エホバの証人をやめるべき3つの理由

エホバの証人をやめるべき3つの理由

私は、熱心なエホバの証人だった両親のもと、ほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳になる頃にはエホバの証人をやめたいと私は考え始めていた。その理由は3つある。

  1. 人生の実りは、「今」この一瞬にあること
  2. ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと
  3. エホバの証人的生き方の格好悪さ

順に説明すると

1.人生の実りは、「今」この一瞬にあること

これは14歳の私が考えたこと。当時、私はサッカーに熱中していて、寝ても覚めてもサッカーをしていたかった。下らないエホバの証人の集会や伝道活動で時間を割かれるのが死ぬほど嫌だった。

今が楽しくなければ、今が輝いていなければ、生きている意味はない。やりたくないことをやらなければならないエホバの証人などまっぴらだった。

これは40才を超えた今でも同じ。若さゆえに人生が輝く訳でもなく(当然、光度は違うが)、楽しんでいるか否かで人生は華やぎ輝くのだ。嫌々にエホバの証人活動をしている「今」には全く意味がない

では、ものみの塔協会の言う果実、実りである楽園に入るまでが辛抱。その後は永遠に楽しみを享受できるという反論がある。それに対しての答えはこう。「今」は一瞬であり、絶対に返ってこない時間だからこそ意味があり、かけがえのないもの。「今」が永遠になったとしたら、ダラダラとした意味のない醜いものになる。

そもそも、永遠の命なんて得られないから。ものみの塔協会の嘘である。ハルマゲドンが来ないとか、パラダイスは虚偽というのは、証明しようがないのだけれど、それを妄信して、そんなものに一度限りの一生を捧げるギャンブルを打つのは愚かとしか言いようがない。

2.ものみの塔協会の提示する実り、その果実を得ることは出来ないこと

“エホバの証人をやめるべき3つの理由” の続きを読む


エホバの証人の露骨な性教育とマスターベーションという罪

エホバの証人の夫婦間での性行為

ものみの塔協会の特殊な教義は夫婦関係にも大きな影響を及ぼす。エホバの証人は過度の欲望を追い求めることを禁止されている。性欲についても当然である。夫婦間で行って良いセックスの種別について規定されているくらいである。

ものみの塔協会の教義では性行為に口や肛門を使うのは不自然で性欲に溺れている異常状態なのでNGということになっていた。これは例え夫婦間の合意があっても許されないのである。これは私がエホバの証人2世だった20年も前の話なので、今では口を使うくらいは解禁されているのかも知れない。ものみの塔協会の教義の細則は結構変わるのである。

ものみの塔協会の出版物はニューヨークのブルックリンで原本が製作され、それが各国で翻訳されて出版される。この頃の日本語訳の出版物ではアナルセックスのことを”肛門セックス”と訳されていた。こんな言葉を物心つくかつかない頃から聞かされ、文章が読めるようになれば声を出して朗読させられるのである。たまったもんじゃない。

王国会館の集会では多くの信者たちの前でその”肛門セックス”というワードが声に出して朗読されたり、手を挙げて”注解”として発言されたりする。中にはうら若い女性の信者も混じっており、どんな表情をしていたのか、今となっては思い出すこともできない。完全に狂気の世界、常軌を逸している。これがマインドコントロールの恐ろしさなのだ。

聖書に肛門や口をセックスに使ってはいけないと書いてある訳ではない。ものみの塔協会の出版物の執筆を担当している欲求不満の信者が、変態的に下層の信者へ強制しているだけなのである。夫婦の寝室にまで入り込み使用して良い性技の種類を限定するというデリカシーの無さには呆れるばかりだ。

夫婦双方がエホバの証人信者であった場合、夫婦間での性行為に関する前提は欲望に溺れないということになる。片方が物足りなさを感じることも当然ある。片方が信者でない場合はもっと問題である。相手のエホバの証人的には過度と思える要求に応じることは出来ない。さらには禁止されている行為に関しては拒否するしかない。これは離婚の決定的な理由になることもある。

特別に強いエホバの証人2世の性欲とマスターベーションという罪

“エホバの証人の露骨な性教育とマスターベーションという罪” の続きを読む


エホバの証人2世のセックス願望

真似事の聖書研究

私が小学校6年生の時の話である。エホバの証人の言うところの”聖書研究”のために、私は父親に同行して隣町の家庭へ毎週通っていた。その家庭は両親ともにまだエホバの証人ではなく、父親の方の聖書研究を私の父親が行っていた。その家には私と似た年頃の子供がいたのである。父親たちと同じタイミングで、私がその1つ年下の男の子の聖書研究の真似事を担当していたのだ。

真似事というのは、私はまだ伝道者にもなっていなかったからである。この頃の私の父親は既に会衆内の長老という立場だった。エホバの証人はこういった順位をつけたりはしないのだが、会衆内でのナンバー2というところである。エホバの証人組織内での私の”進歩”はいささか遅かったようである。それを長老だった父親と正規開拓者だった母親は心配し何とかしたいと思っていたはずである。

“エホバの証人2世のセックス願望” の続きを読む


残虐でアウトローな青年に育つエホバの証人2世の子供たち

エホバの証人2世が秘めた残虐性や凶暴性

エホバの証人2世の子供たちはこらしめという体罰を不条理に繰り返し受けることになる。こらしめられる原因がものみの塔協会にあるので不条理という他はない。隠れてテレビで『キン肉マン』や『ゲゲゲの鬼太郎』を見たりするとこらしめの対象となるのである。自分の家庭がエホバの証人でなければしこたまお尻を叩かれることはないのだ。このようにエホバの証人の子供たちは不遇で不運な幼少期を過ごすことになる。

こらしめという暴力と厳しいものみの塔協会の戒律に縛られてエホバの証人2世の子供たちは成長することになる。繰り返される幼少期の暴力の影響で子供たちの精神は健全に育つことはない。私の場合は残虐性や凶暴性、暴力性を秘めた青年期をおくることになった。しかも厄介なことにものみの塔協会はエホバの証人の親たちに子供たちを深く愛するようにと教えている。エホバの証人2世の子供たちは親からの愛情の押し売りとこらしめという暴力の両天秤にされるのである。エホバの証人の子供たちの精神状態はこのように汚染され破壊されていくのである。

“残虐でアウトローな青年に育つエホバの証人2世の子供たち” の続きを読む


エホバの証人2世がエホバから完全に自由になることの困難さ

無意識下に残るエホバの証人的思考

ものみの塔協会の洗脳状態からの解放に至っても、私は未だにエホバの証人的なものの考え方からは自由にはなれなかった。エホバの証人のこうあるべき、かくあるべきという決めつけ型思考を捨て去ることが出来なかったのである。

私の20代はいかにしてエホバの証人らしく生きないかということを重視しすぎることになった。エホバの証人を辞めたので、反ものみの塔的生き方をしなければならないと思い込んでいたのである。これが無意識下に残るエホバの証人的思考だった。

“エホバの証人2世がエホバから完全に自由になることの困難さ” の続きを読む