エホバの証人をやめた後で気をつけること3点~この世での生き方

ものごころついた時からエホバの証人2世だった私が、エホバの証人をやめたのは14歳の秋。エホバの証人の毒親だった両親に、ついに脱塔宣言をした翌日は何とも清々しい朝だった。

この日の話は脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空

この日の万能感、全能感がそのまま継続すれば良かったのだが、そうも行かなかった。エホバの証人は、からだ中にエホバの証人らしさが染みついている。私のように生まれながらのエホバの証人2世は特にその傾向が強い。

そこで、エホバの証人をやめた後で気をつけることを3点にまとめた。

  1. 自由になって何をしたらいいのかを見極める
  2. 自分の意思で継続することに注力する
  3. 過剰な自意識から自由になることを意識する

順番に説明すると

1.自由になって何をしたらいいのかを見極める

“エホバの証人をやめた後で気をつけること3点~この世での生き方” の続きを読む


脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空

エホバの証人をやめた夜

私は両親がエホバの証人という、いわゆる神権家族で育った。神権家族とはエホバの証人用語で、家族全員がエホバの証人という状態のこと。

女性、とくに母親がエホバの証人に引き込まれやすい傾向がある。夫婦の場合、妻⇒夫の順番でものみの塔協会の洗脳に陥落、子どもはその過程で強制的にエホバの証人扱いされ、神権家族構築となる。

私はエホバの証人の両親の元、一人息子でほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世だった。そんな私だったが、14歳のときにエホバの証人をやめると両親に宣言した。「もう集会にはいかない」と。

集会とはエホバの証人のミサのようなもの。王国会館というエホバの証人の教会に集まり、聖書を読んだり、賛美歌を歌ったり、信者たちの交流の場であったり。

とある夜の集会に家族で出かける直前。私は、「もうエホバの証人をやめる」と脱塔宣言をしたのだった。

このときの話はエホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

エホバの証人はいつでも安全にやめることができる

エホバの証人をやめた翌日。やめると宣言した翌日、ではなくやめた翌日だ。エホバの証人はやめるとさえ宣言すればやめられるのだ。ものみの塔協会は、危険なカルト集団に間違いないのだが、やめるときに命の危険にさらされたり、多額の金銭を要求されることはない。この点は安全な組織。

繰り返すと、エホバの証人は、やめると宣言さえすればやめられる。全世界の信者の人々に言おう。今すぐエホバの証人をやめるべきだ。そこにリスクはない。メリットしかない。

エホバの証人をやめることのメリット

  1. 人生の真実と意味は有限限りある命、時間の無駄遣いをやめられる
  2. ホンモノの家族、親族、友人との関係を築ける
  3. 経済的問題を抱えずに済む

この3点については別の機会に説明したい。

エホバの証人をやめた清々しい朝

“脱塔(エホバの証人やめます)宣言翌日の爽快な青空” の続きを読む


エホバの証人が脱塔宣言をしたあとで気をつけること3つ

エホバの証人をやめる宣言をしたあとの注意点3つ

  1. 絶対折れない、譲歩しない
  2. 教義の論争はしない
  3. 家族関係はあきらめる

私は一人っ子で、両親との三人家族だった。両親は熱心なエホバの証人であり、私は生まれながらの2世信者だった。エホバの証人をやめるという脱塔宣言をしたのが14歳の秋。とある晩のエホバの証人の集会に出かける直前のこと。

両親はそのまま集会に出かけ、私はエホバの証人の集会に行かなくて良い、初めての自由な夜を満喫していた。両親が帰ってくれば、「集会にはもう行かない」宣言をしたことを問いただされるのは目に見えている。

この日の記事はエホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

集会から帰ってきた両親は、予想外に穏やかな対応だった。2時間の集会中にクールダウンされたようだった。感情的にくれば感情的に返すことになり、そのまま決裂も覚悟の上だったのだが。

何事もなかったような親に対して、私は徹底抗戦。

注意点1.絶対に譲歩してはいけない

“エホバの証人が脱塔宣言をしたあとで気をつけること3つ” の続きを読む


エホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)

脱塔宣言をするときの3つの注意点

私のエホバの証人の脱退宣言が成功したポイントは主に3つ。

  1. 事前にエホバの証人活動に身が入らないアピールをする
  2. 集会の前に言う
  3. その集会で両親に割り当てがある

私の過去の経験を振り返りながら、上記3つの注意点を解説。

エホバの証人2世の停滞

エホバの証人をやめたくて仕方がなかった14歳の秋。生まれながらにしてエホバの証人2世だった私は、親の期待を裏切り、両親を傷つけることが怖かった。そのため「エホバの証人をやめる」と両親に告げることがなかなかできなかった。その悶々とした日々が私の人生で一番辛い時期だった。

親を傷つけることを考え、それが出来ず、親に「エホバの証人をやめる」宣言をする瞬間を比喩的な夢にまで見た。

この夢の話は両親を裏切ることに心を痛めるエホバの証人2世

行くべき道は決まっているのに前進できない。この頃はとても苦しかった。エホバの証人の親たちは、果たして子どもたちにこんな思いをさせる必要があるのだろうか?

エホバの証人脱退宣言をした清々しい夜

“エホバの証人2世が脱塔宣言する際の3つの注意点(親に対しての告げ方)” の続きを読む


エホバの証人の子供に生まれた不幸

エホバの証人2世の学校生活

私は生まれながらにエホバの証人として育てられた。小学校高学年になった私はクラスメイトと同じようにクリスマス会に参加したかったし、校歌も国家も普通に斉唱し、騎馬戦にも出場したかった。

しかし、そういった活動全てはものみの塔協会の柔軟性のない戒律によって禁止されていた。ものみの塔協会は他の宗教を全て異教・異端とみなし攻撃対象にしている。本来は自分たちが異端そのものなので、滑稽な話である。

クリスマスは正当なキリスト教の行事なのだが、エホバの証人から見ると異端の行事のため禁止。節分や七夕は、当然のように禁止である。私の子どもの頃はなかったのだが、最近騒がれるようになったイースターやハロウィンも禁止となる。

給食の前の合掌も、日本の神仏への祈りのポーズと同じなのでNG。合掌しないだけならともかくキリスト教ポーズで祈りを捧げなければなかったので、周囲から見ると明らかな変人。これは毎日のことなので辛かった。エホバの証人の子供には心休まる日は無い。

学校の先生は小学生の私が何らかの行事に参加出来ないと言う度に干渉してきた。この行事は宗教性は無いのではないかと。しかし小学生だった私がエホバの証人の掟を破ったらどうなっただろうか?

親に怒られるだけでは済まない。エホバの証人の教義に意図的に背くということは、狂信的なエホバの証人信者である親との決別を意味する。

親の保護無しには生きられないし、親を捨てる覚悟もない。10歳ちょっとでその覚悟は生まれようがない。今までの親と過ごしてきた時間が自分の人生の総量に占める割合が大きすぎた。未だ両親の愛情を必要としていた年齢だった。

であれば、親に秘密で学校生活においてだけエホバの証人でない顔をするしかない。しかし学校の先生はその秘密の保持を保証できない。親に黙っていて、後でばれたときに自己の保身が出来ないから。

エホバの証人の親は怒り狂いますよ。子どもに異教の行事を押し付けたんじゃないのかと。覚悟も無いのに、仕事だから念のため干渉してくるだけの無能な地方公務員、エホバの証人の子供だった私は学校の先生をその程度に捉えていた。

エホバの証人の子供に生まれた不幸

“エホバの証人の子供に生まれた不幸” の続きを読む


脱退エホバの証人2世が現役エホバの証人二世に伝えたい人生の真理

退会エホバの証人2世が負った傷の深さ

二度目のお問い合わせを頂いた件の続きです。前回の記事はこちら。私と同じような境遇で、同じような時期にエホバの証人組織と決別されたという方でした。日本中に我々同様の無垢のエホバの証人2世の被害者が何万人もいると思うと、何とかしなければという気持ちになります。

この方のメッセージの中に15歳以下でやめると比較的傷は浅いですよねという言葉がありました。私は、自分の傷はとても深く既に取返しのつかない完治することはないものだと思っていました。ですので、この方の意見は何となく初めて聞く意見のように感じました。

私の家族はものみの塔協会を原因として崩壊しました。物理的に負った傷は小さくはありません。精神的な傷はどうなのかはっきりとは分かりません。

私のひねくれた性格や気の短い所、それら全てがものみの塔協会のせいなのかと言えば、もはやこのカルトとの決別から20年以上が経っているので一概に全てをものみの塔協会のせいには出来ません。

10年ほど前までは天から降る火で身を焼き尽くされる夢を見る夜がありました。今でもものみの塔協会の勧誘のために見知らぬ家の呼び鈴を鳴らさせられる夢を見ることがあります。エホバの証人をやめきれていない設定の夢です。

このレベルの傷が深いのか浅いのかという話だと思います。おそらくまだ浅い平和な方なのでしょう。精神的に病んで自殺したり、通院を余儀なくされたり今だに地獄にいる人と比べれば。

何より、未だに王国会館に通い続けている現役信者の方に比べれば、私の傷は圧倒的に浅いのでしょう。

脱党エホバの証人2世が現役エホバの証人二世に伝えたい人生の真理

“脱退エホバの証人2世が現役エホバの証人二世に伝えたい人生の真理” の続きを読む


エホバの証人をやめさせる2つの方法まとめ

エホバの証人のやめさせ方

エホバの証人を辞める2つの方法を紹介。これを実践してエホバの証人を退会に導こう。

エホバの証人一人を辞めさせれば、例えば50時間/月の奉仕時間×12か月が世俗の仕事に向けさせることができる。

すると600時間×時給1,500円=90万円。年間90万円が生産的な活動に向けられる。これが周り回って世界を豊かにし、あなたの所に帰ってくる。

そして、エホバの証人を脱会に導くことは、あなたの徳を積むことになる。さあLet’s脱塔!脱塔!

エホバの証人のやめ方2つまとめ

  1. 洗脳が解けてやめる
  2. 人生の意義は永遠に生きることではないと知る

エホバの証人のやめ方その1~ものみの塔の洗脳が解けて辞める

“エホバの証人をやめさせる2つの方法まとめ” の続きを読む


エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる

カルトの餌食になりやすい人

私の両親がエホバの証人というカルト組織に足を踏み入れてしまったのは、ものごとを信じやすい性格と依存体質が影響していた。民間療法や迷信めいたものを信じやすく、言われるがままに疑わない性格。そして、一旦のめりこむと極限まで突き進む一途な真面目さ。

この隙を突かれ、ものみの塔というカルトに何もかもを奪われることになった。ものみの塔協会は、組織外部の言葉には一切耳を貸すなと指導する。それはエホバという神に敵対するサタンの攻撃、誘惑であるからと。

私の両親は馬鹿正直にこの言葉にも従ってしまう。一旦、エホバの証人と他のカルトや一般的な寺社とを比較するべきだった。それを怠ったがために深い洗脳状態に陥り、人生の大半を失い、一家も崩壊したのだった。

輸血拒否、熱心な宣教活動など、エホバの証人は傍から見ればカルトそのもの。一般的な寺社仏閣に依る限りは、一定額以上に自分の時間や金を巻き上げられることもない。逆にエホバの証人は全力投球、人生の全力での投資、ものみの塔協会へのフルベットを要求してくる。

祈祷一回いくら、お祓い代何円と決まっているのは守銭奴でも何でもない。上限があるのは健全なのだ。全財産を巻き上げられることがないから。

危険なものみの塔的思考方法

“エホバという傷を癒すためにものみの塔思考をやめる” の続きを読む


ものみの塔協会に犠牲を支払い続けている元エホバの証人の私の両親

元エホバの証人の私の両親が受けたものみの塔協会による洗脳被害

エホバの証人2世として育てられたことで、私の幼年期・少年期・若年期は悲惨だった。しかし、私の両親は私以上にものみの塔協会に多大な犠牲を支払うことになった。それがエホバの証人組織に献身した人間の末路である。

この危機のただ中にいる人には、ぜひこの話を読んで自戒として頂きたい。

私の両親は、人生における最も生産的・活動的に生きられる20代から40代までの全ての時間をものみの塔協会に捧げてしまった。さらに、経済力や社会的地位をエホバの証人という宗教団体により搾取されてしまった。その上、最後に待っていたのは一家離散という悲劇。

ものみの塔協会は、世俗の仕事に没頭することを推奨せずパートタイムの仕事を選ぶように暗に指導している。その上で定期的な寄付を行うことが奨励されている。

このものみの塔協会の妄言に言いなりになった両親も両親だが、エホバの証人として20代~40代をフルに過ごした結果、経済的にも社会的にも困窮。家族は崩壊し、一人息子にも頭が上がらず老後孤独破産まっしぐら。

ものみの塔協会の洗脳が解けたあとに元エホバの証人に残る後遺症

“ものみの塔協会に犠牲を支払い続けている元エホバの証人の私の両親” の続きを読む