エホバの証人2世のマスターベーション

エホバの証人2世にとって高い両親の壁

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。両親は異常に熱心なエホバの証人だった。私が大人になったらものみの塔協会に献身するのは当然、開拓奉仕をするのも当然ぐらいに両親は考えていた。あわよくばベテルに入って奉仕するというエホバの証人的なエリートコースを歩ませたいと考えていた。

そんなものはエリートコースでも何でもなく廃人となって野垂れ死にする墓場までの片道切符のようなものである。ただ両親が強くそう願っていたので私もそうしても良いかもという気にはなりつつあった。小学校高学年の男の子にとってどうしても両親という壁は高い。両親の言いなりになるというよりも両親に愛されたいという思いで両親の願い通りの自分になろうとしてしまうのである。

しかし私の”模範的”なエホバの証人になろうとする努力は長くもたなかった。やはりどうしてもエホバの証人には参加を許されない世俗の行事や立ち入ることが許されない場所に関心があった。クリスマスパーティーに参加してみたかったしゲームセンターにも入ってみたかった。それ以上に何よりも性の問題を解決しなければ私は真のエホバの証人にはなれなかった。それは私にとって無理な話だった。

“エホバの証人2世のマスターベーション” の続きを読む


エホバの証人2世の性欲

エホバの証人一家の根底にある嘘

「僕は大人になったらベテルで奉仕したいです」

子供の頃の私は両親の顔色を伺って両親が望むことを言い続けていた。ベテルに入って奉仕すれば両親は喜ぶし両親の愛を得られるのである。そのうちに実際に本当にそうしても言いのかなと思った時期が何度かあった。人生のトータルで1ヶ月から2ヶ月間ほどの日々である。

この期間は本当に真面目に集会で公開講演のノートをとりものみの塔協会の伝道活動に勤しんでいた。こうして真面目にやっていれば親子3人でハルマゲドンを通過し楽園に入ることが出来ると心の底から思っていた。これもマインドコントロールの成果である。

ものみの塔協会の活動に全身全霊を費やすことに本人たちは喜びを感じている。家族揃っての丸々の洗脳状態は彼らにとって幸福な状態なのだから周囲は放って置けばいいという意見もある。本人たちの自由だという意見だ。しかしこれは誤っている。

何故ならエホバの証人一家の根底にあるものが虚構だからである。ハルマゲドンを通過し楽園で永遠の命というストーリーが完全なる嘘だからだ。結局エホバの証人一家の未来に幸福が待つことはない。それに周囲の無垢の人々を勧誘しさらなる犠牲者を増殖させることは本人たちの自由という言葉で許されることではない

“エホバの証人2世の性欲” の続きを読む


エホバの証人ロボットのセックス問題

エホバの証人2世ロボットの裏表

私はほぼ生まれながらにしてエホバの証人2世として育てられた。私が子供の頃に家族ぐるみで付き合っていた阿部家という家があった。阿部家は両親揃ってエホバの証人という親権家族だった。阿部家も我が家と同じ家族構成で一人息子の阿部君は私と同じくらいの年齢だった。

阿部君は完璧なエホバの証人2世だった。騙されやすく染まりやすい、そして周囲に好かれるためにはどうすれば良いのか、それだけを考えている子供である。完全にものみの塔協会の洗脳下にあった。しかしエホバの証人2世には必ず裏表の顔がある。両親の前と学校での顔、会衆での年上の信者の前での顔と同年代のエホバの証人2世の間での顔、そういった裏表の顔を上手く使い分けているのである。 

私がエホバの証人をやめたいと考え始めていた小学校高学年の頃には阿部君はものみの塔協会に献身してバプテスマを受けたという風の噂を聞いた。阿部君は小さな頃からエホバの証人の会衆内でも”模範的”な2世信者だった。若くして”兄弟”と呼ばれることになった生粋のエホバの証人2世である。

そんな完全なるマインドコントロール状態にあるエホバの証人2世にも裏表があるのだろうか。阿部君に限ってはもしかすると聖者のように純粋にものみの塔協会の道を追い求める求道者だったのかも知れない。そう思えるほど阿部君はロボットのようなエホバの証人2世だった。

“エホバの証人ロボットのセックス問題” の続きを読む


エホバの証人の性欲

ものみの塔協会の古臭い性に関する教義

ものみの塔協会は結婚していない異性との接触を不道徳と呼び禁止している。例えば未婚の男女の交際については手を握るくらいまでしか許されていない。その際も完全に結婚を前提としているという前置きが必要である。2人きりで会うにしてもいきなりというのは許されていない。”適切”な回数のグループ交際を経てということになる。

ちょっとしたキスをするなどという行為も未婚の男女である場合はとんでもない不貞とされている。2人きりでラブホテルから出てきたりするのを目撃されればエホバの証人としての未来は真っ暗である。会衆内にふしだらであるという噂が流され、下手をすると組織から追い出され村八分となる排斥処分になる。エホバの証人をやめるにはまたとない機会なのだが、エホバの証人一家の場合は家族から下半身のだらしない奴だとレッテルを貼られ本人は傷つくことになる。この状態から一般人として明るい未来を構築するのはなかなかハードルが高い。

未婚の女性が男性の車に乗るにしても助手席に乗ったりせず、わざわざ後部座席に乗るのである。当然、エホバの証人には不倫などは許されていない。エホバの証人の夫婦にとって離婚が許される唯一の要件が配偶者の不貞だったはずである。

“エホバの証人の性欲” の続きを読む


エホバの証人の露骨な性教育とマスターベーションという罪

エホバの証人の夫婦間での性行為

ものみの塔協会の特殊な教義は夫婦関係にも大きな影響を及ぼす。エホバの証人は過度の欲望を追い求めることを禁止されている。性欲についても当然である。夫婦間で行って良いセックスの種別について規定されているくらいである。

ものみの塔協会の教義では性行為に口や肛門を使うのは不自然で性欲に溺れている異常状態なのでNGということになっていた。これは例え夫婦間の合意があっても許されないのである。これは私がエホバの証人2世だった20年も前の話なので、今では口を使うくらいは解禁されているのかも知れない。ものみの塔協会の教義の細則は結構変わるのである。

ものみの塔協会の出版物はニューヨークのブルックリンで原本が製作され、それが各国で翻訳されて出版される。この頃の日本語訳の出版物ではアナルセックスのことを”肛門セックス”と訳されていた。こんな言葉を物心つくかつかない頃から聞かされ、文章が読めるようになれば声を出して朗読させられるのである。たまったもんじゃない。

王国会館の集会では多くの信者たちの前でその”肛門セックス”というワードが声に出して朗読されたり、手を挙げて”注解”として発言されたりする。中にはうら若い女性の信者も混じっており、どんな表情をしていたのか、今となっては思い出すこともできない。完全に狂気の世界、常軌を逸している。これがマインドコントロールの恐ろしさなのだ。

聖書に肛門や口をセックスに使ってはいけないと書いてある訳ではない。ものみの塔協会の出版物の執筆を担当している欲求不満の信者が、変態的に下層の信者へ強制しているだけなのである。夫婦の寝室にまで入り込み使用して良い性技の種類を限定するというデリカシーの無さには呆れるばかりだ。

夫婦双方がエホバの証人信者であった場合、夫婦間での性行為に関する前提は欲望に溺れないということになる。片方が物足りなさを感じることも当然ある。片方が信者でない場合はもっと問題である。相手のエホバの証人的には過度と思える要求に応じることは出来ない。さらには禁止されている行為に関しては拒否するしかない。これは離婚の決定的な理由になることもある。

特別に強いエホバの証人2世の性欲とマスターベーションという罪

“エホバの証人の露骨な性教育とマスターベーションという罪” の続きを読む


罪深さとの背中合わせの快感に溺れていくエホバの証人2世の子供たち

ものみの塔協会のもたらす有害な情報

中途半端な情報だけを与えた挙句に何もかもを禁止するゆえに、刺激を求める若年層の信者は余計に多くのものを求めてしまうという弊害がものみの塔協会の戒律にはある。これは性の問題に限った話ではない。日本国内ではドラッグやエイズなど問題にもなっていない頃から、ものみの塔協会の出版物では大々的に扱われていた。

私が現役のエホバの証人2世だった1980年代から90年代のことだが、エホバの証人の本部がニューヨークにあるので情報が誰よりも早いのだと信者たちは誇らしげに語っていたものである。しかし、この世の悪い情報を誰よりも早く知って何を得するというのか。町民全員が顔見知りのような一昔前の片田舎に麻薬やエイズだとか若年層のセックスによる弊害だとか、そんな有害な情報をエホバの証人は撒き散らしていたのである。

エイズ患者やドラッグなどに触れようもない田舎町で、エホバの証人2世はその存在と恐ろしさだけを認識しているのである。私が小学生だった1980年代から90年代にかけてクラスの中で薬物中毒の危険性やエイズの原因が無差別なセックスにもあると知っていたのは私だけではないだろうか。そして頭の中ではセックスに関する妄想が無限に膨らみ始めていたのである。

“罪深さとの背中合わせの快感に溺れていくエホバの証人2世の子供たち” の続きを読む


エホバの証人2世の異常な性欲

禁止されているエホバの証人2世の子供の恋愛

小学校6年生の頃に私には好きな女の子がいた。周りの噂ではあっちもまんざらでもないということだった。しかしエホバの証人2世として育てられていた私には、異性との交際が許されるはずもなく手の施しようがなかった。相手をエホバの証人の信者に引きずり込み、お互いに献身してから清い交際関係を経て結婚、それからやっとことに至ることが出来るのである。小学生の私にはあまりにも果てしなく長い道のりだった。

そもそも好きな女の子をエホバの証人の世界に引きずり込むなんていうことが出来るはずがない。私はエホバの証人2世として悲惨な少年期を過ごしていた。好きな女の子を同じ目にあわせる訳にはいかないのである。

エホバの証人にとっては希薄な目の前の現実

早く大人になり親元を離れてエホバの証人をやめたいという気持ちが、既にこの頃から私にはあった。何とかエホバの証人をやめれば好きなだけ女の子と遊べる、私にはそんな望みしかなかった。今の目の前の現実がエホバの証人であるという枷があるゆえに薄いのである。何処にいてもエホバの証人である限り、そこはいつか離れて行く場所だと思えるのである。そして結局は何もかもがハルマゲドンで滅亡する。おそらく私自身も含めてである。

 

“エホバの証人2世の異常な性欲” の続きを読む


エホバの証人2世のセックス願望

真似事の聖書研究

私が小学校6年生の時の話である。エホバの証人の言うところの”聖書研究”のために、私は父親に同行して隣町の家庭へ毎週通っていた。その家庭は両親ともにまだエホバの証人ではなく、父親の方の聖書研究を私の父親が行っていた。その家には私と似た年頃の子供がいたのである。父親たちと同じタイミングで、私がその1つ年下の男の子の聖書研究の真似事を担当していたのだ。

真似事というのは、私はまだ伝道者にもなっていなかったからである。この頃の私の父親は既に会衆内の長老という立場だった。エホバの証人はこういった順位をつけたりはしないのだが、会衆内でのナンバー2というところである。エホバの証人組織内での私の”進歩”はいささか遅かったようである。それを長老だった父親と正規開拓者だった母親は心配し何とかしたいと思っていたはずである。

“エホバの証人2世のセックス願望” の続きを読む


エホバの証人のセックスとマスターベーションの罪と罰

エホバの証人2世のセックスに対する執着

エホバの証人2世の性に対する執着は尋常でなく強い。子供の頃から過剰な性教育を受けているからである。これはものみの塔協会の方針である。正式な交際中なら手をつなぐのはOKだが、キスはNG、例え結婚していても肛門でのセックスはNGと露骨な性描写がものみの塔協会の出版物には記載されているのだ。こういった性に関する露骨な教義を、物心つくかつかないかの小さな子供たちにエホバの証人の親たちは臆することなくたちは教え込んでいるのである。

思春期になるとこのエホバの証人の性教育は逆効果となる。エホバの証人2世だった私は教団の出版物にある性描写に異常な興味、関心を覚えた。ベッドに横たわる悩まし気な写真が若い人向けのエホバの証人の出版物に載っている。ものみの塔協会の出版物には露骨な表現で性行為の禁止を歌う文章がそこら中にでてくる。これが思春期の男の子の性欲をたぎらせるのだ。

ただそれはすぐに叶えられる欲望ではない。自分自身がものみの塔協会に献身し、その後で既に献身している異性の信者を見つけ、適切な期間の純潔な交際状態を保ち、ようやく結婚、その後でやっとセックスに至るのである。気の遠くなる遠大な道のりである。

過剰な性に関する情報を供給され、それを発散することは永遠とも思える先まで禁止されているのである。これでは余計にセックスに対して興味が高まっていくだけである。はちきれそうな性欲を誰もが抱える思春期を迎えるとエホバの証人2世はもはやそれを抑えることが出来ないのだ。

“エホバの証人のセックスとマスターベーションの罪と罰” の続きを読む