罪の意識の薄いエホバの証人2世

エホバの証人2世の些細な罪は浮気と不倫と同じ重罪

精神的な罪ではなく、エホバの証人2世たちはもっと具体的な罪を犯し続け成長していく。教団内で最大級の罪に仕立てられている輸血に至れば、すんなりとエホバの証人組織を去ることが出来る(組織側から排斥処分される)。しかし、そう重大ではなく発覚しにくい罪をエホバの証人2世は重ね続けているのである。

小さな頃であれば、ゾンビが出てくる映画を友達の家で見てしまったり、戦隊物ごっこをして遊んだりというレベルである。そんな些細なことでもエホバの証人の子供にとっては重大な規律なのである。大人の淫行や姦淫に相当すると考えて良い。お化けは幽霊は存在せず悪魔サタンの空想の産物なので禁止、またちょっとした暴力的なテレビも禁止だった。

私も小さな頃、母親に隠れて友達の家でキョンシーの映画を見たことがあった。キョンシーポーズでぴょんぴょんと跳ねていても母親には怒られたし、見ている時にも罪悪感はあった。ただ1980年代後半、子供の間ではキョンシーが大流行していたので、私も見たくてたまらなかったのである。映画を見ずに我慢して帰ることは子供の私には出来なかった。

キョンシーの映画を見終わって家に帰ると、強烈な頭痛に襲われたのを覚えている。その頭痛はエホバに罰されているからだと子供の私は思ったのである。またこの悪事が母親に露見しないものかとそれも怖れ、神に祈る。もうしません。許して下さい”と。私は冗談みたいなエホバの証人の戒律のせいでなかなかハードな幼年期を送ったのだった。

罪悪感の薄いエホバの証人2

こういった軽罪もエホバの証人の子供たちにとっては大問題である。発覚すれば必ずこらしめと称される体罰が待っているからだ。またそういった罪の繰り返しは来たるハルマゲドンを生き残るためのジャッジメントの悪材料ともなる(と洗脳されている)。

こうした罪の繰り返しによってエホバの証人2世たちは悪事の露見を防ぐ術を磨いていく。深い洗脳状態にあるので神エホバには発覚しているという恐怖はあるが、目先の親からの体罰は避けることが出来るからである。

こうした悪事はエホバの証人的悪事だけに留まらない。子供の頃の私は万引きの常習犯だった。しかも誰にもバレないように上手くやるのである。先生や親はもちろん、クラスの同級生にも知られていなかった。万引きは誰にも発覚せずに今に至った私の子供の頃の悪事の一つである。

こうした罪の繰り返しによりエホバの証人2世は罪悪感を覚えない体質へと変化していく。私もバレなければどんな法でも破って良いのだと思っていた時期がある。洗脳状態が解けてエホバという神が幻想であると知ってからである。

エホバは存在しないので、罪が発覚しなければもはや誰にも見つかることはない。あとはどう上手く悪事を働くかだけなのだと思っていた。エホバの証人をやめてからの私の罪悪感は異常に薄かったのである。ものみの塔協会による洗脳教育は子供にとって何ら良い影響を与えないのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。