エホバの証人日本支部の調整者「織田正太郎」の事故死が示すこと

日本のエホバの証人の代表者「織田正太郎」の事故死とは

2004年に日本のエホバの証人の代表役員である「織田正太郎」が事故死している。当時のエホバの証人だと、この人の名前を知らない人はいない有名人らしいのだが、私はこの時既にエホバの証人でなかったので、織田某氏のことは知らない。

私は、1994年までエホバの証人の二世信者であることを両親に強制されていたが、ド田舎のエホバの証人だったので、中央のエホバの証人組織のことなど知る由もなく。本当に織田なんたら氏のことは知らない。

エホバの証人用語では海老名ベテルの調整者と呼ばれるポジション。何を調整するのかは知らないが、日本のものみの塔協会支部の本部である海老名ベテルで頂点に君臨していた人物。

どうやって亡くなったのかというと、桜の写真を撮ろうとして塔に昇ったところ、落下して死亡。事故死とされている。

塔から落ちて亡くなったらしいが、さすが日本のものみの「塔」協会のトップの人間。「塔」がお好きなようだ。

事故死とされているが、宗教団体の密室「海老名ベテル」内での出来事。抜群の怖さ。国内20万人のエホバの証人から吸い上げる利権を吸うトップのポジション。そりゃ命の危険は付きまといますな。

桜の写真を撮るために持っていたカメラが壊れていないとか、いつもいるお付きの人たちが周囲に誰もおらず、倒れていたが発見が遅れた。白髪の老人が一人で梯子をかけて「塔」に昇るという不自然さ。

一応は事故死ということになっているが、不可解な点は多い。

いずれにせよ、国内でいちばん神エホバの愛・是認を受けていた人物の人生の最期とは到底言えない不運な死に方。

織田正太郎の事故死が示すエホバの証人組織の闇

“エホバの証人日本支部の調整者「織田正太郎」の事故死が示すこと” の続きを読む


『ドアの向こうのカルト』~エホバの証人のベテルという強制労働施設

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

世界本部でベテル奉仕までした元エホバの証人二世の作者が書いた本。絶版本なので手に入れるなら中古で。

 

エホバの証人はアメリカ発祥の新興宗教で世界中に伝染したが、本部はアメリカにある。当時はニューヨーク・ブルックリンに世界本部があった。各国にも支部があり、日本の場合は海老名にある。

各国の本部はベテルと呼ばれ、そこで勤務することをエホバの証人たちは特権と考えている。勤務と言ってもに無給・全時間の奉仕なので、世俗の全てを投げ打たなければならない。出家のようなもの。

各国支部のベテルは、エホバの証人がばら撒いている出版物の印刷・製本・配送がメインであり、その工場と奉仕者の居住スペースがある。

エホバの証人のベテル奉仕の実態とは

“『ドアの向こうのカルト』~エホバの証人のベテルという強制労働施設” の続きを読む


エホバの証人のベテル・日本支部・世界本部とは

エホバの証人の日本支部・海老名ベテルとは

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』より。ベテル奉仕までした元エホバの証人の作者が書いた本。絶版になっているので手に入れるなら中古本で。

 

ベテルとはエホバの証人の各国の本部のこと。この本の作者は、当時アメリカ・ニューヨーク・ブルックリンの世界本部のベテルで奉仕している。エホバの証人的にはエリート。一般的には激ヤバだが。

ベテルとはオウム真理教で言うところのサティアンなのだが、いわゆる新興宗教的なヤバさはない。精神的危険度は充ちているのだが、曼荼羅があったり政府転覆を計って武器製造をしていたりということはない。(多分。)

私も30年以上前に海老名の日本支部のベテルを見学したことがある。清潔感のある近代的な建物に、製本の臭いがする印刷工場と住み込みで奉仕活動をする信者たちの住居施設があるだけ。

エホバの証人の日本支部・海老名のベテルには、日本中の信者たちがバスに乗って見学に来ていた。製本ラインや居住スペースなど見学してありがたがって帰っていく。

私もその気がないのに、将来はベテル長老になりたいと言ってみたりして、両親を喜ばせたものだ。父は「お前がベテル長老になったら、母さんは泣いて喜ぶなと」喜んでくれた。価値観を狂わされた最低な家族だ。

エホバの証人のベテル奉仕者は最も洗脳が深い “エホバの証人のベテル・日本支部・世界本部とは” の続きを読む


エホバの証人ベテル崇拝という罪、人生の墓場=海老名ベテル

エホバの証人の子供に強制されるベテル奉仕願望

私の両親は、完全にものみの塔協会の洗脳下にあるエホバの証人だった。私はその一人息子でエホバの証人のこてこての二世信者として育てられた。

エホバの証人というのはキリスト教系を自称する新興宗教。日本では、ものみの塔聖書冊子協会が宗教法人として活動を行っている。二世信者というのは親の宗教を強制される子供のこと。

父が、ある時にまだ子供だった私にこう言った。

「お前がベテル長老になってくれたら本当に嬉しい、お母さんは泣いて喜ぶだろう」

この場合のベテルとはエホバの証人の日本支部のこと。神奈川県海老名市に存在する。国内信者の統括とエホバの証人用の宗教本の製造・配送が行われている。

ベテルで無償奉仕することはエホバの証人にとって特権とされている。その中でも出世し長老にまでなってくれたら、両親は本当に嬉しいのだそう。

私の家庭では、「プロ野球選手になりたい」などという子供らしい純粋な夢を口に出すことは出来なかった。「大人になったらベテルに入って奉仕したい」と言わなければならなかった

エホバの証人のベテル・日本支部・世界本部とは

エホバの証人のベテル崇拝

“エホバの証人ベテル崇拝という罪、人生の墓場=海老名ベテル” の続きを読む