自殺好きなエホバの証人

エホバの証人が輸血拒否する理由

両親は熱心なエホバの証人で私も物心ついたときには既にエホバの証人2世として育てられていた。その子供の頃に腕を骨折したことがあった。今から30年も昔の話である。小学校に入る前のことだ。その骨折の手術に輸血が必要になった。

ものみの塔協会は信者のエホバの証人に輸血を禁止している輸血イコール排斥処分となる。排斥とは破門のようなことで排斥処分となるとエホバの証人社会では村八分状態になる。エホバの証人が輸血を拒否するのはものみの塔協会が輸血を禁じているからである。ものみの塔がなぜ輸血を禁止しているかと言うと聖書に動物の血を食べてはいけないと書かれているからである。

これは主に旧約聖書に書かれている事項である。ものみの塔協会は神とイスラエル人との古い契約を現在の現実に強引に当てはめているのである。動物の血を食べる、血抜きをされていない生肉を食べるということは紀元前の人々にとってある種致命的なことだった。

現在のような冷蔵保存技術や食肉の加工解体技術がないのである。食中毒で一族全滅という事態も充分にありえた。”無駄死に”を防ぐための施政的な決まりである。日本でも明治時代までフグを食べなかった。そんなレベルの話なのである。その食血という概念を何処までも厳格に解釈してものみの塔協会は医療輸血も禁止してしまったのである。

“自殺好きなエホバの証人” の続きを読む


エホバの証人2世の自殺

エホバの証人の子供が病弱な理由

小学校に入る前のことだが熱心なエホバの証人だった両親によって私は毎日のようにものみの塔協会の伝道活動に連れ回されていた。ある日の伝道中に私はふとしたはずみで手を怪我したことがあった。両親と一緒に伝道をしていたのだが私を渋々病院に連れて行ってくれたのは母親だけだった。父親は伝道中のエホバの証人のリーダー的な存在だったのでその場を離れることが出来なかったのである。

父親が病院について来てくれなかったことはどうでも良く、このときの私は全く別のことを考えていた。怪我をしたら伝道奉仕活動をしなくて済むということに気付いたのである。むしろこれをラッキーだと捉えていた。私にとって自分の体が痛めつけられることよりもエホバの証人的活動をしなくて済むということが喜びだったのである。

考えてみるとこのとき以降、私は良く熱を出すようになった。単純な風邪であることが多かったのだが熱を出せば伝道奉仕活動に出かけなくて済む。王国会館で行われる集会にも行かなくて良い。

夏休みの度に肺炎になったり盲腸になったりして長期入院することにもなった。これも当時の私としては夏休み中に正規開拓奉仕者ばりに伝道奉仕活動をさせられるという拷問から逃れることが出来てラッキーだったと言えなくもない。至って健康だった私だが無意識化による抵抗でエホバの証人の活動から逃れていたのである。

“エホバの証人2世の自殺” の続きを読む


遅すぎることなどないカルトからの脱出

絶望からの一歩

エホバの証人をやめる過程で家族が崩壊した私の父親は家を飛び出して国内を放浪していた。夜の防波堤での無意識下での自殺未遂に続き、私の父親は国内を彷徨う日々の中でも無一文になって死ぬということが出来なかった。しかしそんなぎりぎりの生活がたたって高熱を出して倒れ、本当に死にそうになってしまったという。生きたいという人間本来の無意識の欲求と死んでしまいたいという絶望が父親の中で交錯していたのである。

現在の父親はその病気の時に知り合い介抱してくれた女性と一緒に暮らしている。その女性は当時すでに夫と死別していたそうだ。その女性の子供の一人に警察沙汰になるような悪い友人と付き合いがあり、それを断ち切るために私の父親は奔走したという。

エホバの証人の長老は会衆内の信者の個人的な問題を本質的に解決することは出来ない。私の父親もそうだった。エホバの証人の組織に殉ずる長老のような”特権”階級は上からの”内密”文書の指示に従順に従うだけなのだ。会衆内の信者一人一人に対して生身の人間として接することが出来ない。

“遅すぎることなどないカルトからの脱出” の続きを読む


エホバの証人が知らない人生の真理

エホバの証人をやめたパチンコ好きな親子

私の父親はエホバの証人をやめて母親と離婚し家を出たあと、あてもなく放浪したという。ひたすら西へ向かい九州にまで流れ着いたそうだ。所持金はほぼ無くなり、何も食べられず泊まる場所も無くもう死ぬしかないというところまで至った。そして、最後の金でパチンコ屋へ入る。このあたりが親子なのかも知れない。

私もこの父親との再開の数年前、新卒で入社した会社を5年勤めて退社し本気でパチプロになろうとしていた。エホバの証人という世間的には無謀とも思える生き方をしている人を何千人も見てきて、人は何とかして喰っていくくらいなら出来るということが分かっていた。エホバの証人2世として生まれてしまった私の生は、どうせろくなモノではないのである。今さら世間的な地位や名声などを必死に追い求める気にもなれなかった。

これがエホバの証人を激烈な意思でやめたものの、そんなにすぐハルマゲドンが来るわけではないと洗脳が解けたエホバの証人2世の適当な生き方である。しかし私の父親は洗脳が解けて何もかもが取り返しのつかない状態であることを悟り、死ぬ気でパチンコを打っていた。

これは私がフラフラとセミプロからパチプロに転身しようとしていた頃のことだろう。私の適当さ加減ではセミプロ時代のように勝ち続けることは出来ず、半年ほどでまた仕事を再開せざるを得なくなった。この世間に依存しないアウトローな生き方はいかに反エホバであるかという私がこのときに追い求めていた生き方にマッチしていたのである。

“エホバの証人が知らない人生の真理” の続きを読む