エホバの証人、たった100時間の布教で自分の時間のすべてを捧げていると言えるの?

100時間の布教で自分のすべての時間を捧げていると言えるの?

エホバの証人の週日の集会テキスト、2023/12/11-17分から。

「組織の活動の進展」12月の動画。活動が進展している前提のプログラム名なのだけど、活動が進展していない現状に対して甚だ矛盾。

内容は、奉仕委員会の報告「忠実に働く特別開拓者に感謝する」。

教団内の階級をハッキリさせ、特別開拓者の自尊心をくすぐり、人生を搾取し続けるための動画。そして、末端階級を卑屈にさせ奴隷化させるための動画。

特別開拓者として奉仕している人は自分のすべての時間を宣教にあてている

すべての時間をエホバの証人の布教活動にあてるなんて、ひとつも褒められたことではないんだけど、この後が驚き。

特別開拓者は、

毎月、100時間ほど奉仕しています。仕事をする時間はほとんどないので、生活費を賄うために少額の給付金を受け取っています。

いろいろ謎が多いのだけど、まず日本の場合、特別開拓者が受け取る給付金が年間103万円だったかを超えたら、納税義務が発生すると思うのだが・・・。超えているのか、いないのかは不明だが、当然、特別開拓者は非課税民だよね。

あと、

毎月100時間布教すると、仕事をする時間ってほとんどなくなるのか?そもそも、毎月100時間程度の供出で、自分の時間のすべてを宣教にあてているって言えなくない?

エホバの証人の社会保障制度問題:盲信の影で一般国民が背負う負担

私の母もエホバの証人の正規開拓者だったので、月100時間とかをヒーヒー言いながら布教活動をしていた。しかし、月間100時間ってたいしたことないのでは?と今になってみると思う。

母は専業主婦だったので、家事すべてに加えて月間100時間。私は専業主婦になったことがないので、家事のボリューム感は分からないのだが、いわゆるフルタイムで労働した場合、副業に100時間くらいはあてられる。

一日3時間×30日で90時間。土日にプラスで2~3時間で100時間。たいしたことない。

実は、私は多分それくらいの時間を反エホバの証人活動にあてている。ブログ執筆に毎日朝、夜それぞれ1時間程度。土日にまとめ書きしたり、調べごとをしたり、他の何らかの活動をしたり。本業以外で月間100時間程度は捻出している。

ちなみに私はロングスリーパーぎみなので、平均すれば毎日8時間は睡眠を取っている。それでも、本業以外の何かのことに100時間捻出可能。

だから、エホバの証人が100時間布教するから仕事がほとんどできないってのは成り立たない。

エホバの証人が100時間布教すると、仕事がほとんどできなくなる理由、この点を明日の記事で考察してみる。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください