エホバの証人2世の小学校生活

灰色の小学校生活

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学校高学年になるとこの自分の状況が圧倒的に不運であると思い始めた。エホバの証人2世である限り、明日は何ら楽しみでなく日常の景色は灰色だった。

2日か3日おきに抜群に退屈な王国会館での集会がある。この日の放課後は友達と遊ぶことは許されない。集会の予習をしなければならないからだ。この集会では1ヶ月に1回程度の間隔で割り当てというものが回って来る。神権宣教学校というものみの塔協会の教育プログラムに従い自分で考えた5分程度の話を大勢の信者たちの前でしなければならない。この準備も大変だった。

集会の日は友達と遊ぶことも出来ないし、集会の無い日でもエホバの証人でない友達と遊ぶことに対して親は良い顔をしなかった。集会の無い土曜日も学校が終わった午後になると野外奉仕活動と言われるエホバの証人の布教活動に出なければならなかった。

私が小学生の頃は土曜日の午前中はまだ学校があった。途中で学校も完全週休二日制になったのだが、私にとってはこんなものは嬉しくも何ともなかった。結局はこの野外布教活動に参加しなければならない時間が増えただけだった。楽しみなど何もない小学校生活だった

エホバの証人の子供の体罰からの卒業

“エホバの証人2世の小学校生活” の続きを読む


エホバの証人2世の子供の不幸

体罰と愛情と恐怖による洗脳による強制

田舎へ引っ込んだ両親はますます熱心にエホバの証人の活動に集中するようになった。父親は会衆の長老になり母親は正規開拓者として熱心に伝道活動に従事していた。私もそれに引きずられてエホバの証人2世として集会や伝道などものみの塔協会の活動を中心とした小学校高学年を送ることになった。もちろん強制的にである。

内心、嫌ではあったが小学生だった私が親に抵抗する術は無かった。兄弟もおらず両親ともにエホバの証人だったので、今日だけは集会に行きたくない、そう言い出すことすら出来なかった。待っているのはこらしめという名の体罰である。体罰も理由の一つではあったが洗脳状態の両親からですら愛情を得なければ物質的にも精神的にも生きていけないという要因もあった。

また、物心ついた頃からものみの塔協会に洗脳された影響も非常に大きい。天にはエホバという絶対的で愛に溢れた許しの神がいるのだが、彼のその許しの精神も間もなく限界に達し、自身の創造物全てを一旦焼き尽くそうとしている。その大患難を生き残るためには、しこしこと王国会館での集会に通い続け、終わりの日が近いと伝道して回らなければならない。私はそう信じ込まされていた。

田舎のエホバの証人の子供の不幸

“エホバの証人2世の子供の不幸” の続きを読む


田舎へ引っ込む理由はものみの塔という偶像のせい

田舎暮らしのエホバの証人

小学校4年生になるときに私の一家は北陸の田舎へ引っ越すことになった。両親双方が北陸出身だったので、両親それぞれの実家の間に引っ越すことになったのである。両親は私が多感な少年期を迎えて都会にいるとこの世”の誘惑に晒されるという思いもあって田舎に引っ越すことを選んだようだった。

これが良かったのか、悪かったのか、私は10代半ばになると見渡す限り田んぼしかないこの田舎町が大嫌いになった。こんな所を離れたいという思いも相まって、エホバの証人を絶対に止めて親元を離れるのだという強い決意の元となった。小学校4年生の時の引越しが、私が14歳になるかならないかの時にエホバの証人を止めることが出来た原因の一つでもあった。

確かに元住んでいたわりと都会と言える地域のエホバの証人の子供たちはもうちょっと大きくなってからエホバの証人を”やめた”、組織から”離れて”いたというイメージがあった。

幼児に性的虐待を行っているエホバの証人

“田舎へ引っ込む理由はものみの塔という偶像のせい” の続きを読む


苦痛に満ちた少年時代

エホバの証人2世が初めて気付く違和感

私は小学校に入る1986年に1度目の引越しをすることになる。エホバの証人の会衆は変わらず小学校が隣の校区へ変わるだけだった。エホバの証人2世の子供は幼稚園や保育園といった幼児教育を受けないので仲の良い友達との別れというようなものは無かった。

そもそもエホバの証人2世の幼児にとってはエホバの証人の世界がほぼ全てである。引越しした先で小学校に入学した私は初めてエホバの証人以外の社会に触れることになった

引っ越す前に同じアパートに住んでいた男の子が地元のお祭りに行こうと”はっぴ”を来て誘いに来てくれたことがあった。お祭りは突き詰めると八百万の神々に対する感謝の行事なので異教のものとしてエホバの証人にとっては禁止事項である。私は母親に遮られてお祭りに行くことは出来なかった。

この時に感じた違和感を小学校生活では常に味わうことになる。この違和感に気付いたときはすでに遅すぎた。両親は後戻り出来るような健全な脳の状態をしていない。完全なものみの塔協会のマインドコントロール下に置かれていた。子供の私が何を言っても始まらない。待っているのはこらしめと呼ばれる体罰である。

“苦痛に満ちた少年時代” の続きを読む


生まれて最初の記憶

最初で最後のバースデー

私が生まれたのは1980年である。両親の長男として普通の家庭で育てられるはずだった。しかし両親がものみの塔協会という新興宗教に献身(完全に入信してしまうようなもの)してしまうという不運に見舞われ過酷な前半生を送ることになった。

私は生まれながらにしてエホバの証人(ものみの塔協会の信者のこと)の2世(親がエホバの証人である子供)として育てられたと思い込んでいた。しかし最近発見した私が生まれた年のアルバムにはケーキにロウソクを立てて私の1歳の誕生日を祝っている家族の姿が写っていた。

ものみの塔協会は誕生日を祝うことを禁止しているので、私が1歳のときには両親はまだエホバの証人では無かったことになる。この前後の私が物心つく前に不幸の伝道者が我が家を訪れ両親をものみの塔協会に入信させてしまったのである。

この頃住んでいたのは名古屋市に近い街で都会の田舎という雰囲気のある場所だった。名古屋の市街地までは車ですぐだが自宅の周辺には大きな川があり田畑があり公園もある。コンビニやスーパーマーケットも家からすぐの場所にあるという住みやすい郊外都市だった。

“生まれて最初の記憶” の続きを読む


体罰全面禁止の国のエホバの証人

体罰の悪影響

体罰は身体的な痛みだけでなく精神的な痛みを伴う。みじめさや恐怖心は子供の心の成長に悪影響を及ぼす。これは科学的な調査によって明らかにされている。アメリカ合衆国で2002年に発表された体罰の研究成果がある。

体罰を受けて育った子供は、その時には親の言うことを聞くという一時的「効用」があるが長期的には

  • 攻撃性が強くなる
  • 反社会的行動に走る
  • 精神疾患を発症する

などの副作用があることが分かっている。

これはまさにエホバの証人2世としてこらしめというを暴力を振るわれて育った私にまさにあてはまっている。精神疾患は辛うじて免れていると思いたいが、私は攻撃性の強さと反社会的行動で20代を走り抜けてしまった。

体罰を受けて育った子供は言葉や社会性の発達にもはっきりと遅れが見られるのである。体罰には良いことなど何もないのだ。日本は違うのだが体罰を法律で禁止している国が世界に52ヵ国もある。

“体罰全面禁止の国のエホバの証人” の続きを読む


決して許されないエホバの証人

エホバの証人2世の処世術

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられ、14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめた。そして高校へ入学する。この学校を卒業したあと偶然同じクラスにいたエホバの証人2世と同じ会社に新卒で入社することになった。

高校とその上級課程の計5年のあいだ同じクラスで、なおかつ同じ会社に新入社員として入社したのである。その同期のエホバの証人2世は3年ほどで会社を辞めて行ってしまったのだが、彼の退社の折りに2人で飲みに行った。しかし結局エホバの証人のことは、そのときもそれ以降もそれ以前も話さず仕舞いだった。

そしてこの時から10年以上ものあいだ現在に至るまで音信不通である。エホバの証人であるというカミングアウトやその後の深い付き合い、そういった密接な人間関係がエホバの証人2世は何より苦手なのである。知っているけど知らないふりをしたり見ているけど気付いていないふりをしたり、逆にうわべだけで上手く取り繕う人間関係が得意なのである。

“決して許されないエホバの証人” の続きを読む


根幹がエホバという虚しさ

エホバの証人2世のレク

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人で子供の頃から厳格なものみの塔協会の教義を適用されて育てられた。ちょっと遊びに外に出かけたいと言っても今日はエホバの証人の集会があるからダメ、一緒に遊びに行く友達がエホバの証人にとって”ふさわしくない”場合はNGとなる。

このふさわしい、ふさわしくないは親の主観である。近所で札付きのワルとかになるとエホバの証人的には絶対にNGである。エホバの証人の子供は”模範的”でなければならないと育てられるので、ものみの塔協会の規範だけでなく世間的に見てもお利口でなければならないのである。エホバの証人は自分たちの組織に属していない人々をこの世”の人々と、蔑み憐れんでいる。その”この世”の規範に外れているなんてエホバの証人的には有り得ないのである。

私はエホバの証人2世としてちょっと外へ遊びに出るにも制限のある子供時代を過ごした。半年に1回の野外集会、たまにある奉仕活動のあとのリクリエーションが公式に遊ぶことが許される機会だった。1980年代のエホバの証人は何故か遊興のことをリクリエーションだとかレクリエーションという呼び方をしていた。現在でもそうなのだろうか。起源がアメリカ合衆国にある新興宗教だからだろう。英語の出版物をよく考えずに訳しているのでこんな不自然なことになるのである。

“根幹がエホバという虚しさ” の続きを読む


エホバの証人2世の希望

エホバの証人2世の希望と決意

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。10歳を過ぎた頃にエホバの証人をやめたいという漠然とした願いを抱き始めることになる。ものみの塔協会の禁止事項の多い教義と熱心なエホバの証人だった両親から自由になりたかったのである。集会や伝道奉仕活動に自分の時間を割かれるのが嫌でたまらなかった。

独立して親元を離れれば多少は自由になれるしそれまでの辛抱だと思っていた。1人で暮らすようになればエホバの証人をやめる前だとしても何でもやりたい放題である。王国会館に通うことやものみの塔協会の勧誘活動、エホバの証人そのものをも親元を離れればやめやすいだろうと思っていた。いつかエホバの証人をやめるという希望だけが10歳を過ぎた頃の私にはあった。

しかしこの脱エホバの時期を大きく前倒しにするきっかけとなったものがある。14歳から16歳にかけて私がサッカーに熱中することになったのだ。これがエホバの証人を今すぐにでもやめるという決意の理由になった。グダグダ王国会館に通っている時間があればサッカーの練習をしたかったのである。

“エホバの証人2世の希望” の続きを読む


ベテルという墓場

エホバの証人2世にとってこの世は地獄

私は物心ついた頃に母親によって王国会館へ連れて行かれ始めた。当初、子供の私は王国会館で行われるエホバの証人の集会を拒否してぐずっていた。しかし父親まで一緒に王国会館へ行くようになり私も集会の間はおとなしくしているしかなくなった。

ちょっとでも静かにしていないとこらしめの行われる部屋へ連れて行かれしこたま痛い目に会うのである。パンツを脱がされ声を上げて泣くまでは必ず叩かれる。その後で集会場に戻り周囲の痛い視線を浴びるのは子供ながらに自尊心が傷つけられた。

エホバの証人2世の子供が何らかの自分の欲求を主張したとしよう。そのときにエホバの証人の両親は子供の欲求がものみの塔協会の教義に沿っていない場合はそれを力ずくで矯正する。強引に強制的にその修正は行われる。それが親の責務だと信じ込んでいるのである。エホバの証人2世の子供には手痛い体罰が待っているので、彼らはすぐに自分の希望を口にすることをやめてしまう。

それでも子供がその要求を曲げなかったとする。その場合は子供が悪魔サタンの誘惑に負けていて、子供の行為は悪魔の行為と同等であるとさらに強烈なこらしめを行うのである。懲罰の度合いはどこまでも増していく。子供が最後まで折れない場合はやがては子供を死に至らしめるだろう。

子供が伸び伸びと成長できる環境などエホバの証人の家庭には存在しない。現実の死を与えるか自由を奪い精神的な死を与えるか。エホバの証人の子供にとってこの世界は地獄である。

“ベテルという墓場” の続きを読む