エホバの証人2世の禁止された欲望の反動による強いセックス願望

あらゆる欲望を禁止されるエホバの証人2

1980年生まれの私の育った幼児期、時代はバブルに向かいあらゆる物や金が踊っていた。しかし、私には簡単に手に入るはずのものが何も与えられなかった。快楽を追い求めること、そしてあらゆるこの世”のイベントをエホバの証人2世の子供たちは禁止されている(もちろん大人もだが)。私も小さな頃から何も与えられず、欲望を否定されて育った。物や金銭に対する執着は、エホバの証人にとって否定されるべき感情である。

実際に私には”この世”の物はほとんど何も与えられなかった。コロコロコミックやジャンプ、ファミコン、ものみの塔協会の戒律に少しでも抵触する怖れのあるものは何も供給されなかったのである。

彼らはもはや戦いを学ばない

というちょっとした聖書の記述があるだけに、全ての戦隊物やキン肉マンと言ったテレビ番組も暴力的と判断されて視聴を許されなかった。周囲の全ての子供たちが簡単に手に入れているものが私には一切与えられず、それは私にとっては非常に辛いことだった。

こういった制限を受けて育ち、しかし私の周りの世界にはそういった物が溢れていた。近所にはジュースの自動販売機が次から次へと設置され、テレビに一瞬だけ映し出される私には許されない世界ではあらゆる欲望を充たすことが推奨されていた

ちょっとしたテレビ番組でもエホバの証人的放送コードに引っかかると“ふさわしく”ないとすぐにチャンネルをわくわく動物ランドかNHKに換えられるのである。しかも私の家庭ではエホバの証人にふさわしい番組を1日に1時間とか30分だけと決められていた。両親の洗脳が深まるにつれ、自宅にはテレビが無くなった時期もあった。

エホバの証人の異性との交際

極限の禁止下で育った私は、与えられなかったそれら全ての物を欲するようになった。物や人への執着心がとても強くなったのである。そのわりには飽きっぽさもあって、エホバの証人をやめたあとに付き合った何人かの女性に対しても、最初の頃は異常に執着しマメに連絡をしていたのだが、次第に飽きて新しい女性へと興味が移行していくのだった。

セックスに至るとだんだんと飽きてきて、次の対象が目に入ってくるのである。この飽きっぽさはエホバの証人とは関係無く、若い時の私だけのものなのか男性特有の現象なのかも知れない。

しかし私には簡単に手に入るあらゆるものが手に入られなかった時期があった。それは全てのものを欲しがるという執着心に変化していったのである。やはり新たな性交渉の相手を求めて次から次へと新しいタイプの女性へと目移りしていく傾向が強かったのは、制約事項が多かったエホバの証人2世として育った幼少期から少年期の影響とは切り離せないと言える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。