カルトの証人

宗教に奉仕するエホバの証人

ものみの塔協会の教義を第一に考え最優先事項に置く。これがエホバの証人のそもそもの間違いなのだ。宗教は癒しや慰めであったり道筋を示すものであったりそんなものでしかない宗教は人のためにあるものなのである。人が宗教に仕えるのではない。宗教が人に奉仕するのである。宗教を人間よりも上位に持ってくるとおかしなことになる。日常生活や人生を投げ打ってまで宗教活動に従事しなければならなくなる。

それは宗教を生業としている人だけに必要なことなのだ。代々の神官であるとか僧侶として出家したとかそういった人々である。我々のような宗教的素人が何らかの宗教や神にのめり込み過ぎるのは良くない。

宗教と日常生活とのバランスを崩し最大限に宗教への前のめりを要求してくるのがカルトでありその先には必ず破滅が待っている。精神の荒廃、家族の崩壊、経済的な損失も計り知れない。何ごとにもバランスが重要なのだ。エホバの証人は聖俗のバランスを一切認めない。俗っぽいものの全てを完全悪だとしているのである。

エホバの証人はどうせハルマゲドンでこの世の全ては無に喫するのだと洗脳されている。そして多額の寄付をものみの塔協会に捧げ無意味に質素な生活を送り、最後には経済的に破綻を生じる。いつまでもハルマゲドンが来ないからだ。そして悲嘆にくれた家族は崩壊に至る。

エホバの証人というカルト宗教

エホバの証人としての洗脳が進むと社会的ルールよりものみの塔協会の戒律や主張を優先するようになる。この反社会的であるということがカルト宗教ということなのである。エホバの証人は神権的戦術と称して神の是認を得ているという仮定のもと平気で偽善的な行動をとる

エホバの証人はものみの塔協会の布教活動で来ましたとは伝道奉仕の際には言わない。ボランティア活動で来ましたと言葉を濁すのである。エホバの証人の大会で学校を休むことが先生に認められなければ、親は風邪を引いたとでも電話してエホバの証人の子供を休ませる。こういった行動がエスカレートしていくと何をしでかすか解らない。これがエホバの証人がカルト宗教である理由なのである。

そもそもエホバの証人が神の是認を得ているというのは勝手にものみの塔協会が主張していることである。元を正すとものみの塔協会の言う神エホバというのも彼らが勝手に造り出したものである。ものみの塔協会は架空の存在と全くの勝手な思い込みを盾にして自分たちの偽善的行為を正当化しようとしている矛盾を抱えている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。