現役エホバの証人に伝えたい人生の真理

エホバの証人2世が負った傷の深さ

二度目のお問い合わせを頂いた件の続きです。私と同じような境遇で同じような時期にエホバの証人組織と決別されたという方でした。日本中にこんな我々同様の無垢のエホバの証人2世の被害者が何万人もいると思うと何とかしなければという気持ちになります。

この方のメッセージの中に15歳以下でやめると比較的傷は浅いですよねという言葉がありました。私は自分の傷はとても深く既に取返しのつかない完治することはないものだと思っていましたので何となく初めて聞く意見のように感じました。

私の家族はものみの塔協会を原因として崩壊しました。物理的に負った傷は小さくはありません。精神的な傷はどうなのかはっきりとは分かりません。私のひねくれた性格や気の短い所、それら全てがものみの塔協会のせいなのかと言えばもはやこのカルトとの決別から20年以上が経っているので一概に全てをものみの塔協会のせいには出来ません。

10年ほど前までは天から降る火で身を焼き尽くされる夢を見る夜がありました。今でもものみの塔協会の勧誘のために見知らぬ家の呼び鈴を鳴らさせられる夢を見ることがあります。エホバの証人をやめきれていないという設定の夢です。このレベルの傷が深いのか浅いのかという話です。





現役エホバの証人に伝えたい人生の真理

私の周囲では15歳前後までにエホバの証人をやめることが出来た2世が半分程度いました。後の半分は20代の間に”つまずいて”(良いつまずきかたです)何とかエホバの証人をやめられた人々です。後の半分は今でも仮死状態で王国会館に通っている人々です。被害者を増やしエホバの証人3世を生み出す災厄的な存在です。こう考えると15歳までにやめられた我々の傷は比較的浅いのだろうかと思わざるを得ません。

20代を過ぎてものみの塔協会に献身して伝道を続けていた我々の”兄弟姉妹”たちは職歴も学歴も空白だらけです。学生時代からのやり直しも出来ないままエホバの証人をやめてどうしていたのか想像もつきません。

40歳近くなった今でも王国会館で半笑いを浮かべている”兄弟姉妹”が何人かはいると思うと寒気がします。何という決定的な深い致命傷なのかと思います。失った歳月は単純に我々の倍ですが15歳から35歳という活力に溢れた年代をものみの塔協会に搾取されたということは本人たちも今更認めたくない決定的な不運です。

しかし人生はいつでもやり直せるし充分にその価値はあるというようなありふれたことしか今の私には言えません。ただありふれている分だけこれは確実な人生の真理です。ものみの塔協会が語る突拍子もない夢物語が真理であることなど無いです。

エホバの証人と全く無関係の普通の家族を再度自分で築くことが出来たのは私にとって幸運だったと思います。そういった意味では15歳までにエホバの証人と決別した我々の傷は浅いのかも知れません。

今回頂いたメッセージはこのように続いて終わっていました。”それでも多少は傷は深い”と。多少は深いんです。自分の受けた痛みは自分にしか分かりません。15歳から一見やり直しが出来たように見える我々の人生ですが、それでも傷は負っています。今に至っても洗脳が解けていない同胞(兄弟姉妹とちゃかすのはいい加減にやめます)に比べれば明らかにマシですが、我々もそれなりに深い傷を負っています。さらなる被害者を増やさないために、これ以上ものみの塔というカルト組織を肥大させないために、むしろ崩壊させるために、私に出来ることは何だろうかと考えています。


“現役エホバの証人に伝えたい人生の真理” への2件の返信

  1. 初めまして。僕は現在31歳妻子ありです。私が産まれた時の産後ストレスや育児ストレスからの解放はエホバの教えですよ。と、いやらしい部分を突かれ僕の母は入信。私もその後産まれた妹も強制参加。そこから私が17歳頃、妹が14歳頃まで活動してきました。
    そこからが本当の地獄でした。このように同じ境遇、似た境遇の方のブログを拝見して、向き合う決意をしました。もし宜しければメール下さい。

    1. 返信が遅くなり申し訳ありません。
      過去や自分自身、親と向き合うというのは2世にとっては辛いことですよね。
      私はものみの塔協会の活動をやめてからは自由奔放にやってきて逆に親に迷惑をかけるような状況でした。
      やめてからの地獄の日々、私などとは比較にならないような苦労をされたんだと思います。
      私も妻子がおりますので、息子には自分と同じような思いだけはさせてはいけないと強く思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。