エホバの証人の呪い

エホバの証人だったことで失われたモノ

私は生まれながらにしてエホバの証人2世だった。両親は熱心なエホバの証人で子供の私はものみの塔協会の教義に厳格に従って育てられた。14歳のときに私は自分の意思でエホバの証人をやめた。両親はその後もしばらくエホバの証人として活動を続けていたが先に父親がエホバの証人をやめることになる。母親がエホバの証人をやめるまでに父親は家を飛び出し両親は離婚に至った。

父親はそのまま家に戻らず現在に至る。私は20歳を過ぎた頃には実家を出て一人暮らしをしていたのだが、両親が離婚したことで母親と二人で住むことになった。これは母親の要望である。実家のあった田舎に住むのは私としては懲り懲りだったので、一応は県庁所在地である地方の中核都市で母親と暮らすことになった。この頃には私の母親もやっとエホバの証人をやめていたのである。

こうして私は家としての実家を失った家族という意味でもいつでも戻れるような実家を失った。そんな実家を持たない人も多く世の中には存在する。20歳になるまで両親と一緒に暮らしていたということだけでも恵まれていたとも言える。しかし日常的に手にしていたものをある日突然に失ったのである。20代前半の私にとってこれは大きな意味を持つことだった。





エホバの証人という浪費活動

この失われた実家は私の父親が私の祖父に買って貰ったものである。父親にとっては実の父親にあたる。せっかく私の祖父に買って貰った家だが空き家となってもう15年近く経つ。両親は離婚し私も田舎に引っ込むのはもう懲り懲りなので放置されているのである。

この空き家を処分するために私は久しぶりにこの実家に帰ったのだった。この家にはエホバの証人2世としての苦い思い出しかない。私がここに住みたくない理由の一つがエホバの証人2世だったことをどうしても思い出さざるを得ないということである。

また付近は絶望的な田舎で住民のほぼ全員が顔見知りである。私の一家はエホバの証人一家として変質的な有名人になっている。こんなところでカルトをやめてまた戻ってきましたとやり直す気にはなかなかなれない。

何百万円かで購入されたこの家は無用の長物と化したのだった。私の一家がエホバの証人として過ごし会衆の群れの集会まで開かれていたこの家は時間と金と土地の浪費の象徴である。エホバの証人一家が住んでいて一家離散したという呪い付きのお化け屋敷状態で今まで放置されていたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。