人活動を行い信仰の陶酔の中心にいた。その状態で捕まり拘留。拘留中はお仲間の信者やエホバの証人情報から強制的に距離を置くことになった。

肥溜めの中にいて外にいる人間をそこに引きずり込んでいる間は、その臭いに気付かなかった。ところが逮捕され肥溜めを出て、今度は違う刺激臭のする場所に拘留された。

拘留中は肥溜めを思い描き、記憶の中のそのかぐわしい臭いを追い求める。一転、解放され待ちわびた肥溜めに頭からダイブすると「何だこれ?くっせー」となった。

極限状態で鼻をリセットするわけだが、リセット後もしばらくは元の臭いを与えてはいけない。エホバの証人情報は完全遮断。エホバの証人漬けになっていた状態をきれいさっぱり洗い流して、真っ白にする。心根までは変えられないもののエホバの証人欠乏状態にする。

その状態で解放された明石は、エホバの証人文書を読んで「何だ、この非聖書的な組織は!」となった。

エホバの証人の激安マインドコントロール

『マインドコントロール 増補改訂版』では以下のように書いている。

安っぽいマインド・コントロールの場合には、コントロールする側の作為が正体を現し、欺瞞の痕跡を残してしまう。そうした場合、いつか不信が芽生えた時、それが破れ目にもつながり、マインド・コントロールが解けてしまう

エホバの証人の教義は中学生程度の読み書きが出来れば矛盾だらけであることがすぐに分かる。聖書に「統治体を作れ」とは書いていないし、「ハルマゲドンの時期を予測する奴は偽預言者だ」と書いてある。エホバの証人の統治体こそが偽預言者なのは明らか。

それらに目をつぶり、「エホバの証人の宗教本に書いてあることは解き明かされつつある真理なんです。人間の統治体が間に入るので真理の解釈が間違うことがありますが、信じていれば間違いありません」

この詭弁だけで信者を従わせようとする抜群の安っぽさ。エホバの証人の自称「真理」が間違いない証拠もなければ、人間統治体を経由しなければならない必然性も証明されない。真理なのに間違うことがあり真理がコロコロ変わるその心は?

マインドコントロールを維持するための方法も拉致監禁とか荒っぽい周到なものではない。インターネットや世間に出回るエホバの証人にとって都合の悪い情報を禁止するだけ。

禁止といっても強制力のある方法ではない。それら有害情報はサタンの罠だと恐怖心を煽るだけ。万が一に目にしてもサタンの罠でエホバの証人を「騙す」ための嘘情報だと「騙されて」いる。

こんなにユルユルの激安マインドコントロールから抜けられないのはもはや信者の個人的な素養によるのではないかとも思うのだが、明石の場合はエホバの証人の教義の大矛盾という痕跡が、安っぽいマインドコントロールの破れ目となった。

この破れ目に至るきっかけ、「極限状態とエホバの証人情報の遮断」を現代日本でいかに再現するか?この点を明日の記事で。


“エホバの証人の解放、極限状態とエホバの証人情報の遮断” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください