JW信者がかけるべき保険とは

全てのエホバの証人にとっての真実

最近、インターネットで拝読しているJW解約資料。JW解約-エホバの証人の真理を検証する。第4弾「神の経路と奴隷級」。

こんな資料をそこら中のエホバの証人の王国会館にばら撒いて、信者の洗脳&思考停止状態を一気に解いちゃえばいいと思う。

エホバの証人を全体としてとらえると、そんな乱暴な方法でも良いかと考えられる。しかし、エホバの証人の被害者個々人を一人ひとりという単位で見るとそうもいかない。誰にとっても急進的にマインドコントロールの解除・脱会を勧めるのが最善とは言えない。

特に二世信者の場合は、経済的・精神的に自立出来ていないと脱塔は厳しい。また、微かな揺らぎもなくものみの塔を妄信している状態から、一気に真実を知らせるのは落差が激しすぎるケースも考えられる。そもそもそんな頑迷な洗脳下信者には話が通じないか。

いずれにせよ、宗教から抜けるには、人それぞれのタイミングがある。来るべき時が来ないと、逆効果、悪影響になる。

だが、ただ一つだけ言える真実がある。すべてのJW信者にとって、エホバの証人をやめるという選択肢が最上・必須であるということ。時期・やめ方は人それぞれだとしても、エホバの証人は絶対にやめるべき。

なぜなら、偽りの教えに騙され、人生そのものを失い続けることに価値はなく、損失でしかないから。自身が損失を被るだけならまだ良いが、そこら中に同じ被害者を増殖させるのは、もはや罪。

全てのエホバの証人はJW組織内での居場所を失うことになる

騙されていたって良い、エホバの証人組織内にしか居場所がないという人もいるかも知れない。しかし、その居場所すら偽りのもの。あなたがエホバの証人でなくなれば、エホバの証人からは見向きもされない。全て失う砂上の塔。

エホバの証人の人間関係だけにすがっている人は、何らかの理由で組織から排斥されると絶望する。全部なくす前に、保険として自分の居場所を全く別の場所に見つけておくとか、エホバの証人以外の生き方を模索しないと辛い未来が待っている。

そもそも、あなた自身がエホバの証人をやめなくても、排斥されなくても、JW組織内の居場所は確実に失うことになる。組織内にあなたの居場所がなくなる未来は必ずくる。

なぜなら、ものみの塔協会は必ず崩壊するから。古今東西、悪が永続した例はないと言われる。であれば、いずれものみの塔協会は崩れ去るし、私はそのための外圧を加え続けていく。

エホバの証人の人は早めに、JW組織外の自分の居場所を探したほうが良い。何でもかんでも一択これに決めるというのは良くない。保険をうっておかないと。ものみの塔が完全真理なら一択でも良いのかも知れないけと、完全真理である確証なんて永遠にとれないし、それ以前に完全ウソだから。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください