エホバの証人2世の悪夢

エホバの証人2世の願い

私は生まれながらのエホバの証人2世だった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。もう集会に行かないと告げた14歳の夜以来、異常に熱心なエホバの証人だった両親と心を割って話したことはない。そしてこの日から既に23年という月日が経過した。それにも関わらず未だにものみの塔協会に関わる悪夢で目覚めることがある。

今朝もそうだった。設定は毎回微妙に違うのだがだいたいは私がエホバの証人をやめると両親に告げるまさにその瞬間である。エホバの証人をやめたいとは小学校の高学年の頃から考え始めていた。それをやっと実行できたのが中学2年生の秋だった。エホバの証人をやめる、集会にも伝道活動にも二度と行かないと決めてからなかなかそれを両親に言い出せなかった。この頃は本当に辛かった。

嫌々ながら伝道活動で見知らぬ家の呼び鈴を鳴らし、仕方なく王国会館に通い続けた。最悪な日には王国会館で壇上に立って”割り当て”られた朗読と講演の真似事をしなければならなかった。無為に若い限りある時間を浪費しているという実感があった。

しかも私はハルマゲドンが近いうちに必ず勃発するというマインドコントロール化にあったので時間に関しては異常にシビアな感覚を持っていた。私に残された時間は尋常でなく少ないと思っていた。ハルマゲドンが勃発し”この世の事物の体制”と私自身が葬り去られるまでに何とかエホバの証人をやめ、今この瞬間を自分の願いそのままに生きたいと思っていた。自分の願い通りに生きたことなど生まれながらのエホバの証人2世だった私には無かったからである。

“エホバの証人2世の悪夢” の続きを読む


エホバの証人2世のできなかったこと

エホバの証人2世の幼なじみ

私はほとんど生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。幼稚園や保育園といった幼児教育は一切受けず幼い頃から母親によってものみの塔協会の勧誘活動に連れ回される日々だった。幼なじみと言えば同じ境遇のエホバの証人2世だけである。その中でも一番仲の良かったのはジュン君というエホバの証人2世の子供だった。

私は小学校4年生のときに田舎に引っ越しているのでエホバの証人2世の幼なじみもいなくなってしまった。しかし引っ越した後でも同じエホバの証人組織に属していたのでジュン君を始めとする以前のエホバの証人の会衆の近況は何となく伝わってきていた。そして時が経過し私は14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。ジュン君も同じような時期にエホバの証人をやめたようである。

ジュン君と私の2人で協力してエホバの証人組織を抜ける相談をして手はずを整えるという選択肢もあった。しかしそのタッグを組むには我々は物理的に距離が離れ過ぎていた。私の家庭は両親がともにものみの塔協会に献身していて父親は会衆内でも長老という重要なポジションに着いていた。母親も熱心な正規開拓奉仕者だった。対してジュン君の家は父親がエホバの証人に対しては協力的ではあるもののバプテスマまでは受けていないという状態で家庭環境も異なっていた。

“エホバの証人2世のできなかったこと” の続きを読む


エホバの証人の父親の暴力

エホバの証人の父親の暴力

私はほとんど生まれながらにしてエホバの証人2世だった。両親ともに熱心なエホバの証人で子供の頃から厳格なものみの塔協会の教義を押し付けられて成長した。父親はエホバの証人の会衆の長老だったが私は何度か物を投げつけられたことがあった。小学生の高学年から中学生2年生で私がエホバの証人をやめるまでの頃の話である。

まさか本当にぶつけようとして投げつけてきた訳ではないのだろうが私の顔のすぐ真横をかすめていった固い物体が部屋の壁に大きな穴を開けたことがあった。私が避けずにいれば怪我は免れなかった。原因は私が父親の言うことに反抗したからである。

まずエホバの証人とは関係ないところで行われる行事に参加したいと私が言い出す。学校の行事以外で地区の子供会などで行われるキャンプや日帰り旅行などである。それを父親はダメだと言う。

私もまさか地元の祭りに参加したいなどとは言い出さない。他宗教の行事であるため祭礼への参加や神社への参拝などはエホバの証人にとっては禁止事項であるからだ。私が小学校に入る前のことである。同じアパートに住んでいた同じ年頃のトシ君が青い祭りのハッピを着て私をお祭りの屋台に誘いに来る。私が家を出ようとすると祭りの屋台に行くと知った母親が「絶対にダメ」だと言い出す。泣く泣くトシくんに行けないと告げ自宅でしょぼんとしていたものである。

“エホバの証人の父親の暴力” の続きを読む


エホバの証人とドラッグ

エホバの証人の話のすり替え

私が子供の頃に好きだったプロ野球選手が清原和博だった。これは1980年代のことである。ちなみに中学生の頃はチャゲ&飛鳥が好きだった。これが1990年代になる。初めて買ったCDは槇原敬之の『冬が始まるよ』だった。このシングルCDをヘビーローテーションで聴いていた結果、エホバの証人の長老だった父親にCDケースごとへし折られてしまった。

エホバの証人にとって”ふさわしくない”音源を繰り返し何度も聴くことは許さないということだ。父親にしてみればエホバの証人の活動をおろそかにする原因となるものを取り除いたつもりだったのだろう。不条理極まりない出来事だった。おこずかいをきっちり貯めて始めて購入したCDがたった数日で割られ捨てられたのである。

怒りに任せて子供が現状では一番大切にしているものを力任せにへし折ってゴミ箱に捨てる、これがクリスチャンの長老の行いと言えるだろうか。こう言うとエホバの証人はキリストも神殿で商いをしていた者に対して激昂したことがあったという話を持ち出す。

自分の子供に対する接し方についての話なのに、神を敬う行為のためならば怒りを前面に出すことも問題ないという話にすり替えられてしまうのである。これはエホバの証人特有の論理である。何でも自分たちに都合の良いように話を解釈するのだ。ものみの塔協会のトップである統治体は話のすり替えや意図的な局部的引用を繰り返し行う欺瞞的体質を持っている。この確信犯の悪癖がエホバの証人の末端信者にまで影響している。

“エホバの証人とドラッグ” の続きを読む


ハルマゲドン延長します

結局は自分で選択できないエホバの証人2

エホバの証人の親は2世信者の子供が自ら選んだ選択肢について無条件で同意することは絶対にない。子供の意思よりもまずはエホバの目からみてかなっているか、正しくはものみの塔協会の教義に沿っているかということを第一優先にする。

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられたため、幼児期から少年期の私の希望が叶うことはほとんどなかった。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめた私にその反動が来る。私はあらゆるものに興味を示し試していくことになる。

主にものみの塔協会の教義で禁止されているようなことである。自分のやりたいことややるべきことを取捨選択することがエホバの証人をやめたばかりの私には出来なかった。今まで何も得られなかった分、全てが必要なことだと思えた。

しかしものみの塔協会の洗脳が解けた訳ではなかったのでハルマゲドンはいつか勃発すると信じ込まされていた。その終わりの日に滅ぼされるので私は寿命を全うすることが出来ない。限られた生の中で全てのことをやってみる必要があった。

酒、タバコ、ギャンブル、セックス、車、あらゆる快楽に手を出した。そういう日常の快楽に忙しくしているために未だエホバの証人組織と微妙な関係を保っていた両親のことを顧みる余裕が私にはなかった。本当に自分の望むことをおろそかにしていたのが私の10代後半から20代の前半のことである。これではエホバの証人2世としてものみの塔協会の支配下にあった幼少期と同じである。

“ハルマゲドン延長します” の続きを読む


エホバの証人2世の晴れやかな夜

集会に行かないと告げた夜

私はほぼ生まれたときからエホバの証人2世として育てられた。14歳で自分の意志でエホバの証人をやめた。エホバの証人をやめるという決意は出来ていたのだがなかなか両親には言い出せなかった。

父親は会衆の長老で母親は正規開拓者で両親ともに熱心なエホバの証人だった。私はエホバの証人をやめるということは両親の愛情を裏切ることであるような気がしてならなかったのである。長い間、悶々としてようやく両親に切り出すことが出来た。

夜の集会に行く時間になり両親から集会に行くよと言われたときに

「集会にはもう行かない」と告げたのである。エホバの証人をやめるとははっきりと言えなかった。集会に行かないと言った時も自分の部屋から出ずにベッドに寝て顔を伏せたままというレベルである。この行為は両親に対しての酷い裏切りであるという意識がこの頃の私にとって強かった。

しかしこの晩の両親が集会に行っている間の気分のなんと晴れやかだったことか。これからは自分の時間を自分の思うように使うことが出来る。禁止されている学校の行事に参加出来ず恥ずかしい思いや嫌な思いをすることもない。女の子と付き合ったり友達の家のクリスマスパーティーに参加したりすることも出来る。

やっと両親にエホバの証人をやめるという話を切り出すことが出来た。これを言い出せずに長い間悩んでいたのでほっとした思いもあった。この後は頑としてエホバの証人としての活動を拒むだけである。

“エホバの証人2世の晴れやかな夜” の続きを読む


エホバの証人2世が繋ぎ止める家族の絆

簡単には解けないものみの塔協会の洗脳

私は物心ついた頃からエホバの証人2世として育てられた。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。そして20歳で就職し家を出て独立した。この頃の私は自分の我が世の春を謳歌するのに必死だった。幼い頃からものみの塔協会の堅苦しい教義によって多くのことを禁止され自由を制限されてきたことへ反動である。

いかにエホバらしくないか、いかに反ものみの塔的であるか、そういう生き方、行動、選択をしなければならないという強迫観念に縛られていた。それでもこの時期の私は来たるハルマゲドンに怯えていた。急場には思わずエホバに祈ってしまうという洗脳状態にあった。交通事故で死にかけたときなど命の危険が迫ると思わず心中でエホバに祈ってしまうのである。

それでも絶対に私はエホバの証人組織に戻るつもりは無かった。実際あの組織はダサいし関わっても今この瞬間に良いことは1つもない。これが理由だった。地味で真面目なだけが取り柄のエホバの証人だらけの楽園で永遠に生きるなど拷問のようにも思えた。

それでもいずれ訪れる終末の日に対する恐怖は拭い切れなかった。天から降る裁きの火で不条理にこの身を焼き尽くされる夢を何度もみた。雷で撃たれて死ぬという恐怖のイメージもあった。近いうちに私は神により滅ぼされるのだ。ならばハルマゲドンまでの残りわずかな人生を好き放題に生きるしかないと思っていた。

“エホバの証人2世が繋ぎ止める家族の絆” の続きを読む


エホバの証人2世が親を許すということ

エホバの証人親子の関係修復のチャンス

私は生まれて以来ずっとエホバの証人2世として育てられた。両親ともに熱心なエホバの証人という神権家族で14歳までを過ごす。14歳になる年に私は自分の意志でエホバの証人をやめた。その後20歳で就職して独立して家を出る。この頃になっても両親は未だにエホバの証人だった。

一人暮らしをしていた時にちょっとした用事があって私は実家へ帰った。私が20代前半の頃である。実家では驚くことに父親がタバコを吸い始めていた。父親はエホバの証人の会衆の長老だったはずなのに!エホバの証人にとって喫煙は厳禁である。組織から追い出される排斥事案なのだ。

どうやら私の父親はものみの塔協会の洗脳が解けたのかエホバの証人をやめたのか、はたまたその両方であるのか、いずれかは確実だった。父子関係を修復するまたとない機会だったのだがタバコを吸っている父親に対し私は歩み寄ることが出来なかった。

後で分かったことだが私の父親はこの頃には既にエホバの証人組織を離れていた。しかし母親はまだ組織に留まっている状態で家庭内別居の状態にあったという。この夫婦の間を取り持つのが一人息子である私の役目だった。

“エホバの証人2世が親を許すということ” の続きを読む


エホバの証人である親との関係

ものみの塔協会から解放されたことによる興奮状態

私はほぼ生まれながらにエホバの証人2世として育てられた。14歳になる年に自分の意志でエホバの証人をやめる。両親は熱心なエホバの証人だったので私が王国会館に行かないと言い出したことに相当に動揺していた。

その後の両親はいつか私がエホバの証人組織に戻って来ると信じることで何とか正常な精神状態を保っていた。相当の覚悟でエホバの証人をやめると決心したので戻るなんてことは私にとって有り得えないことだった。しかし両親はものみの塔協会が真理を語る組織であると信じ切っている深いマインドコントロール状態にあった。真理に気づいた私がいつかエホバの証人組織に戻って来るという発想になるのである。

私はエホバの証人をやめた後は一種の興奮状態になった。あんなにも堅苦しく縛られていたもの一切から自由になったのだ。集会にも伝道には行かなくていい。家で家庭聖書研究や集会の予習をしなくていい。時間が有り余っているように感じられた。禁止されていたテレビ番組好きなだけ見ることが出来る。学校の行事にも何でも参加できるので不要なストレスを学校生活で感じることもない。異性と交際することも出来る。

“エホバの証人である親との関係” の続きを読む


父親に褒められたいというエホバの証人2世の叶わない願い

人生の意味とは

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。幼稚園や保育園で幼少教育を受けることなく母親にものみの塔協会の伝道活動に連れ回される日々を過ごした。小さな頃に体を動かしたり歌ったりという機会が少なかったために私は運動が全く出来ず音楽的な才能も皆無だった。

音痴でスポーツが全く出来ないということが私は嫌で仕方がなかった。思春期になればなおさらである。自分がエホバの証人2世であるということと同じくらい体育や音楽が出来ないこと、絵が尋常でなく下手なことが嫌だった

しかし熱心なエホバの証人だった両親はそんな私の悩みなど気にも留めなかった。スポーツがダメでリズム感が皆無でも良い、ものみの塔協会の活動さえしっかり行っていればハルマゲドンを通過し楽園で永遠の命を得ることが出来ると信じていたのである。心の底からただの一つも疑うことなくである。これが危険なカルト教団による洗脳の結果である。

この世の終末が近いのなら成さねばならないことはものみの塔協会の活動などではない。自分の心に沿って本当にやりたいことを行わなければならない。それが限りある命に意味を持たせる方法である。エホバの証人だらけの世界でだらだらと生き続けることに価値など全くないのである。私は14歳のときにこの考えに至りエホバの証人をやめた。

“父親に褒められたいというエホバの証人2世の叶わない願い” の続きを読む