笑顔のないエホバの証人2世

笑うことの出来ないエホバの証人2世

私は生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。小学生の終わりにはエホバの証人をやめたいと思い始め、中学1年生のときにエホバの証人をやめることを決断する。1990年代前半のことである。この頃の私はサッカーに熱中していて、エホバの証人の活動に充てる時間を自分の好きなサッカーに充てるべきだと思い始めていた。

幼い頃からのエホバの証人の洗脳で私は本当にハルマゲドンという世界の終わりが来ると信じていた。ものみの塔協会によって禁じられているマスターベーションをやめることが出来なかった私はハルマゲドンでこの身を焼き尽くされることを覚悟していた。残り短い生であれば好きなサッカーを思いっきりやりたかった。

エホバの証人をやめるという決意をしてから実行に移すまで1年近く時間を要した。この時期が私の人生の中で一番辛い時期だった。この15年後、私は無茶苦茶な生活をしていて、借金だらけの上、飲酒運転で自動車免許取り消しになって仕事を失いかけた。頭に円形脱毛症が出来るほどのストレスだったのだが、それでもこのエホバの証人をやめるという決断を実行できずにいた14歳の頃に比べれば格段に楽しかった。何かちょっとでも面白いことがあれば、笑うことが出来た。14歳の私は一瞬たりとも笑うことが出来ない闇の中にいた

両親の限定的な愛情に縛られるエホバの証人2世

なぜすぐにでもエホバの証人をやめることが出来なかったか?すべては私の両親が理由である。両親には幼いころから厳しいものみの塔協会の教義を徹底的に遵守させられ、背こうものなら激しい体罰を受けた。それでも私は両親に愛されているという自覚があった。この愛情は無条件ではなく、私が従順なエホバの証人2世であればという限定的なものとは思えたが。

エホバの証人をやめるということは両親を裏切ることだと私は考えていた。私は一人っ子で両親との三人家族だったし、私がエホバの証人をやめると言えば両親が絶望することは明らかだった。

深いものみの塔協会の洗脳下にあった私は、こうしている間にも終わりの日は近づき残された時間は少なくなるという焦りを感じていた。サッカーができる時間は短くなるし、生きている間に女性とセックスして童貞を脱出できる可能性も低くなっていく

こうして14歳の私はエホバの証人をやめるという決意を両親に告げられず悶々とした日々を過ごしていた。エホバの証人の集会に行く時間になっても「今日から集会には行かない」と言うつもりだったのだが、今晩こそ、今日こそと思いながらどうしても両親に言い出すことが出来なかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。