エホバの証人の大会に潜入:予想外のサポートと奇妙な体験

エホバの証人の大会に再潜入

エホバの証人の大会に潜入中@有明アリーナ。とりあえず一発目の目的、児童相談所に通報は終了。ホールの外で電話した後、ロビーで待機しようと、会場に戻る。

事前にやんちゃそうな子どもの座っている座席に目星をつけておいた。その子が、はしゃぎ出してロビーに連れ出されて、その後どうなるのか?あわよくば体罰の瞬間を押さえる。これが今回の目的その2。

ロビーにも、しょうもない宗教講話が大音量で響き渡っている。講話の中で、「ハルマゲドンで脅している」言質がとれればビンゴ。100人はいる子どもを壇上から脅している。充分な児童虐待であろう。その上で児童相談所に再通報、これが目的その3。

事前にターゲットにしておいた子どもが、連れ出されるであろう出入り口を目指す。その出入り口付近のロビーで待機するため。しかし、再度会場に入ると「ようこそ」と歓迎され、「座席へ案内します」とぴったりマークされる。

「席決めてあるので」と振り切ろうとするも、しつこくついてくる。私は名札もさげてないしノーネクタイだし、若干警戒されているのかも知れない。結局、目的のホール入り口までついてこられ、そこで座席の誘導係に引き継がれ、席に座らされる。

親切心なのか、警戒心なのか、何なのか分からないけど、エホバの証人を全く知らない人から見たら、この手厚いサポート怖いよね。そういうところがカルトなんだよ。

席に座らず、ロビーで携帯でも触りながら待機したかったのだけど、プログラム中でも、ロビーには係員っぽい信者が結構いて、そうもいかない。ここは想定外だった。

エホバの証人の大会、宗教話を聴くはめに

仕方ないので、座って宗教講話を聴かされるハメに。両隣に信者がいる席に座らされたものだから、若干窮屈。気持ち悪くなって吐きそうになったらどうしてくれるんだよ。

エホバの証人の大会や集会に参加すると、子どもの頃に受けた虐待や不遇を思い出して、気分が悪くなったり、苦しくなったりしないだろうかと、多少は心配があった。

しかし、私の場合、全然問題がなかった。人によるのだろうが、どうやら、私は平気らしい。あとは、長時間聴きすぎて、耳が腐ったり、頭が今以上に悪くなったりしないように気を付ければいいだけ。

というか、エホバの証人の話、全然頭に入ってこない。右の耳から左の耳へスルー、というより、聞こえてくる講演者の声が耳で跳ね返っている感じ。何か言っているけど、聴いてなかったというアレ。ニワトリかなんかが鳴いている感じ。

しかも、何でか分からないのだけと、エホバの証人の講演者の声、全部同じに聴こえる。今日話しているのを聴いたのは4~5人なんだけど、全部同じ声。

明日に続きます。


“エホバの証人の大会に潜入:予想外のサポートと奇妙な体験” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください