エホバの証人をやめると健康になれる話

人生を切り開く生き方とは

旅先で体調を崩した話の続き。体調を崩す直前にとある大きな寺院に参拝していた。参拝というか、私は古い建物を見るのが好きなので、ほぼ観光。

その後、ホテルで発熱して天井がグルグル回っているときに、ふと思う。

「この熱の原因は、最後の賽銭箱に100円入れるのケチったからか?バチが当たった?目の前にありがたそうな像がご鎮座していたしな・・・物珍し気に眺めて、帰ってきただけなのが不味かったか・・・」

体調が悪いと、血迷った発想をしがち。

「待てよ。待てよ。他の賽銭箱には大概100円ずつ入れたし、都度、ここに来られたことのお礼を述べてきた。充分だろ。待て待て、最初に拝観料800円払ってんじゃんかよ」

こいつは関係ないな。ご利益あれど神罰あってたまるもんかと。

翌日、医者に行くと、原因は数日前に食べた鳥刺しが濃厚と言われる。

やはり病気には宗教より医学。

人生においては、霊的なものより物質的な課題を考えるのが先。目の前の物質的な課題を淡々とこなした上で、神仏にすがるのが人間の筋。「困った時の神頼み」でなく「人事を尽くして天命を待つ」が人生を切り開く生き方。

エホバの証人をやめて健康になったと病人が言う

子供の頃、夏休みの都度、大病を患っていた。エホバの証人をやめて、どんだけ健康体になったものだと、今は病んだ身体をいたわりながら思う。(とはいえ、天井グルグル日から4日経過でほぼ全快か・・・ずって寝ていたから腰が痛い)

丸々2日も寝込んだのは4年ぶり。現役エホバの証人二世だったときはその程度は3カ月おきくらい。さらに夏休みには長期入院したり、休み中はほぼ毎日伏せる事態に。

エホバの証人の子供の夏休みは、四六時中布教活動に連れ回される。エホバの証人は布教活動時間が会員ランクみたいになっている。当時、私の母は最高ランクの正規開拓者という伝道者だった。

当時の正規開拓者の伝道時間は年間1000時間、月平均90時間が目安となる。私も夏休みになるとこの90時間に付き合わされることになる。炎天下の中を水筒を持って歩き回る。見知らぬ家の呼び鈴を次から次へと鳴らしカルトの布教を行う。

これが子供の私にとってストレスだった。この不毛、いや有害な活動に従事するのが嫌で体の方が悲鳴を上げていた。そのため、子供の私は夏休みの都度、何らかの大病をして入院だったり、自宅での長期療養となった。

エホバの証人をやめたおかげで、今がいかに体が健康かと。精神が健全だと(健全までいかなくとも不健全でなければ)、身体も健康になる。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください