エホバの証人とドラッグ

エホバの証人の話のすり替え

私が子供の頃に好きだったプロ野球選手が清原和博だった。これは1980年代のことである。ちなみに中学生の頃はチャゲ&飛鳥が好きだった。これが1990年代になる。初めて買ったCDは槇原敬之の『冬が始まるよ』だった。このシングルCDをヘビーローテーションで聴いていた結果、エホバの証人の長老だった父親にCDケースごとへし折られてしまった。

エホバの証人にとって”ふさわしくない”音源を繰り返し何度も聴くことは許さないということだ。父親にしてみればエホバの証人の活動をおろそかにする原因となるものを取り除いたつもりだったのだろう。不条理極まりない出来事だった。おこずかいをきっちり貯めて始めて購入したCDがたった数日で割られ捨てられたのである。

怒りに任せて子供が現状では一番大切にしているものを力任せにへし折ってゴミ箱に捨てる、これがクリスチャンの長老の行いと言えるだろうか。こう言うとエホバの証人はキリストも神殿で商いをしていた者に対して激昂したことがあったという話を持ち出す。

自分の子供に対する接し方についての話なのに、神を敬う行為のためならば怒りを前面に出すことも問題ないという話にすり替えられてしまうのである。これはエホバの証人特有の論理である。何でも自分たちに都合の良いように話を解釈するのだ。ものみの塔協会のトップである統治体は話のすり替えや意図的な局部的引用を繰り返し行う欺瞞的体質を持っている。この確信犯の悪癖がエホバの証人の末端信者にまで影響している。





エホバの証人2世の感覚

私が子供の頃に好きだった有名人には共通点がある。野球の清原、歌手の槇原敬之と飛鳥涼、彼らは後に覚醒剤絡みで起訴されたり逮捕されたりという運命を辿ることになる。これは私が生まれながらのエホバの証人2世であったことと何らかの関係があるのだろうか。ものみの塔協会の厳格な教義によって抑圧を受けていた子供の私がエホバからの解放を望み気に入った著名人たちである。

その有名人たちは後年、ドラッグという日本国内では道を踏み外す行為へと走ってしまった。エホバの証人2世だった私の趣味嗜好について何らかの示唆があるように思えてならない。何らかの衝動を抱えている者たちの間で相互に響くものがあったのだろうか。どちらにせよそれが素敵な衝動でないことだけは確かである。何年後かに逮捕されたり起訴されたり一家離散したりということは無いに越したことはないからだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。