絶対当たらないのが預言、ときどき当たるのが予測~預言するものみの塔は偽者

絶対当たらないのが預言、結構当たるのが予測

元エホバの証人二世の論考集『エビのしっぽ』。Kindle Unlimitedなら無料。

我々は確かに預言などを信じやすいんですけど、修正能力も持っている

この我々というのは人類全般。程度の差こそあれ、人間は太古から預言などを信じやすいようにプログラミングされている。なぜなら、先を予測しないと危険を回避できないから。

天気予報がなければ、傘が無くてずぶ濡れになる。草やぶのような暗がりには危険な生物が潜んでいるのを想像して、原始時代から人間は闇を恐れてきた。年長者の伝承や助言に従うのも、先人の知恵に学び、行く末を案じて生き延びるため。

そんな未来予測全般を無視して、行き当たりばったり好き放題に生きていれば、人類は早晩全滅していただろう。

しかし、たった一度の成功体験から原因と結果の因果関係を決めつけて、当たりもしない験を担いだり、それを他人に押しつけたりというのも人間の性。

そして、この予測という人間の習性に付け込んで悪さをするのが数多の偽預言者。予測の謙虚さ、不確実性を排除し、絶対当たりますと言い切るのが預言。

ズバリ、言ってしまうと、当たらないのが預言、当たるか当たらないかは分からない前提を認めた上で、当たる可能性が高いのが予測。

ハズれた結果を鑑みて修正、さらに当たりやすくなっていくのが予測。初めっから絶対当たるの一点張りで、結果を一切顧みない、ハズれたときにはすべてを失い、時すでに遅しというのが預言。

つまり、絶対当たらないのが預言、結構当たるのが予測。

「預言ハズシても信者減らねぇっす」という麻薬中毒のものみの塔

エホバの証人の全幅の妄信

“絶対当たらないのが預言、ときどき当たるのが予測~預言するものみの塔は偽者” の続きを読む


もっと崩せ、JWの信仰の土台-part2~神に組織は不要、ラッセル君の「思い付き」

エホバの証人の信仰の土台とは

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)の『ものみの塔協会の誤導からエホバの証人を解放するために』から。エホバの証人(JW)の信仰の土台を崩す議論の続き。

昨日は(1)ものみの塔協会=真理の組織を崩す

今日は

(2)「統治体」「ものみの塔」に従わない者は大患難で滅びる

(3)1914年の預言

を崩す。

「統治体」「ものみの塔」の存在根拠を崩す

“もっと崩せ、JWの信仰の土台-part2~神に組織は不要、ラッセル君の「思い付き」” の続きを読む


ものみの塔協会の聖所での粗相と聖書弄び

ものみの塔協会初代会長ラッセル君の粗相

最近読んでいるエホバの証人 – STOPOVER(途中下車)。『ものみの塔の終焉』より8章「いいかげんな預言の解釈」

本資料の内容が古く、ものみの塔の予言解釈が改訂がされた部分もあるし、そもそも「そんな予言解釈していない」と闇に葬り去られている所もある。

読んでいて感じるのは、本当にものみの塔の予言解釈が「いいかげん」であるということ。ギャグ。笑い飛ばして終いにしたいが、この予言解釈で人生を大きく損ねた信者が多数いる。

聖書に書いてある

「3時半の間、聖なる民の力を打ち砕く」という記述が

ものみの塔の二代目会長ラザフォードの逮捕で成就したとされている。

3時半が終われば、ハルマゲドンやら復活やら、何もかもの預言が成就しないといけないのに、当然そんなことは起こっちゃいない。

そもそも二代目ラザフォードが聖なる民って。こいつはただのアル中だろ。ものみの塔協会二代目会長ラザフォードの生涯から学ぶ人生の意義

「2300日の間、聖所を汚す」という聖書預言。

これは、「ものみの塔幹部が投票で選ばれた時期を指していた」と解釈。

エホバの証人は投票禁止だから、聖所が汚されちゃったと。しかし、「投票で決めようぜ」って言い出したのは誰か?初代会長のラッセル君なんですが。ラッセル君が自分で粗相しただけ。

こんないい加減な予言解釈をしているのがものみの塔協会。

恥ずかしワード「英米世界強国」

“ものみの塔協会の聖所での粗相と聖書弄び” の続きを読む


ものみの塔に預言改訂を提言、あと20年は稼げまっせ。

1914年の世代が生きている間に・・・

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)の『ものみの塔の終焉』を読んでいる。7章『1914年にキリストは臨在していない』の後半部分。

ものみの塔協会の預言「1914年に終わりの日が始まった」。これが荒唐無稽であることは、昨日の記事も含めて何度も書いた。

今日は、終わりの日の長さ、期間について。終わりの日など始まっちゃいないので、無駄な議論ではある。とはいえ、ものみの塔の設定した終わりの日の長さも矛盾を孕んでいるので、念のため突っ込んでおく。

ものみの塔協会の大宣伝では

「キリストは1914年から臨在しているます。終わりの日は1914年から始まったのです。ハルマゲドンは1914年の世代の人々が生きているうちにやって来ます。終わりは近いのです。」

という設定だった。かつては。

終わりが近いから、皆さん信者になってね。でないとハルマゲドンという終末の日に救われませんよ。という信者勧誘作戦。

私が二世信者としてエホバの証人を強制されていた前世紀には、この主張に筋が通っていた。1914年の世代がまだたくさん生きていたから。

「私たちの齢は七十年、健やかであっても八十年」(詩編90:10)

1914年 + 80才 = 1994年

1914年生まれの人が死に絶えちゃう20世紀末、ノストラダムスより早くエホバの証人の唱える終末ハルマゲドンがやってくるという設定だった。

背教者に預言されていたものみの塔の1995年の預言改訂

“ものみの塔に預言改訂を提言、あと20年は稼げまっせ。” の続きを読む


「預言ハズシても信者減らねぇっす」という麻薬中毒のものみの塔

1914年、C・T・ラッセルの思い付き

エホバの証人 – STOPOVER(途中下車)で読んでいる『ものみの塔の終焉』。7章『1914年にキリストは臨在していない』から。

エホバの証人の存在の根源となる1914年の教理、これはC・T・ラッセルの「閃き」だったと本資料の筆者が述べている。

閃き、思い付き、こじつけ。

以前にも書いたが、ものみの塔の権威の根源である1914年の教理は無根拠。聖書内を掘り繰り返して、無関係箇所を関係あるかのように「こじつけ」ただけ。三段跳び論法。

エホバの証人の三段跳びからのハイジャンプ論法

そして、最後に三段跳びからの、考古学を無視した論理ハイジャンプ。

ものみの塔協会の論理ハイジャンプ

三段跳びからのハイジャンプくらいに「こじつけ」てぶっ飛ばないと、ラッセル君の閃きには筋が通らない。「こじつけ」まくっている段階で筋は通っていないのだが。

ハイジャンプだろうが、何だろうが、預言は当たれば良いのだが、いい加減な「こじつけ」預言が当たるはずはなく。

1914年にこの世が終わることになっていて、直前にそれはヤバいとラッセル君は方向転換。「別に預言した訳じゃねぇっす」と訂正したのだが、純朴熱心エホバの証人にそれは届かず。

エホバの証人が1914年に関して夢を見た経験が「1976年エホバの証人の年鑑」から引用されている。

ある晩、わたしはエクレシア(会衆)全体が汽車に乗ってどこかに行く夢を見ました。雷といな光がすると、たちまち仲間の人たちがあたり一面死に始めたのです

・・・

それから突然わたしは死んで、大きな解放感と満足感を味わいました。この古い世に関する限り、万事がまもなく終わろうとしていること、また、『小さな群れ』の残りの者が栄化されようとしていることを、わたしたちがどれほど確信していたか

あいたたた・・・栄化って何すか?確信しちゃってたんすか・・・。

ものみの塔協会の麻薬中毒「預言ハズシても信者減らねぇっす」

“「預言ハズシても信者減らねぇっす」という麻薬中毒のものみの塔” の続きを読む


偽預言者の終末ビジネスが成り立つ理由

偽預言者は人々の無意識にアクセスし利用する

ネットで読めるJW解約資料「JW解約-エホバの証人の真理を検証する」第五弾「1914年と終わりの日」より。「終末思想の歴史」の項。

資料内に西暦44年以降、聖書の年代を使って終末を預言した27個の例が上がっている。27件の中で最新がものみの塔協会。当然、全ての預言は実現していない。世界はそんなに簡単に終わらないって。

聖書をもとにした預言なので、聖書に関係ない預言も含めると数はもっと膨大になる。有名どころでノストラダムスはこの27件に入っていない。こんなにも偽預言者が出現するのは、どの時代にも一定の需要があるからだろう。

人々の中に潜在的な破滅への希求があり、それを煽ることで儲けようとする終末ビジネスが成り立つ。またはイカれた預言者まがいの教祖の自己顕示欲の充足に、信者の人生や財産が使い捨てられてきた。

人間は古来より恐怖心を感じるようにプログラムされている。危険を恐怖と感じないと命の危険があるから。暗闇を恐れたり、毒を持っていそうなヘビや虫を気持ち悪いと感じる生理的な嫌悪感がそれ。

生命の安全のために持ち合わせた恐怖心が、外部から煽られることで昇華。終末ビジネスの餌食になる。

終末ビジネスが繁盛するのは、人々の無意識を操作しているから。これが原因の一つではないだろうか。もちろんものみの塔協会はこれに乗っかって、成功した部類に入る。

偽預言者の末裔であるものみの塔協会

“偽預言者の終末ビジネスが成り立つ理由” の続きを読む


ものみの塔協会の数打てば当たるハルマゲドン戦略

ものみの塔協会の数打てば当たるハルマゲドン

インターネットで閲覧可能な真理真氏作成のJW解約資料「JW解約-エホバの証人の真理を検証する」。第5弾「1914年と終わりの日」を読んでいる。

かつてものみの塔協会が預言してきた年号が羅列されている。ものみの塔協会によって予言された、大患難つまりこの世の終わりハルマゲドンの年は以下のように。

1914年、1915年、1918年、1920年、1925年、1914年から一世代、1975年、以降ずっと・・・

この資料では、数多く打てば当たると書かれている。実際1914年に第一次世界大戦が勃発。預言の的中とものみの塔協会は主張。その実、本来の1914年の預言は「エホバの証人以外が全員死に絶えるハルマゲドン」の勃発。大戦の始まりのような中途半端なしるしではない。

ハルマゲドンの到来という意味では、ものみの塔協会の預言は当たったことはない。1914年以来、1世紀以上も預言がハズレ続けている。その間に何十万人ものエホバの証人信者が人生を棒に振ってきた。

一生をものみの塔協会に搾取され人生を終えたエホバの証人も多く存在する。いったい何のための人生だったのか。不毛。本人の人生の不毛だけならまだしも、家族・親族をカルトに巻き込む害悪そのもの。有害なカルトの発展に一生を捧げたというのは重罪。

2007年にハルマゲドンが永遠に来なくなったエホバの証人の教義変更

ハルマゲドンは怖くない~滅びを覚悟したエホバの証人二世に恐れはない

エホバの証人のハルマゲドンはただの妄想

“ものみの塔協会の数打てば当たるハルマゲドン戦略” の続きを読む


エホバの証人の産地偽装問題

ものみの塔協会の預言ハズシの証拠

ネットでダウンロードできるJW解約資料を読んでいる。第5弾「1914年と終わりの日」より。JW解約-エホバの証人の真理を検証する

「遠ざかる1914年」の項目より。

ものみの塔協会の1914年の教義は重要教義で、この年に天でキリストの王国が設立したとか何とか。1914年に天を追い出された悪魔サタン軍団が地上に降り立ち、世界は終わりの日に突入したというトンデモ教義。

1919年にエホバの証人の昇天組の支配者層がキリストによって選ばれた。その中にエホバの証人の最上位組織である統治体が含まれている。そのため、ものみの塔協会こそが真理の経路であるという権威付けの根拠になっている。

この資料では、ものみの塔協会の「目ざめよ!」誌、発行目的が書いてある部分から「1914年」の文字が消えたと指摘されている。発行目的が書いてあるのは奥付か扉部分だと思われるが、手元に「目ざめよ!」がないので分からない。

1995年10月22日以前の発行目的は

1914年の出来事を見た世代が過ぎ去る前に平和で安全な新しい世をもたらすという、創造者の約束

となっているが、1995年11月以降は

現在の邪悪で不法な事物の体制に取って代わろうとしている、平和で安全な新しい世についての創造者の約束

と変更されている。

1914年に生きていた奴らが全員死んだら、新しい世が来るという設定だったのだが、1995年にはそれが無理だとなって、この文言が消し込まれた。

実家に帰ったら、古い「目ざめよ」を引っ張り出して保管しておこう。ものみの塔協会の預言ハズシの証拠なので。

ものみの塔協会のプレミア出版物

エホバの証人の子供向けの黄色い本の思い出

エホバの証人の産地偽装問題

“エホバの証人の産地偽装問題” の続きを読む


ものみの塔は緋色の野獣に股を開く娼婦

ものみの塔協会の「新しい光」は間違いを犯した証拠

ネットで読めるJW解約資料の第4弾「神の経路と奴隷級」より。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

「神と光とあなた」のページ。エホバの証人特有の表現である「新しい光」、「光が増した」について指摘されている。エホバの証人組織では、教理や預言が代わる度に、「新しい光が差した」、「光が増し加わったことを喜びましょう」という使われ方をする。

何のことはない。都合が悪くなったり、ハズレが確定した預言を訂正してごまかしているだけ。

ものみの塔協会の逃げ口上としては、ものみの塔の指導的立場である統治体も人間だから、誤ることがある。しかし、正しい真理の組織だから、新しい光によって正しい方向に導かれるという体裁。

具体的にものみの塔協会がどんな間違いをしたのか、現在進行形であげるときりがない。

かつて子どもの体罰を推奨し、うっかり国連NGOに加盟し、何かの手違いで軍需関連企業やタバコ銘柄の株を所有。ブルガリアで輸血解禁してみたり、ナチスに迎合しようとして返り討ちにあったり、以前は喫煙やクリスマスをOKとしていた。かつての組織のロゴマークに十字架を使っていた。

これらは全部、統治体が間違っていた事実。ところが、新しい光が増したので、誤りは正されメデタシメデタシということになっている。

統治体が間違っていたのは事実。これは全てのエホバの証人が認める所。新しい光が云々言っている時点で、古い光が間違っていた光であることは誰も否定できない。

国連の図書館を借りるために股を開くものみの塔協会は大淫乱

ものみの塔は緋色の野獣に股を開く娼婦

“ものみの塔は緋色の野獣に股を開く娼婦” の続きを読む


ものみの塔協会が名を連ねる偽預言者の系譜

根本を正すとものみの塔はやはり偽の塔

最近、調べているネットでダウンロードできるJW解約資料より。4つ目の『神の経路と奴隷級』

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

昨日の記事で、私は不真面目なエホバの証人の二世信者だったので、年代計算の教義についてほとんど覚えていないと書いた。もともとが突っ込みどころ満載な教理なので、うさん臭くて信じられなかった。だから覚えていないのだろう。

「1919年がどうのこうのって全てものみの塔の主張だろ」と親に言ってみたところで、

「ものみの塔協会は神からの霊的経路だから正しい」と言われる。

エホバの証人に対して、

「あなたの言っていることはjw.orgからの引用でしょ」と言うと、

「はい、jw.orgの記載は検証可能な信頼できるものです」となる。話が通じない。いやいやそれカルトだから。信頼しちゃあかんのですよ。

洗脳下のエホバの証人は根本を疑うことをしない。根本とはものみの塔協会のこと。その権威の根源。統治体という老人集団なのだが、果たしてそれは信用に足るのか?詐欺師であるとか、精神に異常をきたしている人が紛れ混んでいる可能性を一切鑑みないのか?

そんな不安定なものに信仰という名の妄信だけで、人生の全てをフルべットして良いの?取り返しがつきませんよ。

ものみの塔協会が名を連ねる偽預言者の系譜

“ものみの塔協会が名を連ねる偽預言者の系譜” の続きを読む