エホバの証人の性技

エホバの証人の夫婦間での性行為

ものみの塔協会の特殊な教義は夫婦関係にも大きな影響を及ぼす。エホバの証人は過度の欲望を追い求めることを禁止されている。性欲についても当然である。夫婦間で行って良いセックスの種別について規定されているくらいである。

ものみの塔協会の教義では性行為に口や肛門を使うのは不自然で性欲に溺れている異常状態なのでNGということになっていた。これは例え夫婦間の合意があっても許されないのである。これは私がエホバの証人2世だった20年も前の話なので、今では口を使うくらいは解禁されているのかも知れない。ものみの塔協会の教義の細則は結構変わるのである。

ものみの塔協会の出版物はニューヨークのブルックリンで原本が製作され、それが各国で翻訳されて出版される。この頃の日本語訳の出版物ではアナルセックスのことを”肛門セックス”と訳されていた。子供ながらに何のことだかと不思議に思ったものである。

王国会館の集会では多くの信者たちの前でその”肛門セックス”というワードが声に出して朗読されたり、手を挙げて”注解”として発言されたりするのである。中にはうら若い女性の信者も混じっており、どんな表情をしていたのか、今となっては思い出すこともできない。完全に狂気の世界、常軌を逸している。これがマインドコントロールの恐ろしさなのだ。





聖書に肛門や口をセックスに使ってはいけないと書いてある訳ではない。ものみの塔協会の出版物の執筆を担当している欲求不満の信者が、変態的に下層の信者へ強制しているだけなのである。夫婦の寝室にまで入り込み使用して良い性技の種類を限定するというデリカシーの無さには呆れるばかりだ。

夫婦双方がエホバの証人信者であった場合、夫婦間での性行為に関する前提は欲望に溺れないということになる。片方が物足りなさを感じることも当然ある。片方が信者でない場合はもっと問題である。相手のエホバの証人的には過度と思える要求に応じることは出来ない。さらには禁止されている行為に関しては拒否するしかない。これは離婚の決定的な理由になることもある。

 

エホバの証人2世の性欲

エホバの証人は性欲に溺れることが禁止されている。これは男性の2世信者にとっては究極の問題である。公式に”結婚を前提として”付き合っている2人なら手をつなぐのはOK。しかしその前に適切なグループでの交際期間を経なければならない。キスは婚姻直前になればたしかOK、ただペッティング、セックスは結婚後までは絶対NG、結婚しても口での性行為はNG、アナルなんてもってのほか。そんな細かいNG技の種類まで幼い頃から教え込まれているのである。そして一番の大問題となるのはマスターベーションが禁止されていることである。当然ポルノ雑誌やビデオなども禁止である。

年頃になれば普通にしていても爆発するかのような性欲を感じるのに、付け加えて潤沢な性に関する知識を必要もない小さな頃から埋め込まれているのである。結婚するまで完全にマスターベーションを我慢し続けることなど不可能である。ものみの塔協会の出版物にある性に関するページの挿絵や写真、文章でも興奮してしまうほどに性欲が限界にまで達しているのだ。こうしてエホバの証人2世は信者の親に隠れて、しかし神には見られているという罪悪感にかられながら日々マスターベーションに走るのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。