今から先の未来もエホバの証人に加担するのは現実逃避であり重罪

独善的な組織や人に近寄るな

AmazonのKindleで読める『てい少年と悪魔サタン』

エホバの証人二世信者の自伝的小説。作中ではエホバの証人と明かされていないが間違いなくエホバの証人の話。

話も終盤になり、少年は嫌々やっていたエホバの証人活動に根を詰めることにする。それはつまり、ものみの塔協会の求める生き方をするということ。

教団は実質、自分で考える事を否定し教団が与える情報を真理として受け入れる人間のみを認めた

自身の供する情報だけを信じろという独善性。人の意見を取り入れられない、こんな組織や人間に発展はない。近寄らないに限る。泥船に便乗して人生の全てを損なうことになる。

私もマジメにエホバの証人になろうかと思ったことが何度かあった。少年の頃。10才とか12才とかその頃。それは果たして自分で決めて考えたことだったのだろうか?

エホバの証人になるという決断をする段階で既に洗脳下

“今から先の未来もエホバの証人に加担するのは現実逃避であり重罪” の続きを読む


エホバという呪文と巡回乞食監督

エホバという呪文

北海道のエホバの証人広島会衆の大量排斥事件の資料『事件簿』

資料へのリンクはエホバの証人 – STOPOVER(途中下車)

読み終えたので、後半部分より考えさせられたことが何点か。

特権に通じる数字論理、もてなし、感謝、励ましという接待論理がそれを支え、育んでいます。

それというのは実体Baal、つまり『ものみの塔』という偶像のこと。

「組織」という名のConcept Baalはそこから力を得、同時にそうした状況を強化してゆき、すべてはエホバの業、エホバの祝福であると思い込ませてしまいます。何とも巧妙なからくりです。そして内部が醜くなればなるほど“あの白き壁”“象牙の塔”のごとく、べテルを豪華に飾り立て、誉め言葉、賛辞で組織を飾ることになるでしょう。また「救い」「滅び」という呪文で人々を脅してゆく

これだけでものみの塔協会の全てを表している。『あの白き壁、象牙の塔』というのが何を示すのか、ちょっと不明なのだが、ベテルという実在の建物とその内実の空虚・虚偽を示唆しているのかと思われる。

ものみの塔組織は特権でエホバの証人を釣り、奉仕させ力を増す。その力の増幅が神の祝福であるという妄想がさらに特権欲を煽り、信者は全てを投げ出し、象牙の塔が力を増す。この巧妙に仕組まれた悪循環がものみの塔が世界にはびこった理由。

そして、特権という”エサ”だけでなく、「救い」と対になる「滅び」という”罰”でエホバの証人を調教する。「エホバ」「ハルマゲドン」というワードはまさに呪いの言葉、呪文というに”ふさわしい”。

巡回乞食監督

“エホバという呪文と巡回乞食監督” の続きを読む


エホバの証人がエホバの証人以外の人に認めてもらう方法

エホバの証人はやはり犬

エホバの証人は特権大好きのものみの塔協会の犬だと昨日の記事で書いた。

ものみの塔協会の飼い犬エホバの証人と人間の尊厳を損なわせる特権

これはエホバの証人一世信者に大きくあてはまる話なのだが、実は親ゆえにエホバの証人をやっているエホバの証人二世信者も根は同じ。犬。

特権が親の是認に置き換わり、そこに懲らしめという罰が付け加えられる。懲らしめという体罰は、子供が大きくなれば親の是認を失うという罰に置き換わる。

こう考えると一世信者も同じ。特権というエサと組織の是認を失うという罰で動かされている犬。自分の意識を持たないエサと罰で操られているだけの家畜

極論になるが、人は誰に認められなくても生きていける。親がいなくても生きていけるし、友人がいなくても生きていける。一人で一人で生まれてきて一人で死んでいくだけ。色どりのない人生ではあるが、悪の組織の犬になるよりは百倍マシ。

エホバの証人がエホバの証人以外の人に認めてもらう方法

“エホバの証人がエホバの証人以外の人に認めてもらう方法” の続きを読む


エホバの証人を退会させるための三つの手段

エホバの証人を辞めさせるための三つの方法

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』より。エホバの証人を脱会させるための方法。こちらで三つにまとめた。

  1. 一気に
  2. 寝かさずに
  3. 諦めよく

実際にエホバの証人を辞めさせるための資料はJW解約-エホバの証人の真理を検証する。これはこの本の著者が作成した非常に優れモノの資料。

 

エホバの証人を辞めさせるときは一気に

“エホバの証人を退会させるための三つの手段” の続きを読む


ものみの塔というドル箱を崩壊させ全世界のエホバの証人の救済に充当すべき

ものみの塔はホメオスタシス理論に従う単なるシステムに成り下がっているのか?

インターネットで発見したエホバの証人解約資料。ダウンロードはJW解約-エホバの証人の真理を検証するから。

解説部分で

統治体を動かしているものは『組織の存続性』という自然の原理

と書かれている。

統治体というのはエホバの証人組織の頂点に君臨するメンバー。神の聖霊を浴びて、エホバ神の代弁者であると自称している人々。

この統治体の行動原理が『組織の存続性』であるというのは、統治体の成員が自己の私利私欲のために全世界1千万人のエホバの証人を騙し、無償労働や寄付をさせている訳ではないということ。

組織の管理者として、既存のものみの塔協会を存続させるために、平気で虚偽を述べ、欺瞞に満ちた行動をとっているとする理論。全てはものみの塔協会の存続のために、そのためには手段を選ばずということ。

恒常性、ホメオスタシスという自然法則。

この可能性については、私も以前にものみの塔協会が意思を持たないただのシステムになっているの記事で触れている。

エホバの証人の統治体ですら被害者

“ものみの塔というドル箱を崩壊させ全世界のエホバの証人の救済に充当すべき” の続きを読む


『ドアの向こうのカルト』エホバの証人のエネルギーは有害な活動に使われている

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人2世が書いた脱会本。本人の洗脳が解けた後、周囲の解約に向けて動く。その経過で作者が気づいた事実が記載されている。

神や目に見えない存在をどう感じて信じるかは、完全にその人の主観による

薬のプラシーボ効果のように、その人がそう信じればそれは現実にも影響を与える

 

人は見たいものを見て、信じたいものを信じる。エホバの証人たちが大会などで語る経験談や、出版物に載っている素晴らしい話も全部、本人たちの思い込みによるもの。

エホバの証人はカルト集団であり、そこに属する限り心身は蝕まれ、経済的にも困窮する。ものみの塔協会がぶら下げている復活とか永遠の命というニンジンも全部ウソなので、エホバの証人でいることに一切メリットはない。

エホバの証人であることは、家族・親類や近所の人に迷惑をかけ、ろくに働きもしないので社会的にも害をまき散らすことになる。

ちょっと冷静に考えれば分かるのに、それが出来ないのは激しい洗脳により、本人がものみの塔を信じ切っているから。

それにより、本人が見たい幻想を作り出している。エホバの証人でいるとこんなに素敵なことがあるんだわとなってしまう。カルトに属することで素敵なことなど一切起こるわけがないのだ。

エネルギーの向け先を変えるべきエホバの証人

“『ドアの向こうのカルト』エホバの証人のエネルギーは有害な活動に使われている” の続きを読む


『ドアの向こうのカルト』真理真さん作成のJW解約のためのpdf

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人二世が書いた脱会本。絶版なので読むなら中古で。

 

この本の筆者がペンネーム「真理真」で作成したJW解約用のpdf資料がネットに存在する。作中で紹介されていたので、インターネットで検索しpdf資料をダウンロード。下記からダウンロード可能。

JW解約-エホバの証人の真理を検証する

多数のpdf資料。筆者の執念とひたむきさを感じる。いい加減な私には出来ない仕事だと感じながら、ありがたく読ませて頂く。感謝。

筆者から資料を引き継いでいらっしゃる現在の管理人さんにも感謝。素晴らしい仕事。

『真理真』さん作成のJW解約のためのpdf資料

“『ドアの向こうのカルト』真理真さん作成のJW解約のためのpdf” の続きを読む


Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』

犯罪の温床となるエホバの証人組織

Amazonのプライムビデオで『カルト集団と過激な信仰』を見た。7エピソードのうちパート2がエホバの証人。

登場するのは、エホバの証人組織内で児童性虐待を受け続けたエホバの証人の二世信者。彼女が大人になってエホバの証人組織を告発するという内容。

彼女は幼い頃から児童性虐待を受け続け、エホバの証人組織内で告発するも黙殺される。番組内では、エホバの証人組織内での児童性虐待の組織的隠蔽が明らかにされている。

ものみの塔協会は、他にも悪さをいっぱいしているに違いない。児童性虐待は氷山の一角。ものみの塔協会は、組織の体面を守るためたなら組織的隠蔽工作を辞さない自浄作用のないカルト集団であるということ。

脱会しにくいエホバの証人はカルト

“Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』” の続きを読む


エホバの証人の洗脳からの覚醒体験

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人二世信者の脱会本。絶版になので読むなら中古で。

 

作者の洗脳解除の瞬間、覚醒と表現されている。頭の中にこの文字が現れたという。

「オマエハ シュウキョウノ センノウカラ トカレタ」

この作者の場合は極端だが、洗脳が解ける瞬間というのは誰にとっても分かりやすい体験として現れる。

洗脳からの覚醒体験の内容は、本人の趣味嗜好によるところが大きい。作者はSF系の映画や漫画が好きで、それに影響されている所が大きい。

エホバの証人の洗脳解除覚醒の瞬間

私の洗脳からの覚醒の瞬間は、インターネットを見ていて

「ラッセルの墓はピラミッド~♬」という記事を見てピンときた。頭の中で全ての疑惑が一瞬でつながった。

エホバ = 架空の存在

統治体を始めとするものみの塔協会 = 大ウソつき野郎、組織ぐるみの隠蔽体質

エホバの証人 = 騙され搾取されている人々、オウムや統一教会などのカルト被害者と同じ

一瞬で結論が出て、数々の疑問の答えが出た。

ハルマゲドン = 来ない。

この世の情報はサタンなので避けろ = ものみの塔協会による情報統制

エホバの証人の王国会館が病人だらけでサムイ奴らが多い理由 = 騙されている弱者の集団だから、思考停止して自分で考ることを止めた現実逃避者だから

エホバの証人の洗脳からの覚醒の後にやってくる絶望こそ人生の真理

洗脳からの覚醒体験はある種スッキリする。のだが、その後絶望がやって来る。過去のエホバの証人としての行為全てが無駄というか、世間に害をもたらした罪だったという厳しい現実を叩きつけられることになるから。しかし、それも致し方ない。

絶望から逃げていては前進はないから。エホバの証人たちが騙されて活動しているのは明らかなので、災厄を撒き散らしつつも本人たちも被害者。情状酌量の余地はある。聖書にも書いてあるでしょ。

「蒔いた種は刈り取れ」と。エホバの証人として人々を騙した罪は償わねばならない。

幸い日本ではエホバの証人活動が罪に問われることはない。過去のエホバの証人としての罪を清算するにはいい環境。

エホバの証人を辞めて、厳しい現実に叩きのめされるべき。それが人生。エホバの証人を何十年もやっていたというのは崖っぷちの絶望状況だが、人生はそれでも価値がある。家族に詫びを入れ、エホバの証人でない人生をやり直すべき。

だって、そうしないと本当に人生の無駄遣いで終わるよ。ハルマゲドンは来ないし、楽園での永遠のイノチなんて嘘なんだから。

それよりもやっぱり、洗脳解除の瞬間は気持ちいい。すっきりするから。その後のことは後で考えればいい。エホバの証人みたいな生き方をしていても喰いっぱぐれることはないんだから、今の日本なら何してでも生きて行ける。

ものみの塔協会からの洗脳状態を解くためにすべきこと


14歳でエホバの証人の洗脳を解除した私の宿命

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

エホバの証人二世信者の脱会者が書いた本。絶版になっているので読むなら中古で。

 

作中で、2人の元エホバの証人2世信者が若くしてホストになった記述がある。カルトを強要する親元を抜け出すための方法は、彼らにはそれしかなかったと書かれている。

あの若さで宗教を捨てるという決意は並大抵のエネルギーではできない。

あの若さというのは、作中のホストになった元エホバの証人二世の年齢。18才。幼い頃からものみの塔協会の洗脳教育を受けて、宗教を捨てる。自分の根幹を覆すということ。さらに親を裏切るということにもなる。

14歳でエホバの証人を脱会するエネルギー

“14歳でエホバの証人の洗脳を解除した私の宿命” の続きを読む