はずれる預言はカルトの証し

科学が神を超える

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。1980年代から90年代前半をエホバの証人2世の子供として最悪な幼年期、少年期、思春期を過ごした。その頃、大人のエホバの証人たちが嬉々として語っていたことに“エイズ、HIVは不治の病だ“という文言がある。輸血をしてはいけないというエホバの証人の教義に反した罰だとかなんだとかでエイズに感染すると待っているのは死だけみたいな脅し文句だったと記憶している。だから輸血はダメ、神エホバを怖れよみたいな感じ。

しかしエホバの証人が不治の病ともてはやしたHIVもいつの間にか早期発見で治るようになっているらしい。新型肺炎の対処薬としてHIVの薬が使われていると聞きかじり、ちょっと調べてみるとHIVはもはや不治の病ではないようである。科学が神を超えたということである。そんな神はやはり偽、預言が当たらない集団はカルトなのだ。騙されてはいけない。

英米世界強国って何?

あとは子供の頃の悪いエホバの証人の教育で覚えているのは世界強国という話だ。エジプトに始まり、メディアペルシャ、何とかかんとか・・・ローマ、最後は英米世界強国という内容だ。私は歴史が好きだったのでこの辺の話は面白かったのだが、今思うとおかしな決めつけに過ぎない。無敵艦隊で世界に覇を唱えたスペインなんかが入ってないのは絶対おかしい。

そもそも英米世界強国とは?エホバの証人勃興期には英国の影響力もそこそこ高かったのだろうが、今では全然ですよね。この預言のインチキさは抜群。かつての後進国だった中国の台頭を全く読めてないのである。

預言が当たらないのはカルトの証明、全部インチキだからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。