ものみの塔協会を崩壊させる際のキズを最小限に留める方法

ものみの塔協会がエホバの証人信者に謝罪すべき理由

昨日の記事で、ものみの塔協会はサクッとで信者に詫びを入れろと書いた。

ものみの塔協会や統治体はエホバの証人を騙している

「ハルマゲドン来ません。嘘つきました。復活なんてする訳ないじゃん」と。もうちょっと紳士的に謝っても全く構わないのだが、謝罪内容はこんなものだろう。

ついでに、今まで寄付金や奉仕活動時間を搾取したこと、数多の家族を崩壊させたこと、信者の心身を病ませたことを謝罪すべき。

しかしながら、要求が多いと困難の度合いは上がるので、基本的には、現在のエホバの証人が信仰の根源としているハルマゲドンやパラダイス、復活の希望の預言がウソであることを表明するだけでいい。

この謝罪発表で多くの信者は離れるだろうが、良心的体質に生まれ変わったものみの塔協会に一部の信者は残るはず。余生を元エホバの証人たちで慰め合うコミュニティとして。細々と組織を継続できる目は出てくる。

ものみの塔協会の預言が嘘でもエホバの証人を辞められない人々がいる

旧ものみの塔組織に残る人々は、骨の髄までエホバの証人という訳ではない。信仰云々、ハルマゲドン云々ではなく、単に人とのつながりを求めて、元エホバの証人コミュニティに残る。

ものみの塔の預言がウソであってもエホバの証人をやめられない人たちにも、ものみの塔協会に欺かれたという怒りは生じる。しかし、それ以上にエホバの証人をやめて俗世間に放り出されることの方が恐怖。

この恐怖と孤独に耐えられない人たちには、元エホバの証人として傷をなめ合って生きていく場所が必要。この場所を残すためにも、ものみの塔協会は素直に謝るべき。「預言全部ウソでした」と。

ものみの塔協会が現在の態度を続ける限り、行き着く先は完全なる崩壊しかない。邪悪な団体がそのまま継続を許される訳がない。

私も微力ながらものみの塔協会を完全に根絶するための活動を続ける。この世からものみの塔という毒を一掃する。この荒療治には多くの痛みを伴う。簡単にエホバの証人を辞められる人などいないから。

ものみの塔組織が崩壊し、強制的にエホバの証人を辞めることで、さらに精神を深く病む人も多くでる。それも致し方ないと私は考えている。自分の精神・健康・生活を守るためであれば、邪悪な組織に属し、悪事に加担しても良いのか?そんな自己中心的考えが許されるはずはない。

ものみの塔協会を崩壊させる際のキズを最小限に留める方法

ものみの塔協会をフラットにする際の傷を浅くするにはどうしたら良いのか?それはものみの塔協会自身が体質を改め、信者に真実を告げること。真実とは統治体は神の聖霊など一切浴びていないという事実。

すると、信者の洗脳が解け、多くの信者は組織を去る。一部の信者は今さら取り返しがつかないので、余生を元エホバの証人で集まって過ごす。この元エホバの証人集団は、信者の勧誘など宗教的活動は辞めて、単なる人の集まりとなる。

激しい痛みを伴って組織まるごと崩壊していくのか、さほど痛みを伴わずに規模を大きく縮小し、宗教色を無くして存続するのか。

後者の場合はものみの塔協会の謝罪が必要。謝罪した幹部は、幹部として継続する組織の上位に残れるし、今さらだが正しい良心に従って行動したことにはなる。

どちらが良いかものみの塔協会幹部はよく考えられたし。ものみの塔幹部には良心に沿った行動をおススメしたい。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください