『芸能人と新宗教』結局、両者の関係とは何だったのか?

カルトの大いなる搾取

『芸能人と新宗教』の第五章「新宗教はなぜトラブルを起こすのか」より。

お金を出せば出すほど、教団からは信仰が深いと評価され、自尊心が満たされる

エホバの証人の場合は貧乏な信者が多いので(少なくとも私の身の回りでは)、お金でなく時間。時間を差し出せは差し出すほど信仰が深いと評価される。

金や時間が信仰と何の関係があるのか?信仰心など量りようがない。人間の尺度で量れないモノを無理やり評価しようとするのが人間の組織の限界。

そもそも信仰心など量る必要がない。宗教と個人の間の関係に定量的な基準を持ち込むべきではない。

時間だとか献金額で信仰心を見極めようとする団体は、信者の自尊心をくすぐり、信者間で競わせ搾取の度合いをエスカレートさせる。さらに、恐怖心を煽りたて、大いなる搾取に励む。それがカルト。

創価学会にかんしては、世間の受け取り方もだいぶ変わってきました。メディアが昔に比べて創価学会批判をしなくなったことも影響して

いると。長いものにや面倒くさいものにまかれて、国民の主権が失われているのが今の日本。さらに、創価学会は

地域で地道に活動し、みんなが嫌がるPTAの役員や町内会の役員を積極的に引き受けることなどが評価を変化させてきています

これだと、もはや宗教は関係ない。学級委員選挙が近づくと急に親切になる丸尾末男と同じ。宗教活動そのものを評価されると困るので、人の嫌がること引き受けてごまかす。後ろめたいことがあるのでフォローしている。

『芸能人と新宗教』~法の下の無法地帯、宗教法人の認証制度とは

マイケル・ジャクソンとオカルト大好きエホバの証人

結局、芸能人と宗教の関係とは?

芸能人が入信していると聞くと、急にその教団が華やかなものに感じられるかもしれません。しかし、芸能人にも信仰に支えを求めたくなる切実な気持ちがある

その切実な心のスキマをつかれるのは芸能人でなくても同じ。スキマが心のどこに生じるかの違い。

さらに、あとがきから。アイドルやカリスマについて

“idol”には偶像や製造、崇拝されるものの意味があります。崇拝されるほどファンの人気を集める芸能人がアイドル

「新約聖書」では、このカリスマということばは、神から与えられた賜物の意味で使われていて、特別な才能や力を持った人物のこと

をさすと。そんな芸能人だからこそ、似たモノに惹かれてしまうということなのだろうか。

人気を集めたいから、不自然に崇拝されるものに心のどこかで興味を覚える。特別な何か、運動能力だったり芸能能力だったりを習得したいから、特別な能力を有しているように振る舞う教祖に惹かれる。

芸能人が突かれる心のスキマがここにある。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください