初めてお問い合わせを頂きました①

批判も大歓迎

初めて日本語でお問い合わせを頂きました。こんな拙いブログでも誰かに読んで頂けているということが励みになります。ありがとうございました。

私自身いまだに自分がエホバの証人2世だったこととどう向き合っていくかはっきり定まっていない部分があります。批判的な意見も自分で噛み砕いていかなけれないけないと思っていますのでご意見、お問い合わせなど大歓迎です

さて、今回お問い合わせを頂いたのは、おそらく私と同年代の元エホバの証人2世の方です。メールアドレスから察するにおそらく女性の方で21歳のときに排斥されたとのことです。このブログを読んで自身もそうだったと共感できることが多かったそうです。これは私も過去に元エホバの証人2世の方のブログを見ていて感じたことです。

いかにものみの塔協会の統率力や洗脳力が甚大であるかということです。子どもの頃、同時代に全く別の場所で王国会館に通い続けただけで同じような体験をして同じような思考を持つようになるのです。個性を失いロボットのようなエホバの証人2世になってしまうということです。

なぜ今さらこんなものを世に出すのか

今回メッセージを頂いたのはなぜ今さらこのようなブログを書き出したのかということでした。エホバの証人をやめて私は既に20年以上経っています。エホバの証人2世として禁欲的な生活を強制されていたのは14歳になるまでの間です。私の人生の中ではエホバの証人をやめてからの期間の方が既に長いのです。

最近思うのはこう自分について書くというのはそんなに悪いことではないということです。自分の過去を見つめることは辛いことを思い出し、忘れてしまいたいことを掘り起こすようなことにもなりますが、逆に癒しにもなるのではないかと思います。私自身、今年父親になったこともあり、あの頃の自分の父親の気持ちがどんなだったかと考えるようになりました。書くことでそれを考えることができます。

ただつらつらと書いていても仕方がないので、これをこういう形で発表しているという有様です。私自身いまだに迷いが多く考えを整理しながら書いている状態ですのでご指摘など今回の問い合わせは大歓迎です。

書き始めたきっかけは私自身が何者かになりたいということでした。出版したいとかブログで不労所得をという打算的なものです。できればエホバの証人以外のことでこれを成し遂げられれば良かったのですが、そうもいきませんでした。

エホバの証人2世だったことなど全て忘れて楽しく生きていければ良いです。実際そういう生活をして毎日パチンコホールに入り浸り、毎晩のように飲み歩いていたこともあります。しかしそれはエホバの証人的でないことを求めていただけでした。どうしてもものみの塔精神という思考のようなものが深く私の中に根付いてしまっているのです。この状態で何かを書くならやはりエホバの証人2世だったということを抜きにしては出来ないのです。

長くなりましたので続きは次回です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。