外した場合の保険付きの預言

怪しげな真理

私はエホバの証人をやめる頃にはものみの塔協会の言っていることの1から10まで全てが正しい訳ではないと思い始めていた。私が14歳のときで1990年代の中頃のことである。王国会館は明らかに不完全で欠陥のある人間の集まりだったし、そこで一言一句に不備の無い真理が伝えられるとはどうも思えなかったのである。

このような不完全な集団がハルマゲドンを通過し完全な人間に生まれ変わるというのがものみの塔協会の教義である。にしても不完全過ぎないかというのが私の印象だった。四肢に障害があったりとんでもない肥満だったり子供にしてもアトピーのような病気がちだったり極端に学校の成績が低かったりという集団なのである。単純に魅力的でない恵まれない人々が集まって傷を舐め合っているだけなのだ。しかしそういった人々を救うというのがキリストなのである。

それでも王国会館で伝えられることの全てが真実という訳でない気がしていた。出来損ないの講演者によって伝わり方が変化したり思い込みの注解がされたりすることで真理が捻じ曲げられていると感じることがあったからである。またものみの塔協会そのものが間違ったメッセージを発信していると感じることがあった。出版物にあからさまに矛盾があったり、突っ込み所があったりするのである。

預言を外したときの保険

しかしこれに対してものみの塔協会は故意なのか苦し紛れの偶然なのかは不明だが保険をかけている。昔からものみの塔協会は預言を外し続けている。本来は1914年にハルマゲドンが起こりこの世の事物の体制が終わるとされていた。はたまた1975年が終末予定だったこともある。

周知の通りハルマゲドンなど起こる訳がなかった。終末の預言を外す度にものみの塔協会はエホバ神からの新しい光”が降りましたと預言を訂正しているのである。神からのメッセージを不完全な人間が伝え間違えてしまったと謝罪もなく前言を撤回するのである。神からのメッセンジャーの役割を果たす統治体も完璧ではないということなのである。

この逃げ道が用意されているせいでものみの塔協会の言っていることの大筋は合っていると私は思い込まされていた。細かな付属した教義などには疑問の余地は充分にある。しかしエホバとキリストがいて敵対するサタングループも存在する、ハルマゲドンは絶対に起こると信じ切っていた。ハルマゲドンの後の楽園で永遠の命を享受するためにはものみの塔協会の言うことを聞くしかないとマインドコントロールされていたのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。