エホバの証人2世が浴び続ける2つの視線

自意識過剰なエホバの証人2

私は自分の意思で14歳のときにエホバの証人をやめた。それまでエホバの証人2世として育てられたのだが、一番大きく私自身に影響を及ぼしたのは自意識の問題である。過剰な自意識のせいで他人の視線が気になって仕方が無いのである。

誰もいないところでも誰かに見られているような気がするのだ。誰かに見られていたとしても問題無い自分を演じてしまうのである。しかし本当は誰も私のことなどに注目していないのだ。それでも他者の視線が気になってしまうのである。

 

エホバの証人2世の子供が浴び続ける架空の視線

これは幼い頃から天にいるエホバやイエスに見られていると言われながら育てられた影響である。エホバの証人2世の子供たちは常に神エホバに監視されていると思い込んでいるのだ。神エホバだけでなくサタンもまたエホバの証人2世の子供を見ている(と思い込んでいる)。虎視眈々とサタンや悪霊は我々を誘惑する機会を狙っているのである(と思い込んでいる)。こうした空想の産物からの視線をエホバの証人2世の子供たちは感じ続けている。感受性豊かな子供だからこその恐怖の視線である。

幼児期からの強力な洗脳の結果、エホバの証人の子供たちはこうした架空の視線の支配下にある。常に何らかの視線にさらされているというという思い込みはエホバの証人2世の行動を制限する。彼らはいつでもどこでも厳しいものみの塔協会の戒律を守ろうと努力するのである。





エホバの証人2世の子供が浴び続ける現実の視線

クリスマスや節分などの季節毎の行事にエホバの証人2世だった私は参加出来なかった。ものみの塔協会はちょっとでも他の宗教臭のするイベントについて一切の参加を禁止している。小学生の私はそういったイベントに参加出来ず、常に見学せざるを得なかった。ものみの塔協会の禁止事項の多い戒律の影響でエホバの証人2世は変わり者、変人というレッテルを貼られるのである。

こうして私は何らかの行事が行われるたびに教室の片隅で同級生からの奇異の視線に晒されることになった。これが小学校高学年から中学生にかけての私にはとても辛い体験だった。節分や部活動の応援などがある日には実際に体調が悪くなることがあった。体調を崩せば学校を休めるのである。こうした現実の視線を浴び続けることも自意識過剰なエホバの証人2世の性格に影響を及ぼしているのである。

 

ものみの塔という偶像から自由になれないエホバの証人2

エホバの証人2世は過剰な自意識のせいで組織をやめたあとでも自由に思いのままに行動出来ない。誰にどう見られているか、納得のいく自分でいられているだろうか。そんなことが気になって仕方が無いのである。これでは為すべきことを為せず思い切った行動に出ることが出来ない。行動に制限がかかるエホバの証人2世状態から脱却出来ていないのと同じなのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。