エホバの証人2世の高校デビュー

エホバの証人2世の高校デビュー

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人をやめる中学生までの友達というのは現在の私には一切存在しない。エホバの証人2世だったという暗く辛い過去を思い出すのでその頃のクラスメイトの顔など今でも見たくないのである。

中学生までのクラスメイトには私が変わり者のエホバの証人2世であるということが十二分に知れ渡っている。学校の給食の合掌のときには手を合わせないしクリスマス会にも参加しない。週末になると妙にかしこまった格好をしてボランティア活動と称して家にやって来る。ものみの塔協会の勧誘活動のためである。私は随分と危険な奴だと認識されていた。自ずと中学校以前の同級生との交流は廃れていった。

私にとって幸運だったのは家からだいぶ離れた高校へと進学したことである。いわゆる高校デビューである。エホバの証人2世ではない新しい自分として高校生活を始めたのだった。そしてさらなる幸運なことは30歳を超えた今でも交流がある友人たちとこの高校時代に出会えたことである。

“エホバの証人2世の高校デビュー” の続きを読む


失われるエホバの証人2世の友人関係

エホバの証人2世の幼なじみ

私は生まれながらのエホバの証人2世だった。私の家庭は両親ともに熱心なエホバの証人という神権家族だった。エホバの証人2世の友人でジュン君という子がいた。お互いに一人っ子で幼なじみと言っても良い関係だった。ジュン君とは王国会館で開かれる集会の度に週に3回、それ以外にもそれぞれの母親が会うときに連れられて一緒に遊ぶことがあった。

エホバの証人2世は信者ではない子供と遊ぶことが勧められてない。学校の友達と遊びに行くと言うと私の両親は露骨に嫌な顔をした。エホバの証人は”この世”の人と信者でない人のことを呼び一般人との交友を忌避する。そのためエホバの証人は交わりと称して2世の子供たちを遊ばせたり、親もお互いに自宅に食事に呼びあったりということがある。

そういった交わりの結果、私とジュン君は仲が良かった。お互いに一人っ子で兄弟がいなかったことも関係していたのだろう。エホバの証人2世として組織外に友達を作りづらい状態にあったことも大きな要因である。

“失われるエホバの証人2世の友人関係” の続きを読む


エホバの証人2世の危険な遊び

エホバの証人2世の危険な遊び

まだ私の両親がエホバの証人の研究生だった頃の話である。私の父親の聖書研究を担当していたエホバの証人の家庭とは家族ぐるみの付き合いになっていた。その家族は全員がエホバの証人という神権家族だった。ちょうど私と同じくらいの年齢の子供もいて父親が聖書研究をしている間、私はその子供と一緒に待っていたのである。

その子は阿部君という名前で、不確かな記憶ではあるが父親の聖書研究の間、私も阿部君にエホバの証人の教義を教えられていたような気がする。後に私もその阿部君の立場になったことがある。父親が”開拓”した研究生の家族の子供にものみの塔協会の教義を教える聖書研究の真似事をしていたのだ。子供が子供にカルトを仕込む何とも危険な遊びである。

阿部君は驚くほど穏やかで礼儀正しい子供だった。

「僕はエホバの証人2世ですから」という綺麗な言葉使いは同年代の近所の子供からは聞いたことがない代物だった。

「一緒にこの本を読んでお父さんを待っていましょうね」などと大人のような話し方をするのである。小学校に入る前の通常は泥だらけになって走り回っているような子供がこんな感じなのである。おそらく2人で読んでいた本はものみの塔協会が子供向けに発行していた黄色い本である。ものみの塔協会の新世界訳聖書の内容を子供向けに絵本感覚にしたものだ。

“エホバの証人2世の危険な遊び” の続きを読む


恥の天秤

思いのままに行動すること

通常ならばそれほど苦労せずに手に入るものがエホバの証人2世であるが故に失ってしまったものや得られなかったものが多く存在する。高学歴であったり高収入であったり甘酸っぱい恋愛の記憶であったり両親との温かな関係やバカ騒ぎ出来る友人など様々である。本来、簡単に手に入るものに大した価値など無いのだが、本人にとっては大問題である。

私も14歳でエホバの証人をようやくやめて以来、手に入れられなったものや出来なかったことなどを全てやり尽くそうとしてきた。ある意味これは不毛なことだった。エホバという偽神とものみの塔という偶像のせいで得られなかった快楽を求めようという発想が良くない。エホバやものみの塔というワードが混じってくる時点でものみの塔協会の洗脳下、支配下にあるということなのである。

大事なのは本当に必要なものや欲することをそのときの自分の気持ちのままに求めることである。このように自分の思いのままに素直に行動すること、これがエホバの証人2世は大の苦手なのである。幼い頃からこらしめという体罰とハルマゲドンでの滅びによる恐怖政治を敷かれてきた結果である。簡単に洗脳は解けないのだ。

“恥の天秤” の続きを読む


エホバの証人2世の特効薬

エホバの証人2世として思春期を過ごすことの悪影響

最近、空き家となっていた実家の整理をしている。この実家が空き家となったのは両親が20年をエホバの証人として過ごしたからである。私もほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世だったのだが14歳のときに自分の意思でエホバの証人をやめた。その後でエホバの証人をやめるタイミングがずれたために両親は離婚し私の一家は崩壊したのだった。

実家整理のついでのふとした気まぐれで最後に連行されていた王国会館を見に行ってみたのだが、ここは閉鎖されていた。私は9歳のときに引っ越しているので、この最後の王国会館に通っていたのは長くても9歳から14歳までの5年間である。今の私は37歳でそのうちの5年間である。そんなに長い気もしない。ただ小学校高学年から中学2年生までの時期をエホバの証人2世として過ごさざると得なかったということの意味は大きい。それは私の精神や人間関係に大きな悪影響を与えている。今でもこの影響からは自由に慣れていない。

家族親族を含めて14歳以前の知り合いに会うと必ずエホバの証人2世だったことが頭をよぎる。祝って貰えなかった誕生日、参加が許されなかったクリスマスや節分の行事、ものみの塔協会の教義には細かな禁止事項が多いのである。毎週3回の集会とその予習のために学校の友達と遊ぶ時間は制限されていた。そもそもこの世の人々との交友はあまり認められていなかった。何よりもエホバの証人2世として他人から蔑まれることが苦痛だったのである。変わり者というレッテルを貼られることや他者の哀れむような視線が嫌だったのである。

“エホバの証人2世の特効薬” の続きを読む


エホバの証人2世が特権より欲しかったもの

エホバの証人2世にとっていらない特権

エホバの証人用語で特権というものがある。これは簡単に言うとエホバの証人組織内で出世するということである。日曜日の集会で公開講演を行うことになる、何千人も集まる巡回大会で講演をすることになった、会衆内の長老に任命された、エホバの証人的にはこれら全てが特権を得るということになる。組織内でエホバの証人的な立ち回りを上手く続けていると特権を増していくことになる。私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられていたのだが、そういう組織内で出世していくようなタイプの信者にはなれそうも無かった。

私は幼い頃からものみの塔協会が禁じている暴力や心霊現象を扱うテレビ番組を両親に隠れて見ていた。このテレビ番組の禁止レベルが非常に厳格で私の子供の頃だとキン肉マンやゲゲゲの鬼太郎クラスでNGだった。隠れてテレビを見ていて親に見つかりそうになったり、テレビを見ることの出来る決められた時間を超えたりするのに伴って両親に対して常習的に嘘をついたりすることになった。

またテレビゲームだとかプラモデルといったこの世のものが与えられることがほとんどなかった。エホバの証人にとってふさわしくないというのがその理由である。自らそういったものを手に入れるために万引きをしてみたり親の財布から金を抜いたりと、普通の子供にとっても悪と思われることをするようになっていた。

“エホバの証人2世が特権より欲しかったもの” の続きを読む


エホバの証人2世が浴び続ける2つの視線

自意識過剰なエホバの証人2

私は自分の意思で14歳のときにエホバの証人をやめた。それまでエホバの証人2世として育てられたのだが、一番大きく私自身に影響を及ぼしたのは自意識の問題である。過剰な自意識のせいで他人の視線が気になって仕方が無いのである。

誰もいないところでも誰かに見られているような気がするのだ。誰かに見られていたとしても問題無い自分を演じてしまうのである。しかし本当は誰も私のことなどに注目していないのだ。それでも他者の視線が気になってしまうのである。

 

エホバの証人2世の子供が浴び続ける架空の視線

これは幼い頃から天にいるエホバやイエスに見られていると言われながら育てられた影響である。エホバの証人2世の子供たちは常に神エホバに監視されていると思い込んでいるのだ。神エホバだけでなくサタンもまたエホバの証人2世の子供を見ている(と思い込んでいる)。虎視眈々とサタンや悪霊は我々を誘惑する機会を狙っているのである(と思い込んでいる)。こうした空想の産物からの視線をエホバの証人2世の子供たちは感じ続けている。感受性豊かな子供だからこその恐怖の視線である。

幼児期からの強力な洗脳の結果、エホバの証人の子供たちはこうした架空の視線の支配下にある。常に何らかの視線にさらされているというという思い込みはエホバの証人2世の行動を制限する。彼らはいつでもどこでも厳しいものみの塔協会の戒律を守ろうと努力するのである。

“エホバの証人2世が浴び続ける2つの視線” の続きを読む


何もかもをさらけ出すことが出来ないエホバの証人2世

王国会館での事故

小学校の頃に流行った遊びがあった。息を止めて顔面に力を入れるというものである。危険なので絶対に真似をしないで欲しい。私はこれを繰り返しやっていたのだが、顔が尋常でなく紅潮するのである。そうやって周囲をびっくりさせるのである。

王国会館でのエホバの証人の集会が終わっても、子供の頃の私はなかなか帰宅することが出来ない。”交わり”と称して、両親は会衆内の他の信者と長く話をしていて、帰るのは最後の方に近かった。その間にその顔面を紅潮させる遊びをしていたのである。顔を赤くして会衆内の他の子供を驚かして遊んでいたのである。

ある時、鏡の前で自分の真っ赤になった顔を見て、その後の記憶がしばらく無くなった。どうやら脳が貧血状態になって倒れたようなのである。私は地面に倒れていて、王国会館の壁には大きな穴があいている。倒れた私がぶつかって壁が壊れたのだ。

この時に思ったのは、何と恥ずかしいことをしてしまったのだろうということだ。変な遊びをしていて壁に大きな穴を開けてしまったのである。もうすぐ中学生という年齢でそんなことをしでかしてしまうとは、何と恥ずかしいことか。

しかし、しばらくするとまあ問題はないかという結論に至る。どうせこの王国会館に来ている連中との付き合いもあと何年かの間なのである。いつかはエホバの証人をやめたいと思っているのだ。それまでの付き合いの人間に対して恥をかいたって別に良い、そもそもいつか全くの他人になる人間に対して恥でも何でもないのである。

“何もかもをさらけ出すことが出来ないエホバの証人2世” の続きを読む


エホバの証人2世の陰険な性格

エホバの証人2世の子供に受け継がれるものみの塔協会の悪習

私の通っていた小学校では、近所の生徒たちが朝決められた場所に集合し、そのあとでまとまって登校していた。その集団登校の時に6年生になると下級生を連れて先頭になって登校しなければならない。

私が小学6年生だった頃、やはり下級生を連れて登校していた。そのとき私は下級生の1人を口頭でいじめてしまっていた。もう相手が誰だったかさえ覚えていないのだが、一番小さな子供だろう。

自分より弱者のちょっとした弱みを見つけると、そこを口頭で攻撃してしまうのである。小学校へ入ったばかりの頃から、上級生の中でも底辺に属しているような生徒に対しても、口頭で悪口を言ったりしたものである。

そういったいじめが暴力に発展することは無かったのだが、そもそも誰かに対して悪口などを言いたかった訳ではない。暴力はいけないとエホバの証人の教義で厳格に決められている。悪口、陰口も良くないのだろうくらいは解るものだが、大人のエホバの証人信者の間では陰口、噂話が日常的だった。エホバの証人2世の子供たちはこういったものみの塔協会の悪習を受け継いでしまうのである。

“エホバの証人2世の陰険な性格” の続きを読む


子供にとって悪影響でしかないエホバの証人という宗教

傷付けられるエホバの証人2世の子供たちの自尊心

エホバの証人2世の最も大きな特徴は他者の視線を必要以上に気にすることである。これには小さな頃から奇異の視線を浴び続けて育ったことが影響している。学校の行事に参加しないことで同級生や先生からは変わり者扱いされる。親族からも心配され、憐れみの視線を投げかけられる。隣近所にも伝道と称して子供自らがブザーを押すことを求める親もいる。私の親はまさにそうだった。

中学生の頃になると同級生のいる地区を伝道で回るのが何よりも嫌だった。しかし私の両親は完全にものみの塔協会の洗脳下にあったので、同級生の視線を嫌がる私の信仰が弱いと信じ込んでいた強制的に同級生の生徒が住む地区をカッターシャツにネクタイを締めて回らされたのである。これは私がもう王国会館にも伝道奉仕にも行かないと両親に宣言した中学2年生の秋まで続いた。思春期の多感な時期に、親から嫌がらせとも思える理不尽な扱いを受けたのである。

“子供にとって悪影響でしかないエホバの証人という宗教” の続きを読む