エホバの証人をやめた後で気をつけること3点~この世での生き方

ものごころついた時からエホバの証人2世だった私が、エホバの証人をやめたのは14歳の秋。エホバの証人の毒親だった両親に、ついに脱塔宣言をした翌日は何とも清々しい朝だった。

この日の話は脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空

この日の万能感、全能感がそのまま継続すれば良かったのだが、そうも行かなかった。エホバの証人は、からだ中にエホバの証人らしさが染みついている。私のように生まれながらのエホバの証人2世は特にその傾向が強い。

そこで、エホバの証人をやめた後で気をつけることを3点にまとめた。

  1. 自由になって何をしたらいいのかを見極める
  2. 自分の意思で継続することに注力する
  3. 過剰な自意識から自由になることを意識する

順番に説明すると

1.自由になって何をしたらいいのかを見極める

“エホバの証人をやめた後で気をつけること3点~この世での生き方” の続きを読む


脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空

エホバの証人をやめた夜

私は両親がエホバの証人という、いわゆる神権家族で育った。神権家族とはエホバの証人用語で、家族全員がエホバの証人という状態のこと。

女性、とくに母親がエホバの証人に引き込まれやすい傾向がある。夫婦の場合、妻⇒夫の順番でものみの塔協会の洗脳に陥落、子どもはその過程で強制的にエホバの証人扱いされ、神権家族構築となる。

私はエホバの証人の両親の元、一人息子でほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世だった。そんな私だったが、14歳のときにエホバの証人をやめると両親に宣言した。「もう集会にはいかない」と。

集会とはエホバの証人のミサのようなもの。王国会館というエホバの証人の教会に集まり、聖書を読んだり、賛美歌を歌ったり、信者たちの交流の場であったり。

とある夜の集会に家族で出かける直前。私は、「もうエホバの証人をやめる」と脱塔宣言をしたのだった。

このときの話はエホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

エホバの証人はいつでも安全にやめることができる

エホバの証人をやめた翌日。やめると宣言した翌日、ではなくやめた翌日だ。エホバの証人はやめるとさえ宣言すればやめられるのだ。ものみの塔協会は、危険なカルト集団に間違いないのだが、やめるときに命の危険にさらされたり、多額の金銭を要求されることはない。この点は安全な組織。

繰り返すと、エホバの証人は、やめると宣言さえすればやめられる。全世界の信者の人々に言おう。今すぐエホバの証人をやめるべきだ。そこにリスクはない。メリットしかない。

エホバの証人をやめることのメリット

  1. 人生の真実と意味は有限限りある命、時間の無駄遣いをやめられる
  2. ホンモノの家族、親族、友人との関係を築ける
  3. 経済的問題を抱えずに済む

この3点については別の機会に説明したい。

エホバの証人をやめた清々しい朝

“脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空” の続きを読む


エホバの証人に自殺者が多い理由②

エホバの証人に自殺者が多い理由

なぜエホバの証人に自殺者が多いのだろうか?その理由を考えるために、前回は、私がエホバの証人2世だった頃に起こした自殺未遂について触れた。

前回の話はこちら

今回は下記2点から、エホバの証人に自殺者が多い理由を考察する。

  • 私はなぜ自殺しようと思ったのか?
  • 当時の私にとって、なぜそんなに命の価値が低かったのか?

私の自殺未遂の理由①

幼児の私は包丁を持ち出して、自分の体に突き立てようとしていた。この理由は今となっては定かではない。エホバの証人2世として、炎天下や雪の降る中を、来る日も来る日も伝道活動で連れまわされるのが嫌だったのか?きたるエホバの証人2世としての地獄の学校生活を予見していたからか?

どちらでもなく、ただの子どもの悪ふざけだったように感じる。気味の悪い、行き過ぎた悪ふざけなのだが、このふざけ過ぎにはきっちりとした理由がある。エホバの証人にとって命の価値は尋常でなく軽い。人間の命など、エホバの証人にとって吹けば飛ぶようなものなのだ。

なぜか?エホバの証人信者以外の人類は皆、滅ぼされると洗脳されているから。エホバの証人信者でない人は誰もが、優しいおばあちゃんや親族のおじさん、学校の先生、隣の家の人、誰もがもうすぐ神により滅ぼされ死ぬのだ。

エホバの証人信者は全員、今すぐにでもその終わりの日、ハルマゲドンが来ると洗脳されている。エホバの証人にとって、人類全員の命が短い期限付き。もしくは忠実なエホバの証人であるという条件付き

エホバの証人の子供にとっても、命は低価値・短時間である。ゆえに自分の命も吹けば飛ぶほどに軽い。包丁で突き刺してしまえるレベルだったのだ。

私の自殺未遂の理由②

私の中学生の時の話。道路に飛び出して死んでしまおうとしたときの話だ。これにははっきりとした理由がある。学校で恥をかきたくなかったから。

“エホバの証人に自殺者が多い理由②” の続きを読む


エホバの証人2世の高校デビュー

エホバの証人2世の高校デビュー

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。14歳のときに自分の意志でエホバの証人をやめる。私がエホバの証人をやめる中学生までの友達というのは現在の私には一切存在しない。エホバの証人2世だったという暗く辛い過去を思い出すのでその頃のクラスメイトの顔など今でも見たくないのである。

中学生までのクラスメイトには私が変わり者のエホバの証人2世であるということが十二分に知れ渡っている。学校の給食の合掌のときには手を合わせないしクリスマス会にも参加しない。週末になると妙にかしこまった格好をしてボランティア活動と称して家にやって来る。ものみの塔協会の勧誘活動のためである。私は随分と危険な奴だと認識されていた。自ずと中学校以前の同級生との交流は廃れていった。

私にとって幸運だったのは家からだいぶ離れた高校へと進学したことである。いわゆる高校デビューである。エホバの証人2世ではない新しい自分として高校生活を始めたのだった。そしてさらなる幸運なことは30歳を超えた今でも交流がある友人たちとこの高校時代に出会えたことである。

“エホバの証人2世の高校デビュー” の続きを読む


失われるエホバの証人2世の友人関係

エホバの証人2世の幼なじみ

私は生まれながらのエホバの証人2世だった。私の家庭は両親ともに熱心なエホバの証人という神権家族だった。エホバの証人2世の友人でジュン君という子がいた。お互いに一人っ子で幼なじみと言っても良い関係だった。ジュン君とは王国会館で開かれる集会の度に週に3回、それ以外にもそれぞれの母親が会うときに連れられて一緒に遊ぶことがあった。

エホバの証人2世は信者ではない子供と遊ぶことが勧められてない。学校の友達と遊びに行くと言うと私の両親は露骨に嫌な顔をした。エホバの証人は”この世”の人と信者でない人のことを呼び一般人との交友を忌避する。そのためエホバの証人は交わりと称して2世の子供たちを遊ばせたり、親もお互いに自宅に食事に呼びあったりということがある。

そういった交わりの結果、私とジュン君は仲が良かった。お互いに一人っ子で兄弟がいなかったことも関係していたのだろう。エホバの証人2世として組織外に友達を作りづらい状態にあったことも大きな要因である。

“失われるエホバの証人2世の友人関係” の続きを読む


エホバの証人2世の危険な遊び

エホバの証人2世の危険な遊び

まだ私の両親がエホバの証人の研究生だった頃の話である。私の父親の聖書研究を担当していたエホバの証人の家庭とは家族ぐるみの付き合いになっていた。その家族は全員がエホバの証人という神権家族だった。ちょうど私と同じくらいの年齢の子供もいて父親が聖書研究をしている間、私はその子供と一緒に待っていたのである。

その子は阿部君という名前で、不確かな記憶ではあるが父親の聖書研究の間、私も阿部君にエホバの証人の教義を教えられていたような気がする。後に私もその阿部君の立場になったことがある。父親が”開拓”した研究生の家族の子供にものみの塔協会の教義を教える聖書研究の真似事をしていたのだ。子供が子供にカルトを仕込む何とも危険な遊びである。

阿部君は驚くほど穏やかで礼儀正しい子供だった。

「僕はエホバの証人2世ですから」という綺麗な言葉使いは同年代の近所の子供からは聞いたことがない代物だった。

「一緒にこの本を読んでお父さんを待っていましょうね」などと大人のような話し方をするのである。小学校に入る前の通常は泥だらけになって走り回っているような子供がこんな感じなのである。おそらく2人で読んでいた本はものみの塔協会が子供向けに発行していた黄色い本である。ものみの塔協会の新世界訳聖書の内容を子供向けに絵本感覚にしたものだ。

“エホバの証人2世の危険な遊び” の続きを読む


恥の天秤

思いのままに行動すること

通常ならばそれほど苦労せずに手に入るものがエホバの証人2世であるが故に失ってしまったものや得られなかったものが多く存在する。高学歴であったり高収入であったり甘酸っぱい恋愛の記憶であったり両親との温かな関係やバカ騒ぎ出来る友人など様々である。本来、簡単に手に入るものに大した価値など無いのだが、本人にとっては大問題である。

私も14歳でエホバの証人をようやくやめて以来、手に入れられなったものや出来なかったことなどを全てやり尽くそうとしてきた。ある意味これは不毛なことだった。エホバという偽神とものみの塔という偶像のせいで得られなかった快楽を求めようという発想が良くない。エホバやものみの塔というワードが混じってくる時点でものみの塔協会の洗脳下、支配下にあるということなのである。

大事なのは本当に必要なものや欲することをそのときの自分の気持ちのままに求めることである。このように自分の思いのままに素直に行動すること、これがエホバの証人2世は大の苦手なのである。幼い頃からこらしめという体罰とハルマゲドンでの滅びによる恐怖政治を敷かれてきた結果である。簡単に洗脳は解けないのだ。

“恥の天秤” の続きを読む


エホバの証人2世の特効薬

エホバの証人2世として思春期を過ごすことの悪影響

最近、空き家となっていた実家の整理をしている。この実家が空き家となったのは両親が20年をエホバの証人として過ごしたからである。私もほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世だったのだが14歳のときに自分の意思でエホバの証人をやめた。その後でエホバの証人をやめるタイミングがずれたために両親は離婚し私の一家は崩壊したのだった。

実家整理のついでのふとした気まぐれで最後に連行されていた王国会館を見に行ってみたのだが、ここは閉鎖されていた。私は9歳のときに引っ越しているので、この最後の王国会館に通っていたのは長くても9歳から14歳までの5年間である。今の私は37歳でそのうちの5年間である。そんなに長い気もしない。ただ小学校高学年から中学2年生までの時期をエホバの証人2世として過ごさざると得なかったということの意味は大きい。それは私の精神や人間関係に大きな悪影響を与えている。今でもこの影響からは自由に慣れていない。

家族親族を含めて14歳以前の知り合いに会うと必ずエホバの証人2世だったことが頭をよぎる。祝って貰えなかった誕生日、参加が許されなかったクリスマスや節分の行事、ものみの塔協会の教義には細かな禁止事項が多いのである。毎週3回の集会とその予習のために学校の友達と遊ぶ時間は制限されていた。そもそもこの世の人々との交友はあまり認められていなかった。何よりもエホバの証人2世として他人から蔑まれることが苦痛だったのである。変わり者というレッテルを貼られることや他者の哀れむような視線が嫌だったのである。

“エホバの証人2世の特効薬” の続きを読む


エホバの証人2世が特権より欲しかったもの

エホバの証人2世にとっていらない特権

エホバの証人用語で特権というものがある。これは簡単に言うとエホバの証人組織内で出世するということである。日曜日の集会で公開講演を行うことになる、何千人も集まる巡回大会で講演をすることになった、会衆内の長老に任命された、エホバの証人的にはこれら全てが特権を得るということになる。

ものみの塔組織内でエホバの証人的立ち回りを上手く続けていると特権を増していくことになる。私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられていたのだが、そういう組織内で出世していくようなタイプの信者にはなれそうも無かった。

そんな特権を得るとエホバの証人漬けの両親は大喜びする。両親に喜んで貰いたいという気持ちは私にも当然あったのだが、それ以上に欲しいものややりたいことが多くあったのである。

私は幼い頃からものみの塔協会が禁じている暴力や心霊現象を扱うテレビ番組を両親に隠れて見ていた。このテレビ番組の禁止レベルが私の家は非常に厳格だった。私の子供の頃だとキン肉マンやゲゲゲの鬼太郎クラスでNGだった。

隠れてテレビを見ていて親に見つかりそうになったり、テレビを見るのを許されている時間を超えたりするのに伴って、両親に対して常習的に嘘をつくことになった。

また、テレビゲームだとかプラモデルといったこの世のものが与えられることがほとんどなかった。エホバの証人にとってふさわしくないというのがその理由である。私は自らそういったものを手に入れるために、万引きしてみたり親の財布から金を抜いたりと、普通の子供にとっても悪と思われることをするようになっていた。

“エホバの証人2世が特権より欲しかったもの” の続きを読む


エホバの証人2世が浴び続ける2つの視線

自意識過剰なエホバの証人2

私は自分の意思で14歳のときにエホバの証人をやめた。それまでエホバの証人2世として育てられたのだが、一番大きく私自身に影響を及ぼしたのは自意識の問題である。過剰な自意識のせいで他人の視線が気になって仕方が無いのである。

誰もいないところでも誰かに見られているような気がするのだ。誰かに見られていたとしても問題無い自分を演じてしまうのである。しかし本当は誰も私のことなどに注目していないのだ。それでも他者の視線が気になってしまうのである。

 

エホバの証人2世の子供が浴び続ける架空の視線

これは幼い頃から天にいるエホバやイエスに見られていると言われながら育てられた影響である。エホバの証人2世の子供たちは常に神エホバに監視されていると思い込んでいるのだ。神エホバだけでなくサタンもまたエホバの証人2世の子供を見ている(と思い込んでいる)。虎視眈々とサタンや悪霊は我々を誘惑する機会を狙っているのである(と思い込んでいる)。こうした空想の産物からの視線をエホバの証人2世の子供たちは感じ続けている。感受性豊かな子供だからこその恐怖の視線である。

幼児期からの強力な洗脳の結果、エホバの証人の子供たちはこうした架空の視線の支配下にある。常に何らかの視線にさらされているというという思い込みはエホバの証人2世の行動を制限する。彼らはいつでもどこでも厳しいものみの塔協会の戒律を守ろうと努力するのである。

“エホバの証人2世が浴び続ける2つの視線” の続きを読む