神さまに祈るのは最後の最後の後回しに

架空の神エホバに祈るのは残念無念

数日前、体調不良で倒れる。遠方に出張中のため、ホテル滞在中のこと。発熱もあり、コロナの疑いもあったためホテルの部屋に軟禁。ひどい嘔吐と下痢で脱水症状気味になる。胸の動悸が激しく、息も十分に出来ず、このまま

「死ぬんじゃないか」と頭をよぎる。恐らく大げさなのだが、こんなものは体感で個人差があり、私は普段ほとんど病気をしないので、ちょっとしたことでも大げさに感じてしまう。

天井がグルグル回って見えるし、息も出来ているのか出来ていないのか、頭が異常に痛いし、意識も不鮮明に。過去の現象が織り交ざって幻のように目の前をよぎる。これが走馬燈か!?(軽く夢を見ていただけかと)

いよいよヤバいなと思ったときにやっちゃいそうになったのが、

祈り。

「いやいや、誰に祈るんだよ」と冷静になる。

エホバの証人をやめて30年弱、やめた当初の頃はものみの塔洗脳下にあったこともあり、うっかり

「天におられますエホバよ・・・助けて下さい」ってやっちゃったことあったけど。もう今は無いよね。あってはいけない。ありえない。こんだけ普段、批判ブログ書いておいて、死に際に祈るとかあり得ない。筋が通っていない。

うっかりエホバに祈っちゃうなんて残念無念、抜群に悔いが残るので

「死んでもエホバには祈らない。そもそも祈るくらいならエホバを呪って死んでやる。しかし、呪うと存在を認めたことになるので、正解は積極的姿勢で無視。エホバなんていう架空の存在とは全く関係のない所で死んでやる」

と苦しい体ながら、再決意。

エホバの証人の王国会館に病気の人が多い理由

エホバの証人の王国会館に流行る病

神様は最後の最後の後回し

“神さまに祈るのは最後の最後の後回しに” の続きを読む


合掌しないエホバの証人の祈り方から伺えるものみの塔協会の二面性

エホバの証人二世が給食の前に手を合わせない理由

日本の学校の給食の前などの両手を合わせる合掌のポーズは、エホバの証人には許されてはいない。理由は、エホバの証人が異教とみなす仏教や日本古来の神々への祈りのポーズを連想させるから。

日本の食卓の「いただきます」は、ありとあらゆるものへの大雑把な感謝を簡素に示したもの。これが機能性と様式美を備えた風土に根ざした祈り。しかし、こういったものを良しとする柔軟さをエホバの証人は持ち合わせていない。

エホバの証人の祈り方

エホバの証人の祈り方は以下のように決まっている。1人で単独で祈る場合や衆目の視線があるような場所では、祈りの発声はしなくても良いということになっている。学校の給食の前などもそのパターン。しかし、こういった場合でも両手の両指を交互に握り合わせた祈りのポーズだけはしなければならない。

逆に集会所などに信者だけで集まった場合や、家庭内で代表者が祈る場合は発声して祈らなければならない。

エホバの証人の教義はこの微妙なラインをついてくる。イスラム教徒のように時間がくれば、床に膝まずいて祈らなければならないというほど過激ではない。しかし、その一方で食堂に集まった全校生徒と同じように合掌のポーズをとることは許されない。

ご都合主義のものみの塔協会

“合掌しないエホバの証人の祈り方から伺えるものみの塔協会の二面性” の続きを読む


天には届かない、エホバの証人の祈り

不毛なエホバの証人の祈り

エホバの証人が自宅で祈りを捧げる場合、父親などの代表者が声に出して行う。タイミングは食事の前や、聖書研究と呼ばれるものみの塔協会の資料の勉強の前後など。

信者の個人宅で開かれる集会の際には賛美歌の合唱は行われないが、この祈りだけはばっちり捧げられる。日本家屋で正座して座った集団が祈りの最後に声を合わせて「アーメン」。

真似事の冗談も大概にして欲しいのだが、本人たちは至って大真面目。

このとてつもなく長い祈りの間、聞いている側は目を閉じて、合わせた両手の指を組み合わせたポーズで神妙な顔つきをしていなければならない。不毛。

エホバの証人が盲信する神エホバなど存在しないので、虚空に向かって無意味な言葉の羅列を投げかけているだけ。その虚しさは、エホバの証人の空虚な人生そのもの。

偽神「エホバ」と偽りの塔「ものみの塔」

原始的な洗脳手法、エホバの証人の賛美の歌と祈り

無意味なエホバへの祈り

“天には届かない、エホバの証人の祈り” の続きを読む


原始的な洗脳手法、エホバの証人の賛美の歌と祈り

エホバの証人の賛美の歌とは

エホバの証人信者の活動の特徴を3つ。

  1. 信者が家から家に布教で歩き回る。テレビなどでコントに使われているアレ。
  2. 週に2~3回、集会と称して信者が集まる。
  3. 特殊信条を絶対厳守。輸血拒否だとか、各種他の宗教行事や選挙の拒否。

集会の開催は私が連行されていた頃は、週3だったのが週2へと減少。※2022年現在、コロナ禍のため、布教活動や集会活動はネットの仮想空間で行われるようになっている。

そのうちに、カルト臭を拭おうとして、特殊信条を取っ払って、輸血OKとか言い出しそうなのだが。終末思想で信者を煽っている限り、この教団は信者の自由を奪うカルトなので、警戒を続けたい。

私は、30年近く前になるがエホバの証人であることを親に強制されており、未だにその傷を引きずっている。エホバの証人の集会に連行されていた頃の記憶を掘り起こして、この宗教の危険さについて警鐘を鳴らしている。

今回は、エホバの証人の集会で歌われる賛美歌と祈りについて。

エホバの証人の集会とは?日程・曜日・服装などまとめ

エホバの証人には、「エホバの証人の王国会館」という専用の集会所がある。その王国会館で集会が行われるときには、盛大に「賛美の歌」と呼ばれる賛美歌が歌われる。個人の家で集会が開催される場合は、さすがに賛美歌は歌われていなかった。

賛美歌はたしか100曲ほどもあって、独自の賛美歌の本まで出版されている。賛美歌の伴奏のカセットテープなども製作されており、それらを含めた出版物などにまつわる寄付金はエホバの証人の収入源となっている。

現在ではCD、さらにはデータ化されているのかも知れない。集会の始まりにはそのカセットテープを流す係の人がいて、決まった賛美歌を全員で合唱する。

洗脳状態を深める長い祈りの時間

“原始的な洗脳手法、エホバの証人の賛美の歌と祈り” の続きを読む