エホバという疫病神

エホバの証人夫婦の離婚

私は14歳のときに自分の意思でエホバの証人2世をやめた。その後で時をずらして両親がエホバの証人をやめる。父親がエホバの証人をやめてから母親の洗脳が解けるまでにだいぶ期間があって、その間に両親は離婚することになった。父親が急に家を出て行って、しばらくして離婚に至ったのである。

両親が離婚したのは、父親の浮気が原因であるというようなことを母親から聞いたことがある。これについて事実はよく解らない。離婚した時点で未だ母親がものみの塔協会の洗脳状態にあったのかどうかも定かではない。この頃の私は両親に対して無関心過ぎたのである。

ものみの塔協会の戒律では配偶者の不貞のみが離婚の成立事案となる。エホバの証人にとって家庭内暴力や経済的事由での離婚は認められていない。これは信者にとっては相手が浮気や不倫をしたのなら即離婚せよという具合に捉えられている。ものみの塔協会の洗脳下にあった母親にとって父親の浮気は絶対的に許すことの出来なかった罪なのだったのではないだろうかと私は考えている。

父親はエホバの証人組織をやめたあとは喫煙を再開していた。これは母親の密告があればエホバの証人組織からの排斥事案である。排斥者はものみの塔協会の戒律では家族であっても村八分扱いになる。おそらく父親はエホバの証人の組織内に友人を残すということを望んではいなかっただろうが、父親の意思に関わらずそれは叶わなかったということである。私の父親は40代の半ばにしてほとんど全ての友人を失ってしまったのである。

“エホバという疫病神” の続きを読む