エホバの証人2世のたった一球でのゲームセット

たった一球のゲームセット

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。父親は会衆の長老で母親はものみの塔協会の正規開拓者という神権家族だった。とある野外集会の時の話である。エホバの証人の集会と呼ばれる集まりはほとんどが王国会館という建物で行われる。ただ半年に一度だけ”レクリエーション”を兼ねて屋外で行われることがある。これが野外集会と言われる日曜日の集会だ。

この野外集会をエホバの証人2世の子供たちは心から楽しみにして待ちわびている。普段は羽を伸ばして遊ぶことが全く出来ないからだ。短縮版のものみの塔誌の討議が終わると持ち寄った昼食を食べて午後からは”レクリエーション”の時間となる。この日だけは午後からの伝道奉仕活動も休みとなる。

我々エホバの証人2世の子供たちはものみの塔誌の討議が終わって昼食の準備をしているほんの僅かな時間に我慢しきれず野球を始めてしまった。そのプレイボールの第一球目を私がジャストミートしたのである。

ボールは大きく飛んでいき昼食の準備をしていたエホバの証人信者たちのど真ん中に突き刺さった。とある女性信者の頭をかすめるのが遠目にも見えた。ホームランとはそういうものである。運良く誰にも当たらなかったのだが軟球とは言え命中していたら多少の怪我は免れなかったようにも思われた。





エホバの証人2世の子供の本当の願い

このホームラン性の好打撃のせいで私は父親にしこたま怒られることになった。充分に距離をとって野球をしていたなどという言い訳は一切通じなかった。会衆の長老として守るべき信者たちに危険が及んだのである。しかもその張本人が長老である自分自身の実の息子なのだ。私がこっぴどく怒られているのは、長老としての体面を守るためだというのを子供ながらに何となく感じたのだった。

その場で野球は中止させられ昼食後の野球にも私の参加は禁止となった。楽しい昼食前に父親に怒られ午後からも待ちわびていた野球が出来ない。私は泣き出したい気持ちだった。そして大きな違和感を覚えていた。

私の父親は私たち家族だけのものではない、そういった感覚である。充分に愛情を注がれて育てられていることは良く解っていた。しかしその親子関係よりも上位にエホバの証人組織が置かれていたのである。子供の頃の私は父親にただ褒めて欲しかったのである。あんな奇跡的なホームランを打てるようになったということを単純に父親に褒めて欲しかったのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。