Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』

犯罪の温床となるエホバの証人組織

Amazonのプライムビデオで『カルト集団と過激な信仰』を見た。7エピソードのうちパート2がエホバの証人。

登場するのは、エホバの証人組織内で児童性虐待を受け続けたエホバの証人の二世信者。彼女が大人になってエホバの証人組織を告発するという内容。

彼女は幼い頃から児童性虐待を受け続け、エホバの証人組織内で告発するも黙殺される。番組内では、エホバの証人組織内での児童性虐待の組織的隠蔽が明らかにされている。

ものみの塔協会は、他にも悪さをいっぱいしているに違いない。児童性虐待は氷山の一角。ものみの塔協会は、組織の体面を守るためたなら組織的隠蔽工作を辞さない自浄作用のないカルト集団であるということ。

脱会しにくいエホバの証人はカルト

“Amazonプライムビデオ『カルト集団と過激な信仰』” の続きを読む


エホバの証人の洗脳からの覚醒体験

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人二世信者の脱会本。絶版になので読むなら中古で。

 

作者の洗脳解除の瞬間、覚醒と表現されている。頭の中にこの文字が現れたという。

「オマエハ シュウキョウノ センノウカラ トカレタ」

この作者の場合は極端だが、洗脳が解ける瞬間というのは誰にとっても分かりやすい体験として現れる。

洗脳からの覚醒体験の内容は、本人の趣味嗜好によるところが大きい。作者はSF系の映画や漫画が好きで、それに影響されている所が大きい。

エホバの証人の洗脳解除覚醒の瞬間

私の洗脳からの覚醒の瞬間は、インターネットを見ていて

「ラッセルの墓はピラミッド~♬」という記事を見てピンときた。頭の中で全ての疑惑が一瞬でつながった。

エホバ = 架空の存在

統治体を始めとするものみの塔協会 = 大ウソつき野郎、組織ぐるみの隠蔽体質

エホバの証人 = 騙され搾取されている人々、オウムや統一教会などのカルト被害者と同じ

一瞬で結論が出て、数々の疑問の答えが出た。

ハルマゲドン = 来ない。

この世の情報はサタンなので避けろ = ものみの塔協会による情報統制

エホバの証人の王国会館が病人だらけでサムイ奴らが多い理由 = 騙されている弱者の集団だから、思考停止して自分で考ることを止めた現実逃避者だから

エホバの証人の洗脳からの覚醒の後にやってくる絶望こそ人生の真理

洗脳からの覚醒体験はある種スッキリする。のだが、その後絶望がやって来る。過去のエホバの証人としての行為全てが無駄というか、世間に害をもたらした罪だったという厳しい現実を叩きつけられることになるから。しかし、それも致し方ない。

絶望から逃げていては前進はないから。エホバの証人たちが騙されて活動しているのは明らかなので、災厄を撒き散らしつつも本人たちも被害者。情状酌量の余地はある。聖書にも書いてあるでしょ。

「蒔いた種は刈り取れ」と。エホバの証人として人々を騙した罪は償わねばならない。

幸い日本ではエホバの証人活動が罪に問われることはない。過去のエホバの証人としての罪を清算するにはいい環境。

エホバの証人を辞めて、厳しい現実に叩きのめされるべき。それが人生。エホバの証人を何十年もやっていたというのは崖っぷちの絶望状況だが、人生はそれでも価値がある。家族に詫びを入れ、エホバの証人でない人生をやり直すべき。

だって、そうしないと本当に人生の無駄遣いで終わるよ。ハルマゲドンは来ないし、楽園での永遠のイノチなんて嘘なんだから。

それよりもやっぱり、洗脳解除の瞬間は気持ちいい。すっきりするから。その後のことは後で考えればいい。エホバの証人みたいな生き方をしていても喰いっぱぐれることはないんだから、今の日本なら何してでも生きて行ける。

ものみの塔協会からの洗脳状態を解くためにすべきこと


性悪な神エホバに打ち勝つ方法

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人二世が書いた脱退本。絶版になので読むなら中古で。

 

作中に、若いエホバの証人二世信者が脱会してホストになったというストーリーがある。

宗教から離れた二世というのは、常にどこかでエホバを裏切ったという罪悪感を感じている。だからこそ極端に反対の方向に暴走してしまう

私は生まれながらにエホバの証人という宗教を強要された2世信者だった。しかし、14歳の時に自分の意志でこの宗教から脱会。親との決別も覚悟した。

私は14才の脱塔時もそれ以降も、神を裏切ったという罪悪感は全く感じていなかった。親の期待を裏切ったことに対する意識の方が大きかった。

神に対してはもはや確信犯。ハルマゲドンどんと来いという感じ。甘んじて滅びを受けよう。ただ、その終末までは好きにさせて貰うと決めていた。人間として生を受けたのなら、その生を自分の意志で生きる権利があると信じていた。

永遠に生きなければいけない性悪神エホバ

“性悪な神エホバに打ち勝つ方法” の続きを読む


脱会エホバの証人の現役信者を喜ばせない生き方

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人二世が書いた脱退本。絶版になので読むなら中古で。

 

作中で、若いエホバの証人二世信者が、エホバの証人を脱会してホストになったというエピソードがある。

宗教から離れた二世というのは、常にどこかでエホバを裏切ったという罪悪感を感じている。だからこそ極端に反対の方向に暴走してしまう

脱退者がものみの塔協会と反対の方向に暴走してしまうというのは同感。私も暴走してパチプロになった時期がある。

エホバの証人らしくない生き方とは

“脱会エホバの証人の現役信者を喜ばせない生き方” の続きを読む


14歳でエホバの証人の洗脳を解除した私の宿命

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

エホバの証人二世信者の脱会者が書いた本。絶版になっているので読むなら中古で。

 

作中で、2人の元エホバの証人2世信者が若くしてホストになった記述がある。カルトを強要する親元を抜け出すための方法は、彼らにはそれしかなかったと書かれている。

あの若さで宗教を捨てるという決意は並大抵のエネルギーではできない。

あの若さというのは、作中のホストになった元エホバの証人二世の年齢。18才。幼い頃からものみの塔協会の洗脳教育を受けて、宗教を捨てる。自分の根幹を覆すということ。さらに親を裏切るということにもなる。

14歳でエホバの証人を脱会するエネルギー

“14歳でエホバの証人の洗脳を解除した私の宿命” の続きを読む


イエス・キリストはゲイだった

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

脱退した元エホバの証人二世が書いた絶版本。読むなら中古で。

 

作者は、ゲイのエホバの証人からカミングアウトを受け戸惑っている。ものみの塔協会は同性愛を禁じているため。

現代社会の規範では、同性愛者を批判すると総スカンをくらうのだが、ものみの塔協会は未だに超保守的。エホバの証人は同性愛厳禁である。同性愛者と友人関係を築くことすら許されない。

このようなセンシティブな問題は時代と共に移り変わる。同性愛者の権利が日本でも認められるようになったのはつい最近のこと。その時代に生きる人間は、心中はどうあれ社会の流れに合わせざるを得ない。

社会の流れに逆らい、何千年前の聖書の規範を字義通り守り続けようとするものみの塔協会は明らかに異常。時代に調和できないカルトである証拠。

とはいえ、同性愛OKです。とか言い出したら、それこそ真理の組織であるはずがない証拠になる。移ろう時代に合わせて普遍性が無いから。つまり、どっちに転んでも、ものみの塔協会はタダの嘘つきカルトなのだ。

“イエス・キリストはゲイだった” の続きを読む


エホバの証人は宗教なのか?

エホバの証人は宗教なのか?

否、カルト宗教である。

エホバの証人は危険で有害なカルト。この証拠を示す。下記の本を参考に。

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

脱会したエホバの証人2世が書いた本。絶版なので読むなら中古で。

 

作者は、「エホバの証人自身はエホバの証人を宗教だとは思っていない」と書いている。「聖書研究しているだけ」と思っているそうな。んな訳あるか。

ものみの塔とは何か?宗教法人として登記しているが、自分たちは決して宗教ではないと考えている。

でたー。ものみの塔協会のご都合主義。宗教法人として優遇は受けるが決して宗教ではないということ。そんな理屈が通るか。宗教法人なら宗教で間違いない。しかも、自ら宗教臭を消そうとしているということは、後ろめたさがあるということ。

後ろめたくなくても、勧誘のためには宗教臭を消したいのだ。そうしてまで勧誘して信者を増やしたいというのは、寄付金を集め組織を継続させるため。

エホバの証人が正しく勧誘するのなら

「エホバの証人という宗教団体です。私たちの兄弟姉妹になると暖かく迎えられますが、輸血を拒否したり、全時間の仕事を辞めたりしなければなりません。」とはっきり言うべき。

都合の悪いカルト臭のするところは隠して、「熱心に聖書の勉強しています。あなたみたいな自己肯定感の低い依存心の強い人を暖かく受け入れます」という都合の良い面しか見せないのは卑怯。

伝道と呼ばれるエホバの証人のねずみ算的集客システム

エホバの証人がカルトである証拠

中には本当に真面目な一世兄弟もいて、勤めていた会社を辞めてパートになってしまう人もいる

仕事を変えないといけないのが、聖書研究などと言うのどかなものであるはずがない。命がけのカルト宗教。ある団体に関わることで、日常生活に支障をきたすのであれば、その団体はカルト。よってエホバの証人はカルト。

また、エホバの証人には輸血拒否の教義がある。”聖書に血を喰うな”と書いてあるので、それをエホバの証人の上層部の統治体の誰かが拡大拡大拡大解釈して、輸血もNGと思い付いたのだろう。

輸血拒否をして死んでいった信者も存在する。最悪、命を失うことがただの聖書研究?冗談もほどほどに。

エホバの証人は間違いなくカルト宗教なのである。カルトの証人。

『ドアの向こうのカルト』~エホバの証人のベテルという強制労働施設


病人だらけのエホバの証人が全額ベットするものみの塔協会はハズレ

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人2世が書いた本。既に絶版になっているので、購入するなら中古で。

 

作者はエホバの証人には病人が多いと書いている。うつ病、慢性疲労症候群、膠原病、ハウスアレルギー・・・などなど

みんな、病人だったから弱くて信者になったのではなく、信者になってから発病している人たちであった

救いにならないものみの塔協会の教義

私の経験では、元々四肢に障害があったり、子供が生まれつきのアトピーだったりという人が、エホバの証人の教義にすがり入信しているケースが多かった。

エホバの証人の教義ではハルマゲドンを生還すれば、完全な肉体に生まれ変わるという設定になっている。パラダイス化された地球で完全な体で永遠に生きられるということになっている。とんだおとぎ話。失笑もの。

だが、精神・肉体に多くの問題を抱えた人々がこの教義に逃げ込み、エホバの証人になった。この教義に救われたと本人たちは思っている。救われたのだから放っておいて欲しいと。

だが、私はそれを放っておけない。なぜなら、エホバの証人の教義は救いなどにはならないから。偽りの希望にすがるのは救いではない。ただの現実逃避。

障害があって産まれてきたのなら、それを認めるしかない。その上で勝負すべき。安直な生まれ変わりという希望にすがって、この現生での勝負を放棄してはいけない。逃げれば終わり。敗北あるのみ。

なぜなら、ものみの塔協会の言っていることは全部ウソなので、ハルマゲドンなど来ないから。もちろん、永遠のパラダイスなんて来やしない。永遠にパラダイスなのはエホバの証人の脳内のお花畑だけ。

ものみの塔協会一択で全額ベットするのが危険な理由

ハルマゲドンが来ない。エホバが存在しないなんてことは証明しようがないのだが、ものみの塔協会が偽善の組織であることは間違いない。ものみの塔協会の独善的な態度がそれを示している。

エホバの証人が気付かないエホバがカルトである証拠

百歩、千歩くらい譲って、神エホバの不在などは証明はできない。ハルマゲドンが来ないことの証明はできないとする。

それでも、エホバの証人一択で良いのか?ただ一度の人生、本当に、本当にエホバの証人一択で間違いないのか?その根拠は?

人生は一度きり、取り返しのつかない賭けをものみの塔に全額ベットで良いのか?

復活とか完全な肉体への生まれ変わりとか全部ウソだったとしたら・・・(嘘なんだけど)。どんなに生まれや境遇が不遇であったとしても、今の人生でやるべきことをやり、成すべきことを成すべきではないか。


エホバの証人の統治体は悪霊に憑かれている

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人2世の作者が書いた絶版本。

 

ものみの塔協会は信者のエホバの証人に対して、占いの一切を禁じている。霊能力者の存在を認めていないからだ。

ものみの塔に限らずキリスト教そのものは霊能者の存在を信じていない。聖書が霊能者は悪霊に憑かれているので殺すべきだと命じているからだ

これは中世の魔女狩りにも発展し、人間の持つ残忍さと排他性を明らかにした。

統治体は、一体どうやって神とイエスから組織に対する指令を受け取るのか。答えは「話し合いと祈りによって聖霊の力を受ける」ことによって

統治体も祈りによって、聖霊の力を受けて、それを具現化しているということ。これってまさに霊能者。

エホバの証人の統治体は悪霊に取り憑かれている

“エホバの証人の統治体は悪霊に憑かれている” の続きを読む


エホバの証人がいとも簡単に人生の真理にたどり着く方法

『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごしたエホバの証人の記録』

元エホバの証人二世が書いた絶版本。

 

洗脳されている側には、「洗脳されている」という自覚が全くない。他のカルト教団を見て、「自分たちはカルト教団でなくて良かった」と強く思うのだ。鏡を見て我が身を直せという言葉はカルト教団には通用しない。鏡を見てもうっとりするだけ

確かに、オウム真理教の事件が世の中を騒がせている頃、エホバの証人たちは、まさか自分たちが同じカルトであるとは思いもしていなかった。なんでこんなあからさまなカルトに騙される人がいるんだろうと首をひねっている。いやいやお前らも騙されているんだけど・・・。

一信者から見れば、オウムもエホバも本質は同じ。信者の人生が激しく損なわれるという面で

洗脳されている人々が自身を客観的に見つめることが何とかできないだろうか?

エホバの証人が人生の真理にたどり着く方法

“エホバの証人がいとも簡単に人生の真理にたどり着く方法” の続きを読む