エホバという猛毒

辛く悲しいエホバの証人の神権家族

私は生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。私の家庭はいわゆる神権家族だった。神権家族というのはエホバの証人組織の中での呼びかたである。両親ともにバプテスマを受けて兄弟姉妹と言われていて、子供たちも当然のように信教の自由を保障されることなくエホバの証人2世として育てられている家庭である。

片親だけがバプテスマを受けていてその子供である2世もバプテスマを受けていても、もう片方の親が未信者である場合は神権家族には該当しない。神権家族であり父親が長老だったので私は会衆内での立場も子供ながらに優遇され一目置かれていた。しかしその当時にはそういう意識はなかった。

中学生になったときに神権家族でない同級生のエホバの証人2世が先にバプテスマを受けた。私の両親は口には出さなかったものの私にも早くバプテスマを受けてものみの塔協会に献身して欲しいという思いがあった。その同級生の親のことを羨んでいた。しかし私はこの頃には既にいかにして早くエホバの証人をやめるかということを考えていたので全くプレッシャーなどは感じなかった。しかし親の期待や希望に沿えないということが10代中盤の私にとっては辛く悲しいことだった。





エホバの証人の同級生

私がエホバの証人をやめたのは中学2年生の時である。その頃同じ中学校の同学年にエホバの証人2世の子供が私以外に2人いた。私は両親ともがものみの塔協会に献身していて父親は会衆の長老で母親は正規開拓者という筋金入りの神権家族のエホバの証人2世だった。

他の同級生2人の話である。1人目は母親がものみの塔協会に献身していて父親がいない母親だけの片親家族、この子が後に私がエホバの証人をやめる前に献身してしまった2世である。今となってはシングルマザーというのも珍しくはないのかも知れないが20年ほど前の田舎だと1学年に1人いるかいないという不遇さの象徴だった。こういった自分は不幸だと思い込んでいる人間がカルトの罠に陥りやすいのである。

もう1人の同級生は母親だけがバプテスマを受けていて父親はエホバの証人に対して多少理解があるが集会などには全く参加しないというタイプの家庭の2世だった。その父親にしてみれば妻が新興宗教に狂っているのは面白くないのだが子供たちが人質にとられてしまっているので仕方が無く理解があるふりをしていたのである。

こう考えてみると我が家でもそうだったのだがまずは母親がものみの塔協会の毒牙にかかる。その後で子供が媒介してエホバの証人という猛毒が家族中を循環し家庭を滅茶苦茶にしてしまうのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。