エホバの証人2世の異常な性欲

禁止されているエホバの証人2世の子供の恋愛

小学校6年生の頃に私には好きな女の子がいた。周りの噂ではあっちもまんざらでもないということだった。しかしエホバの証人2世として育てられていた私には、異性との交際が許されるはずもなく手の施しようがなかった。相手をエホバの証人の信者に引きずり込み、お互いに献身してから清い交際関係を経て結婚、それからやっとことに至ることが出来るのである。小学生の私にはあまりにも果てしなく長い道のりだった。

そもそも好きな女の子をエホバの証人の世界に引きずり込むなんていうことが出来るはずがない。私はエホバの証人2世として悲惨な少年期を過ごしていた。好きな女の子を同じ目にあわせる訳にはいかないのである。

エホバの証人にとっては希薄な目の前の現実

早く大人になり親元を離れてエホバの証人をやめたいという気持ちが、既にこの頃から私にはあった。何とかエホバの証人をやめれば好きなだけ女の子と遊べる、私にはそんな望みしかなかった。今の目の前の現実がエホバの証人であるという枷があるゆえに薄いのである。何処にいてもエホバの証人である限り、そこはいつか離れて行く場所だと思えるのである。そして結局は何もかもがハルマゲドンで滅亡する。おそらく私自身も含めてである。

 

エホバの証人2世の強烈な性欲

私が小学校6年生のときに好きだった子だが、最初はちょっと気になるという感じだった。しかし次第にどうしようもなくなるほど好きになってしまう。他に狙っている男の子がいるという具体的な話を聞いてからはもう止まらなくなってしまった。ジリジリとした焦りの感情が日常的に私に襲いかかっていた。

小学校6年生の頃の私には既に強烈な独占欲と執着心が宿っていた。物心ついた時からあらゆるものを取得することを禁じられてきた反動である。ちょっとでも手に入りそうなものや欲しいものがあると、もはやそれを我慢することが出来ないのである。ものみの塔協会の厳しい戒律は逆効果をエホバの証人2世にもたらすのだ。

この小学校6年生の初恋以降、私の性的な欲望は同年代の男の子が抱くものよりも強かったはずである。人と物に異常に執着し、マスターベーションにも日常的に手を染めるようになっていた。

エホバの証人2世はセックスの自由を完全に封印されている。それは叶わない夢である。しかし性教育だけはしっかりと施されるのである。しかも必要も無いような幼い頃からだ。性に関する知識は充分にあるのにそれを発散することはほぼ永遠とも思える未来まで出来ない。ただでさえ性欲が高まる思春期の時期に、エホバの証人2世はさらに爆発的に性欲が高まっていくのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。